夏ゴルフの日焼け・熱中症・暑さ対策に万全の服装・グッズはコレ!快適にプレーする方法

夏 ゴルフ 日焼け対策

ゴルフ好きはどんなに暑かろうが寒かろうが、ラウンドする前日から楽しみでウキウキが止まらないものですよね。でも楽しみだからといって浮かれてはいけません!特に夏は万全の準備をする必要があります。紫外線を多く浴びると皮膚がん白内障などの発症率が高まるといわれており、ラウンド中、紫外線にさらされるゴルファーは特に注意が必要です。

ここでは夏のゴルフを快適にできるように暑さ・日焼け対策や工夫などを紹介していきます。

スポンサードリンク

夏のゴルフを乗り切る服装はコレだ!熱中症・紫外線(UV)対策を万全に!

夏は長袖・ハイネックがベスト!紫外線から肌を守れ

夏は暑いからといって、むやみに薄着をしないようにすることが肝心です。大げさかもしれませんが理想は全身肌を露出させないことですね。

日焼けは想像以上に体力を消耗させ、帰宅後、体に熱が残ってダルくなったりするものです。とかく男性は暑いと半袖1枚とハーフパンツという人が多いのですが、これからはそんな軽装はやめてぜひハイネックで長袖のアンダーウェア(機能下着)を着てプレイすることをオススメします。

夏用の長袖のアンダーウェアはUVカット機能もあり日焼け対策にとても効果的ですし、日焼けによる疲労防止につながります。ハイネックならば胸元と首筋もカバーできますし、吸汗速乾のものならばベストです。この上にポリエステル生地のポロシャツを着ればかなり快適にプレーできます。

夏 ゴルフ 日焼け対策

>>人気の高機能アンダーウェアはコチラを参考に<<

長袖だから暑いと思い嫌がる人も多いのですが、素肌に直にポロシャツを着ると汗でベトついて気持ち悪いし、余計に暑くなるものです。高機能なアンダーウェアは着たときに、ひんやり感もありますし、ずっと着ていれば違和感はすぐになくなります。

何度もいいますが、なるべく肌を直射日光にさらさないほうが、紫外線も防げるし、疲れも予防できます。女性はもちろん、男性もしっかりとアンダーウェアは着ておいたほうが夏のゴルフにはベストなんです。

どうしても長袖アンダーウェアのピチピチ感がイヤだ!というのならば、アームカバーがおすすめです。腕だけですのでアンダーウェアと違って体に風を感じることができます^^なお、動いているとだんだんとズリ落ちてくるので、ずり落ち防止が付いているものがオススメです。

さらにハイネックのアンダーウェアを着ない場合は、ネックカバー(ネッククーラー)を付けると首筋や胸元の日焼け防止になります。女性はぜひ付けることをおすすめします。

夏 ゴルフ 日焼け対策

>>アームカバー[楽天]

>>ネックカバー[楽天]

とにかく、男女関係なく、極力、紫外線を直に肌に浴びないように心掛けた服装をしましょう。シミ・そばかすや皮膚がんになってからでは遅いですからね!

夏の服装は黒がいい?見た目は暑苦しいけどノープロブレム!

夏は多くのゴルファーが涼しそうだからと白っぽい服装をするのですが、実は紫外線の強い夏は黒っぽい服装の方がいいのです。でも黒は見た目にかなり暑苦しく感じますよね。実際、熱や光を吸収しやすい色だと言われています。しかし、黒は紫外線を遮る効果が高い色でもあるのです。つまり濃い色ほど紫外線(UV)カットに優れているのです。

夏になると街なかで日傘を差している人をチラホラとみかけますが、日傘も涼しそうだからといって白を選ぶのではなく、黒を選ぶほうが正解なのです。それを知ってか、日傘の売れ行きも近年では黒の方が伸びているようです。

女子プロでは横峯さくらや大山志保・諸見里しのぶなどが夏でも黒いタイツを履くことが多いです。これも紫外線(UV)対策で、日焼けによる疲れを軽減させるためなんです。

夏 ゴルフ 日焼け対策

画像引用:Par on

>>レディースタイツ[楽天]

見た目に涼しそうな格好は案外、日焼けして紫外線を浴びやすく、その結果疲れやすいものです。他人からは暑苦しく見えるかもしれませんがノープロブレムと割りきって、黒っぽい服装で紫外線対策をしましょう。

帽子は必ずかぶろう!バイザーでは頭は守れない?

