ゴルフ初心者のためのラウンドデビュー前日の持ち物準備はこれで完ペキ!

初心者ラウンド持ち物

ラウンドデビューに備えて充分に練習した後は、気の合う仲間や上級者と一緒にゴルフコースをプレーして、自分の今の実力を知り、ゴルフの楽しさを存分に味わってみましょう!

練習をしっかりとしていれば、デビュー戦でも100を切ることは充分できます。でも、ほとんどの人は150くらい叩いてしまうのが現実です。でも大叩きしたって全然大丈夫ですから、楽しく気軽にプレーしましょう!細かいことはラウンド中に先輩や仲間にドンドン教えてもらえばいいのですから。

しかし、いざ、どんな準備・何を用意したらいいのかわからない・・・

そんな人のために、ラウンド前に必要な持ち物をここでご紹介します。デビューの準備はこれで万全です!

スポンサードリンク

ラウンドに必要なもの(必要度:最大)

ゴルフウェア

初心者ラウンド持ち物ウェアどんな服装が良いかは、こちらの服装マナーのページを確認してください。朝、慌ただしくしたくない人はゴルフプレーをできる服を着て、そのままゴルフコースへ行ったほうがいいかもしれませんね。その際には、上着をちょっと羽織るといいです。

また、夏はたくさん汗をかくのでハーフプレーが終わった後の食事の際に、ロッカーで着替えられるように予備のゴルフウェアを持っていく人も多いですね。

ゴルフクラブ&キャディバッグ

11-2これがなければ、ゴルフはできません!
最大で14本までラウンド持ち運ぶことができます。もちろん、初心者なのでハーフセットしかない!という場合でも14本未満ならば大丈夫です。
前日には必ず、キャディバッグの中にゴルフクラブを忘れずに入れておきましょう!

 

ゴルフバッグ(ボストンバッグ)

初心者ラウンド持ち物ボストンバッグゴルフクラブとは別に、行き帰りに必要な着替えや小物を入れられる大きめのバッグです。家からゴルフコースの自分のロッカーまで荷物を運ぶのに使います。

 

 

 

ゴルフシューズ & シューズケース

初心者ラウンド持ち物シューズゴルフコースでも購入できるし、借りられますがやはり自前の物のほうが安心してプレーできます。
ボストンバックにシューズが入れられるモノもありますが、入れられなければ別にシューズケースを購入して、その中にシューズを入れて持ち運びましょう。

 

 

帽子 or サンバイザー

初心者ラウンド持ち物帽子サンバイザー帽子もかぶるのがエチケットとなっています。ゴルフコースでも売っているので最悪忘れても大丈夫ですが、無駄な出費をしないためにも、ゴルフバッグに忘れずに入れておきましょう。
日射病の予防のためにもちゃんとかぶったほうがいいでしょう。

 

ゴルフグローブ

初心者ラウンド持ち物グローブグローブがないと手にマメができたり、汗ですべってクラブを飛ばしてしまうこともあるので、必ず持って行きましょう。
忘れてもゴルフコースで売っていますが、無駄な出費をしないためにも、キャディバッグに事前に入れておきましょう。
予備で2〜3枚キャディバッグのポケットに入れておくといいです。

ゴルフボール

初心者ラウンド持ち物ボール初心者はとにかく初ラウンドではボールを失くすので、安いボールをたくさん(10〜20個)持って行きましょう。
そしてすぐに取り出せるようにキャディバッグの前面ポケットに入れておきましょう。
最悪、ゴルフコースでも購入できますが、無駄な出費をしないためにも、必ず入れておきましょう。

 

ボールケース

初心者ラウンド持ち物ボールケース初心者はとにかくボールを失くすので、ポケットに2,3個ボールを入れておきましょう。
女性の場合は、ポケットの中にあまり物が入らない場合もあるので、ボールケースを用意していつでも取り出せるようにしておきましょう。

 

 

ティー

初心者ラウンド持ち物ティーこれがないとドライバーでボールを打てないので、キチンと用意しておきましょう。
ドライバー用とあとはショートホールで使うアイアン用の2種類が必要になります。
ティーはゴルフコースでも購入できますし、最悪、同伴者からもらえたり、拾うこともできますよ(笑)

スポンサードリンク

 

