ゴルフのマナー違反 迷惑をかけない好かれるプレイヤーになろう!

ゴルフ 迷惑 かけない

ゴルフは紳士淑女の大人のスポーツです。だからマナーや品格がとっても大事でもあります。
だからといって、あまり難しく受け止めないでください。

最初はよくわからない暗黙のルールなどもあるのですが、慣れてしまえばとってもカンタンなことです。
初心者だから、下手だから迷惑かけたくないと思ってコースにでるのを敬遠しているなら、これらを守れば相手は迷惑だとは絶対に思いません。
だれでも最初は下手な初心者だったのですから。

ここでは、ルールブックには載っていない、ラウンド中の【マナーや暗黙のルール】を紹介していきます。

スポンサードリンク

初心者は大叩きして当たり前!だから走って誠意を見せよう!

ゴルフ 迷惑 かけないクラブ持って走る初心者や100以上叩く人は、とにかくひとつひとつの動作を早く機敏に動きましょう。上級者ほど、一つ一つの判断や行動が早いものです。

ゴルフ場でのハーフラウンドはだいたい2時間10〜30分以内が望ましいとされています。
上級者だけで回ればそれこそ2時間前後でもラウンドできますが、初心者や100を切れない人はボールをたくさん打つので時間が余計にかかります。だからその分、ひとつひとつの動作を機敏にして少しでも時間を短縮させるのです。

例えば・・・、

  • ボールの所まで素早く走って行く。
  • いつも2〜3本のクラブを持ち歩いてすぐ打てる準備をしておく。
  • OBを打ってもカートに戻らなくてすむように、ポケットにボールを常備しておく。

などです。

上級者は初心者がボールをたくさん叩くのは当たり前だと思っているので、技術の未熟さを怒る人はまず、いません。
しかし、下手なのに動作が遅くいつまでも喋ってボールを探そうとしないとか、いちいち、クラブやボールを取りにカートに戻るなどの余計な動作を頻繁にする人とは2度とラウンドしたいとは誰も思いません。それは上級者でなくてもみんな同じことです。

いくら下手でも、周りに迷惑をかけないように、少しでも時間を短縮できるように考えて小走りしたり、クラブやボールをいっぱい持ち歩く姿には、その人のやる気や周りへの配慮が感じられて共感を生み、また次回も一生懸命なこの人とラウンドしようと思ってもらえるようになります。

こういったことは何も初心者だけに限りません。上級者になっても無駄な行動をせず素早く動くことは続けてほしいと思います。

ちなみに、素早い行動とただ急いでドタバタしている行動とは意味が違います。ここでも素早い行動とは無駄のない行動を意味しています。

相手が打つときはしゃべらない

ゴルフ 迷惑 かけないしゃべらないラウンドも中盤になってくると周りとの慣れもでてくるので、ついついおしゃべりになりすぎることがあります。仲良くなるのはいいことなのですが、あくまでもゴルフをしに来ているのであって、おしゃべりをしに来ているのではないことを忘れないようにしてください。

特に、ティーショットを打つ準備をしているのに、ずっとおしゃべりしていたら、同伴者が打ちづらくて困ってしまいますし、もしティーショットを失敗したら、「お前がうるさいからだ!」と因縁をつけられたり、仲が悪くなってしまう恐れだってあります。

同伴者が打つときは、必ず静かにしてショットを見守りましょう。

打つ人の前方にはいかない

ゴルフ 迷惑 かけない前に立たないここまでこないだろうと思っていてもいつ、どこに打ってしまうかわからないのが我々アマチュアゴルファーです。絶対ということはないので、打つ人の前方にはなるべくいかないようにしましょう。

打つ人の目標後方に立たない

ゴルフ 迷惑 かけない立つ場所
この位置に人が立つと姿が視界に入って、邪魔に感じる人がかなりいます。
ですから、打つ人を見守るときは、その人のなるべく背中側へ行くようにしましょう。

