ゴルフの間違いだらけスイング常識のウソ 5つの処方箋

ゴルフ 間違い勘違い常識

ゴルフにはスイング理論やセオリーがたくさんあります。その中でもゴルフの常識となっているのが、

  • 頭を動かすな!
  • 手打ちでは飛ばない!
  • ボディターンで打て!
  • 下半身主導は左膝を意識しろ!

などではないでしょうか?
でも、こういった常識が実は間違いでアマチュアの上達の邪魔をしているケースはとても多いです。

このページでは、間違ったスイングの常識を1から考えなおしていきたいと思います。

スポンサードリンク

体重移動したら飛ぶ?

よく、右から左へ体重移動すれば飛ぶ!と聞くのですが、これは間違いです。
ワイドスタンスで右側におもいっきり体を回して、左に突っ込んで打つスタイルの人がいますよね。
そういう打ち方の人は、体重移動を思いっきり意識しているのだと思います。

ゴルフ 間違い体重移動
しかし、体重移動ではボールを飛ばすことはできません。目一杯右から左へ体重を移動させて打てばボールにパワーが伝わりそうだと勘違いしてしまうのはわかりますが、これは逆にパワーをロスしたり、方向性が悪くなってしまう打ち方です。

大げさに体を左右に振るよりも、いかに小さな回転軸でクルッと回るほうが速く振れる。
フィギュアスケートでも両手を広げて回転しているときはスピードが遅く、両手を上げているときはすごい速さで回転します。ゴルフスイングもこれと原理は一緒です。

なので、ドライバーでもあまりワイドスタンスにして、体重移動を意識して左に突っ込むよりも、肩幅かそれより若干広めのスタンスでその範囲内でクルッと回るスイングを心がけましょう。

ですが、ボディを回すよりも、クラブフェースを開閉するようにしたほうが小さな動きで飛ぶようになります。
飛ばしは大きな体よりも小さなフェイスをクルっと回したほうが効率がいいですよ。

速くテイクバックしたほうが飛ぶ?

男子プロを観るとものすごく速いテイクバックからフォローのスイングをしています。ゴルファーがあのようなスイングに憧れるのはとてもわかりますが、速くテイクバックすると飛ぶという理論にはちょっと疑問があります。

よく飛ばしのレッスンで、「飛ばすためにはテイクバックを速くする必要があります」と言われ、テイクバックを速くするドリルなどを紹介されます。
個人的にはそのゴルファーのレベルにもよりますが、極端に言えば宮里藍プロのようにゆっくりとしたテイクバックの方がアマチュアには向いていると思います。

プロは小さい頃からやっているので、その動作が当たり前すぎるから速くできるということも当然あります。パソコン仕事をしている人が当たり前のようにタイピングが速くなったり、銀行の窓口係の人がお札を数えるのが速くなるのと同じことです。

しかも、プロはただ、テイクパックをして体を捻転させているだけでなく、右足をねじり上げてさらにパワーを貯めているプロもいます。アマチュアがスピードだけを求めてテイクバックをすると、体の捻転も不十分で手だけトップにいく可能性がとっても高くなり、手抜きスイングになってしまう傾向が強いでしょう。

ならば、かえってゆっくりと充分に体も足も捻転したほうが、フォローで力が爆発して飛ぶようになります。クラブの起動も正しいプレーンに乗せやすくなるというメリットもついてきます。

なので、飛ばすために無理に速いテイクバックにスイング改造する時間があれば、ゆっくりとした充分に体を捻転した・クラブ軌道を意識したスイングを心がけた方が飛ぶし曲がらないようになると思います。

頭を残してよく見てボールを打つ?