スポーツドリンク

初心者ラウンド持ち物スポーツドリンクゴルフは運動ですので、汗もかくし、ノドも乾きます。
ゴルフコースの売店でも売っていますが、高いのでコースに着く直前にでもコンビニや自動販売機で午前と午後ようにペットボトルを買っておくとよいでしょう。

 

タオル

初心者ラウンド持ち物タオルスポーツタオルを用意しておくと便利です。汗をかいたままだと、気持ち悪いし楽しくなくなりますし、ドリンクをこぼしてもすぐに拭けるのでちゃんと持参しましょう。

 

 

ラウンドバッグ

初心者ラウンド持ち物ラウンドバッグラウンド中にカートに置いておける小さなバッグです。
この中にドリンクやタオルなどを入れて持ち物を管理しておくと便利です。

 

 

レインウェア

初心者ラウンド持ち物レインウェアゴルフはいつ雨が降るかわかりません。ちょっとした小雨ならば問題ないのですが、降りが激しくなってもいいようにレインウェアを用意しておきたいです。
頻繁に使うものでもないので、キャディバッグの中に静かにしまっておきましょう。

 

 

ラウンドにあると便利なもの(必要度:中)

サングラス

初心者ラウンド持ち物サングラス1日中、紫外線を浴びることになるので目を守るためにもサングラスはしたほうがいいと思います。プロでもサングラスをしている人、していない人いますので好みの問題なのですが、目の健康を守るためにもしっかりとかけた方がオススメです。
デザインもイロイロあるのでファッションとしても楽しめます。

 

スコアカウンター

初心者ラウンド持ち物スコアカウンター初心者はとかく、たくさん打つし、ラウンド中はテンパッてしまうことも多いく、自分が何打打ったのかわからなくなるものなのでスコアカウンターがあるととても便利です。
1回打ったら、カチッとボタンを押してカウントできます。
初心者の場合は、最初は打数をあまり気にしないでもいいんですが、最初からスコアをキチンとつけたい真面目な方にはオススメです。
グローブに付けるタイプがカウントを忘れにくく便利です。

夏:日焼け止めクリーム、UVカットの傘、虫除けスプレー

冬:ホカロン、耳あて、両手用手袋、ハンドクリーム

 

ラウンドに慣れたら持っていてもいいもの(必要度:小)

  • スコア管理用アプリ・・・スマホのアプリがありますので、それでスコア管理するとかなりラクです。記録としてずっと残りますので後々、成長をしみじみと感じることができるし、自分のデータも取れてパーオン率やOB数なども計算できます。
  • GPSナビ・・・初心者には正直必要ありません。値段も高いのでその分練習代に使いましょう。
  • グリーンフォーク・・・ゴルフコースで無料でもらえますが、慣れてきたら自分用が欲しくなるかも。
  • マーカー・・・ゴルフコースで無料でもらえますが、慣れてきたら自分用が欲しくなるかも。ファッション性もあり、デザインが凝っているものもたくさんあるのでコレクションしている人も多いです。
  • UV日傘・・・ゴルフコースのカートに常備してあるが、慣れてきたら自分専用に欲しくなる人もいる(特に女性)

 

特に男性は、汗をたくさんかくし、ノドが乾くので着替えやタオル、ドリンクは多めの方がいいかもしれません。
一方、女性は1日中外を歩くことになるのでUVケアクリームなど携帯用化粧品が必要かもしれません。

帰りは忘れ物をしないように、しっかりとチェックしましょう。

まとめ

ラウンド当日では、早めにコースに到着できるように準備は前日にしっかりとやっておきましょう。

ラウンドに必要なもの(必要度:最大)

  • ゴルフクラブ&キャディバッグ
  • ゴルフバッグ(ボストンバッグ)
  • ゴルフシューズ&シューズケース
  • 帽子orサンバイザー
  • ゴルフグローブ
  • ゴルフボール
  • ボールケース
  • ティー
  • スポーツドリンク
  • タオル
  • ラウンドバッグ
  • レインウェア

ラウンドにあると便利なもの(必要度:中)

  • サングラス
  • スコアカウンター
  • 夏:日焼け止めクリーム、UVカットの傘、虫除けスプレー
  • 冬:ホカロン、耳あて、両手用手袋

ラウンドに慣れたら持っていてもいいもの(必要度:小)

  • スコア管理用アプリ
  • GPSナビ
  • グリーンフォーク
  • マーカー
  • UV日傘

ラウンドが終わったら、忘れ物がないかを確認しましょう。

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事