夏はとにかく帽子は必ずかぶりましょう。帽子なしで炎天下の中プレーするのは自殺行為といっても過言ではありません。そして、せっかくかぶるのならばサンバイザーよりも頭をすっぽりと守るキャップをかぶってください。また、後頭部や襟足をカバーしてくれる帽子がありますので、それをかぶればさらにベストです!

夏 ゴルフ 服装 帽子

>>ゴルフキャップ[楽天]

最近では、水に濡らして使用するキャップも増えてきました。これなら気化熱で頭が少しひんやりとするので気持ちがいいです。後半のハーフに出発する前や、ホール途中の休憩所についたときに、帽子を水に濡らしておくとかなり快適にその後のラウンドが続けられます。

または、麦わら帽子もいいですね。風通しもいいし、後頭部や襟足までを日差しから防いでくれますから。

とにかく、夏は必ず頭を守るために帽子をかぶること。その際は、後頭部・襟足もカバーできればカンペキです!

スポンサードリンク

夏ゴルフ対策グッズと工夫

持っていると助かるグッズは?

  • サングラス

肌と同じように目も紫外線によって日焼けします。これが悪化すると、白内障角膜炎になってしまう恐れがあります。これを防ぐために紫外線(UV)カットのサングラスをかけて目の保護をするようにしてください。偏光レンズのサングラスならばグリーン上の芝目もキレイに見えるようになるので、パット数も良くなると思います。

>>ゴルフの必需品?!スポーツサングラスの偏光レンズの効果でスコアアップ?

  • 日焼け止めクリーム

炎天下の中でずっと太陽光を浴び続けるゴルフでは、日常生活の数倍もの紫外線を肌に受けることになります。なので日常生活用の日焼け止めクリームではあまり役には立ちません。また、コンビニや薬局で販売されているものは手軽に入手できますが、日焼け止めと表記されているのに実際は日焼けしてしまうという事例がたくさんあります。

紫外線からしっかりと肌を守るには、SPF国内最高基準値「50+」PA国内最高基準値「PA++++」の表記のある日焼け止めを使うようにしましょう。

こちらの記事[ゴルファーに評判のいい日焼け止めクリーム]では、安心して使用されている商品を紹介しています。参考にしてみてください。

  • 飲む日焼け止めサプリメント

    美容先進国である欧米では、有害な紫外線のカットをよりカンペキなものにするために、塗るだけでなく飲む日焼け止めの飲用も常識となっています。

    紫外線はなにも肌からだけ進入するのではなく、目や髪の毛からも体に侵入してきます。飲む日焼け止めのメリットは、普段意識していない目や髪の毛の日焼けも防いでくれることです。

    また肌が弱く、日焼け止めクリームが合わない人でも、飲む日焼け止めならば大丈夫でしょう。商品によっては小学生でも飲用が可能なものもあるくらいです。

    今までは美容皮膚科やクリニックなどで海外製品を取り扱っていましたが、カプセルが大きく飲みづらいという評判でした。しかしやっと日本製のものも開発販売されるようになってきました。自分の知り合いでも日本製の商品を利用している人が増えてきました。

    これからは、内側からも紫外線カットやエイジングケアが日本でも常識になっていくと思います。

    こちらの記事[最近流行りの飲む日焼け止めサプリおすすめ商品]では、安心で人気のある飲む日焼け止めを紹介しています。

  • 塩飴や塩のミニボトル

塩分は汗といっしょに排出されてしまいます。熱中症予防には塩分補給は必須です。なので、塩飴や塩のボトルを持参して小まめに塩分を補給しましょう。

虫が寄ってきてかなりイライラすることがあります。暑さのイライラと合わさるとストレスも相当なものになるので、虫よけスプレーで余計な神経を使うことを避けましょう。

なんといっても首を冷やすことは熱中症対策には大事なことです。カートに載っているときにはこれを首筋に当てて体温を下げておきましょう。気持ちもスカッとしますよ!
同じようなものとして、氷嚢(ひょうのう)エアサロンパススプレーなども効果的です。

