ゴルフスイングは右手を使わない!添えるだけのスイングの作り方

ゴルフ 右手 使わない

こちらの記事[ゴルフスイングで右手は使う?使わない?右手主導がミスの原因を作る]ではゴルフにとって右手がいかにスイングの邪魔であり、右手を使うことで起こるさまざまなミスを紹介してきました。

それでは、実際にこれらのミスを引き起こす困った右手をどうやって抑えるのか?右手の力を抜く方法をいくつか紹介していきます。

スポンサードリンク

ゴルフスイングを邪魔する右手の力を抜く脱力の方法

  • チーピン
  • フック
  • スライス
  • ダフリ
  • トップ

など、ほとんどのミスの原因が右手の使いすぎによることで起こります。

しかし、右手は意識をしていなくても使ってしまうのが人間の本能というもの。ですからここでは、右手の力を強制的に弱める方法をいくつか紹介していきます。

右手の親指と人差し指を離したグリップで打つ

ゴルフ 右手 使わない

右手が強い人は、右手の人指し指親指でシャフトを掴んでしまい、力が入ってフックにさせてしまう傾向があります。なのでこの2本の指を離してみます。

右手の中指と薬指でグリップをひっかけて、親指と人差し指を離してグリップし、素振りしてみましょう。右手人指し指に力が入らないことで右肩も前にでることがなく、スイングもスムーズになるはずです。

実際にボールを打っても慣れればスムーズに打てるようになり、いかに今までムダに人差し指と親指に力を入れていたのかがわかると思います。

右手のV字を作る

ゴルフ 右手 使わない

右手の親指と人差し指のV字がしっかりくっついていないで、鷲掴みにしていると右手を使いやすいので注意です。この2本の指の間はしっかりとくっつけましょう。

ゴルフ 右手 使わない

くっつけるコツは手を反らすようにしてグリップするとうまく隙間なくくっつくはずです。反らすことによって指への力が入りずらくなります。そして人指し指はトリガーの形にしてグリップを下側から支えるようにしましょう。けっして親指と人指し指の2本でギュッとシャフトを掴まないように。

ダブルオーバーラッピンググリップで握る

普通のオーバーラッピンググリップは右の小指を左手の人差し指の上に乗せましたが、ダブルオーバーラッピンググリップでは右手の薬指を左手の人指し指の上に乗せます

つまり、小指と薬指を左手の指の上に乗せるという形になります。こうなるとほとんど右手に力は入りません。慣れないとトップの位置でぐらつきますが右手の力がかなり封じられるので、練習場だけでなく、コースで試してみても面白いと思います。

右手3本でシャフトをつまむように持つ

これはまるでお箸を持つような感じでシャフトを持つ(握るではない)というイメージです。

右手の親指・人指し指・中指の3本でお箸を使う時のようにシャフトを持ちます。このとき、右手の平は左手と密着するのではなく、空洞ができるようにします。

右手の平に空洞ができることで力が入りづらく、手首を柔軟に動かすことができます。シャフトをつまむという発想はなかったのですが、やってみるとけっこうシックリときますのでぜひ、実験的に試してみてください。

 

上で紹介したこれらの方法で右手の力を弱め右手の頼りなさを実感することで、だんだんと本能が左手を優先的に使うような回路に切り替わっていきます。飛距離や方向性は一時期落ちるかもしれませんが、根気よく体に慣らしていけば飛距離も方向性も次第に元に戻っていきますよ。

全部を試す必要はありませんが、自分がやりやすいやり方で取り組んでみてください。

左手主導のスイングを作り上げる!ミスを減らして80台を目指そう

右手の力を弱めるだけでなく、意識的に左手主導でボールを打ったり、素振りをして左手主導でスイングすることに体を慣らしていきましょう。

スポンサードリンク
ゴルフ 右手 使わない

左手一本素振り or 球打ち

やはり基本は素振り。使用クラブは7〜9番のアイアンが最初はやりやすいです。左のワキを締めてワキで左胸を押すようにテイクバックしていくと上半身が効率よくねじれていきます。背中が目標方向を向くイメージです。

最初はフラフラするでしょうから4−8時のスイングや3−9時のスイングからはじめて、慣れてきたらフルスイングをしてみましょう。4−8時の小さなスイングでも背中が目標方向を向くまでちゃんと体を捻転させましょう。

素振りが慣れたら練習場で実際にボールを打ってみましょう。別に上手く当たらなくてもいいので、しっかりと体を捻転させて左手1本で打ちましょう。

左手9:右手1の極端な力配分で素振り or 球打ち

左手1本で素振りや球打ちができたら、今度は本番のように右手もグリップします。ここで注意ですが、右手は添える程度にします。左手で打つために、右手はただただ、支えるための役割に徹するのです。なので、右手はグリップに触れているぐらいの極端な感じからはじめてみましょう。それでもインパクト時では無意識に右手に力が入ってくるはずです。

今まで右手主導でスイングしていた人は右手でヒョイッとテイクバックするクセがついていて、体を充分にねじるということを忘れています。左手主導ならばイヤでも体をねじらないと手がテイクバックの位置に収まらないので、最初はキツイと感じるかもしれませんがそれが正しい体の使い方なのです。今までがラクなやり方をしていただけなのです。これを期に、しっかりと捻転もするようにしましょう。

しばらく両手で打っていると、自然に右手主導に戻っていませんか?1球1球、魂を込めて左手主導を意識して打ってください。上で記載した右手のグリップも試してくださいね。

左手主導のアームローテーションでのスイングづくりする

こちらの記事[ゴルフスイングの基本は手打ち ビギナーはアームローテーションから始めよう]で紹介しているようにアームローテーションを積極的に使ったスイングを左手主導でやってみましょう。

左手主導のアームローテーションを覚えれば、ダフリ・トップはしなくなりますし、右肩が突っ込むアウトサイド・インの軌道に悩まされることもありません。また、アーリーコックで悩んだりすることも無くなります。

この打ち方なら、右手主導だとシャンクスライスが多くなるので、無意識に左手主導のスイングができるようになるでしょう。

 

復習のために、右手主導のスイングによるゴルフの弊害はこちらの記事[ゴルフスイングで右手は使う?使わない?右手主導がミスの原因を作る]も参考にしてくださいね。

まとめ

右手の使いすぎはゴルフでは致命的なミスを多発させます。積極的に右手でスイング作りを提案しているプロもいますが、自分の経験や所属コースでの上級者の意見、そして初心者の反応などをみても左手主導でのスイングの方がシンプルだし、上達も早いし、ミスが少ないことがわかりました。

また、左手でスイングすることでドライバーもアップしていきます。右手で叩くよりも、左手で振ったほうがスイングアークが大きくなるし方向性も良くなるので一石二鳥です。

フックや、ダフリが最近多いなぁ・・・と感じてきたら、右手で打っていないかを確認して、左手主導のスイングを心がけてみてください。

ゴルフスイングを邪魔する右手の力を抜く脱力の方法
・右手の親指と人差し指を離したグリップで打つ
・右手のV字を作る
・ダブルオーバーラッピンググリップで握る
・右手3本でシャフトをつまむように持つ

左手主導のスイングを作り上げる!ミスを減らしてシングルを目指そう
・左手一本素振り or 球打ち
・左手9:右手1の極端な力配分で素振り or 球打ち
・左手主導のアームローテーションで素振り or 球打ち

右手主導のスイングによるゴルフの弊害はこちらの記事[ゴルフスイングで右手は使う?使わない?右手主導がミスの原因を作る]を参考にしてください。

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事