これは勘違い理論の定番中の定番です。クォーター理論でお馴染みの桑田泉プロはレッスン書やDVDで実演して、この常識の間違いをトコトン証明してくれています。
特に、ボディターン打法を忠実に実践しているゴルファーは頭を残そうとして首を痛める傾向がありますので注意が必要です。

中井学(なかいがく)プロはボディターンというよりもヒップターンを提唱しており、中井プロのターンの仕方では自然と頭が残る形になります。このように、昔ながらのアマチュアがよくやるボディターンでは体と一緒に左肩も開いてしまうので、顔も一緒に回るのが自然です。しかし、多くのプロのボディターンとは、頭が自然と残るような体の使い方をしているので、首に負担がかからないのです。

中井プロ式のボディターンはまた別ページで解説します。

ボールをよく見ないでぼんやり見るという桑田プロの意見は、けっこう知り合いの上級者でも自然にやっている人は多いです。ボールの後ろの地面を見てスイングしている人が実は多かったです。私も地面を見てスイングしてます。アベレージゴルファー(おおよそスコア100前後のゴルファー)はボールをしっかりと見すぎて前のめりになっている人が多いのでボールの見過ぎに注意してください。

スポンサードリンク

ボールの見方のコツは、ボール全体を漠然と雰囲気としてみるか、顔を正面にして目だけ下げて下目遣いでボールをみると、前のめりになることもなくなります。

クラブは長くもった方が飛ぶ?

ゴルフ 間違い短く持つ一見、長く持ったほうが飛びそうなイメージですが、ゴルフクラブはアイアンでも長尺ドライバーでも短く握るのが正解です。
グリップエンドを指の太さほど短く握ったほうが、ミート率が向上し、振りやすさも加わって結果飛ぶようになります。

もともと小指は短いので一番太いグリップエンドを握るのには不向きなんです。だから短く持って、細い部分を握らせたほうがフェースも返りやすくなりヘッドスピードが上がるようになります。

グリップというものは端にいくほど徐々に太くなっています。これは遠心力がかかっても、すっぽ抜けしないための工夫でもあります。
短く握れはこのグリップエンドの膨らみで、最悪のすっぽ抜けを防止することができます。

ですから、飛距離的にも、方向的にも、すっぽ抜け防止のためにも、クラブは指1〜2本文は短く持つほうがいいです。

 

下半身主導とは、足からテイクバックを開始し、足からダウンスイングを開始すること?

ときどき、右足の踏み込みでクラブを上げてテイクバック、そして左ひざや左足の踏み込みでバックスイングを開始するという解説があります。
つまり、

足>腰>肩>手 の順番でテイクバックし、
足>腰>肩>手 の順番でダウンスイングする
しかし、この手順どおりになかなか上手くできるゴルファーはそうはいません。動かす順番が違うからです。

正しいスイング手順は、
手>肩>腰 の順にテイクバックし、
腰>肩>手 の順にダウンスイングする

ゴルフ 間違い下半身リード

人間の体は最後に動きが止まった部位から、再び動き出すように作られています。
つまり、手でクラブを上げて、肩から腰を捻転させてトップの状態になったときに、腰から踏み込んで肩、手と連動するのが人体の構造上正しい動きなのです。

だから、私は手を意識させるためにも、教えている友人後輩には「足は意識するな!手で打て!」と言っています。
手でテイクバックすることで切り返しで自然に腰から踏み込んで、結果、下半身リードでスイングしていることになるからです。

闇雲に下半身主導だからといって、テイクバックまで右足の踏み込み、その反動でクラブを上げて、今度は左足を踏み込んで打つ!というのは、一見、理屈は合っているようだけれども実際に行動するとちょっと違和感というか、難しいと思います。

ゴルフにおける、「下半身リードでスイングする」や「下半身主導で打つ」という言葉は切り返しからだということを覚えておいてください。

まとめ

ゴルフでよく聞く言葉だけど、実は間違いだったというセオリーを紹介しました。

体重移動したら飛ぶ?
大きな動きの体重移動では飛距離は伸びません。小さな回転でクルッと回ることをこころがけましょう。
しかし、体を回すよりも、クラブを回すこと考えたほうが飛距離アップはしやすいです。

速くテイクバックしたほうが飛ぶ?
自分のスイングリズムを崩すような練習は逆効果ですのでオススメできません。

頭を残してよく見てボールを打つ?
頭を残すのを意識すると、首を痛めることもあります。
ボールをよく見ようとすると、前のめりになる傾向もあるので、凝視しないようにしましょう。

クラブは長くもった方が飛ぶ?
逆に短く持った方が、振りやすくミート率も上がるので、飛ぶようになります。

下半身主導とは、足からテイクバックを開始し、足からダウンスイングを開始すること?
ゴルフスイングは手>肩>腰の順にテイクバックし、腰>肩>手で打つのが正しい順番です。

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事