カートには晴雨用のカサが付属していますが、これは重いし、紫外線(UV)カット機能は無いに等しい代物(しろもの)です。なので、女性はとくにゴルフ用に日傘を購入することをおススメします。ゴルフ用は大きめに作られていますが軽いし、デザインもいいものがたくさんあります。紫外線対策にはかなり効果的です。日焼けしなければ体力の消耗もなくラクになります。

購入するのならば、黒など色の濃いものがいいでしょう。色は濃いほうが紫外線の吸収を妨げる効果がありますから。見た目が暑苦しく感じるかもしれませんが、ここは機能を優先しましょう。

男性ももちろん持っているといいのですが、どうしてもカサを差すのがイヤならば、なるべく日陰に入るようにしましょう。

これがあれば何かと便利です。中に水筒やペットボトル・氷嚢(ひょうのう)・おしぼりなどを入れておけば、18ホール回っても中身は冷たいままでかなり快適にラウンドができます。水漏れしないシームレス加工のものが人気ですね。あまり大きいサイズだと他の人にも迷惑になるので、500mlのペットボトルが3本入るくらいのサイズが使いやすいと好評です。

夏ゴルフ対策のちょっとした工夫

  • ポロシャツの襟を立てておく

首の後ろを日差しから守れるので熱中症予防になります。決して、みんなカッコつけて立てているわけではないんですよ^^

  • 左手グローブは小まめに外す

夏ゴルフをしていたと一発で分かる目安に左手のグローブ跡があります。日焼けして腕は黒いのに、左手の甲が白いという現象です。こうなるとかなりかっこ悪いので、左手のグローブはマメに外して、腕と同じくらいの露出時間にするといいですよ。

アンダーウェアやアームカバーで腕を露出していないときは逆に、両手にグローブをして右手甲を日焼けさせないという方法もあります。

  • 着替え

吸汗速乾インナーを着ないでポロシャツ1枚でプレーする人は、汗で服がベトベトになって気持ち悪いはずです。また、汗で濡れたままの服装で冷房の効いたクラブハウスに入ると、外と室内の温度差で心臓にかなり負担をかけます。着替えを持参して、お昼休憩時にロッカーで着替えておきましょう。

まとめ

とにかく夏のゴルフはなるべく日焼けをしないように心掛けましょう。日焼けすると疲労もたまるので、ラウンド時も帰宅時もダルい気持ちになってしまいます。最悪、翌日も疲労が残ったままになることも。しっかりと対策して疲れを残さないようにしましょう。

夏のゴルフを乗り切る服装はコレだ!熱中症・紫外線(UV)対策を万全に!
夏は長袖・ハイネックがベスト!紫外線から肌を守れ
ハイネック・長袖のインナーシャツで肌の露出を極力抑えるようにしましょう。

夏の服装は黒がいい?見た目は暑苦しいけどノープロブレム!
涼しい色ほど紫外線を浴びやすいのです。なるべく黒っぽい色の服装をして紫外線の吸収を防ぎましょう。

帽子は必ずかぶろう!バイザーでは頭は守れない?
帽子は頭をすっぽりと隠せるキャップをかぶりましょう。後頭部や襟足をカバーできる帽子もあるのでそれならばカンペキ。麦わら帽子もオススメです。

夏ゴルフ対策グッズと工夫
持っていると助かるグッズは?

  • サングラス
  • 日焼け止めクリーム
  • 飲む日焼け止めサプリメント
  • 塩飴や塩のミニボトル
  • 虫よけスプレー
  • 首用アイスノン
  • 日傘
  • 保冷バッグ

夏ゴルフ対策のちょっとした工夫

  • ポロシャツの襟を立てておく
  • 左手グローブは小まめに外す
  • 着替え
スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事