パッティングの際は、目標方向や目標後方へ立たない

ゴルフ 迷惑 かけないグリーン立つ場所よく、ボールの転がりをみたいからと目標後方からジィ〜っとみたり、カップの後ろ、つまり目標方向からジィ〜と見ている人がいますが、これもマナー違反です。
競技のときにこれをやられると、怒る人もいるので注意しましょう。見るときは離れて背中側か、正面側に立って離れて見ましょう。

スポンサードリンク

グリーンにオンしたら、ボールマークをキレイにしよう

ゴルフ 迷惑 かけないボールマークグリーンにオンしたら、同伴者の邪魔にならないようにボールマークを、グリーンフォークでキレイに直しましょう。その際は、自分のボールマークだけでなく、誰だかわからない他人のボールマークもキレイに直してグリーンを少しでもキレイな状態にしてあげましょう。

 

 

最初にパッティングが終わった人はピンフラッグを持ちましょう

ゴルフ 迷惑 かけないピンこれはベテランの人でも知らない人・やらない人が時々いますが、最初にパッテイングを終了してホールアウトした人は、ピンフラッグを持って全員がホールアウトするまで待機しましょう。

つまり、一番最初にパットを終えた人が、全員がパットを終えた後にピンフラッグをカップに刺して後ろの組にどうぞ!というサインをだしてあげるのです。

かなりの年配の方がピンフラッグを持っていたら、代わりに持ってあげると、相手も喜んでくれるでしょう。

番外編

電動カート扱い方

ゴルフ 迷惑 かけないカートカートでの座席ですが、一般の車での上座は運転手後方になり偉い人や年長者にこの座席をススメるのが礼儀なのですが、ゴルフカートの場合は運転席横の席を年長者にススメるのが礼儀みたいです。
なので知らない人同士で、年齢もバラバラな場合、自分が若いと感じたら、運転席の横の席に座るのは避けたほうがいいでしょう。

最近はセルフでラウンドする人が多くなりました。セルフとはキャディさんが帯同しないラウンドをすることを指します。
ゴルフ場によってはカートがリモコン付きか運転するタイプかに別れます。

リモコンタイプのカートは、同伴者の中で一番ゴルフの上級者やそのコースに所属している人、などがリモコンを預かって操作するようにするとスムーズにラウンドが進行できます。

運転するタイプでも上級者やコースに所属している人に運転を任せたほうが無難です。
もし年長者だらけで自分が一番若いと感じたら、「運転します!」と一声かけて運転席につくといいでしょう。

ちなみに、カートは左ハンデルです。

洗面所でのマナー

手を洗ったときは、洗面台がビシャビシャになったりします。ゴルフ場のトイレには洗面台の側に手を拭くタオルがたくさん置いてあるので、そのタオルで手を拭いてからついでに洗面台をサッと拭いておきましょう。後から使う人のためにもキレイにしておくと自分も気分が良くなっていきますよ。

まとめ

ゴルフのプレイ中でやってほしくないマナー・暗黙のルールを紹介しました。
嫌われないゴルファーになるためにぜひ、心がけてくださいね。

初心者は大叩きして当たり前!だから走って誠意を見せよう!
とにかく、初心者やまだ100を叩く人はひとつひとうの行動を素早くしてみましょう。自分のリズムも良くなってスコアもスイングも良くなってくることがありますよ。

相手が打つときはしゃべらない
他人が打つときは静かにしていましょう。

打つ人の前方にはいかない
どこに打球が飛んで行くかわかりません。安全のため打つ人より後方にいましょう。

打つ人の目標後方に立たない
相手の視界に入らない場所でプレイを見守りましょう。

パッティングの際は、目標方向や目標後方へ立たない。
相手の視界に入らない場所でプレイを見守りましょう。

グリーンにオンしたら、ボールマークをキレイにしよう
グリーンはボールの跡で凸凹しています。後続の人のためにもキレイにマークを直しましょう。

最初にパッティングが終わった人はピンフラッグを持ちましょう
率先してピンフラッグを持ちましょう。

番外編
電動カート扱い方
年長者には前の席をゆずりましょう。

洗面所でのマナー
洗面台はサッと拭いておくと気持ちも良くなります。

 

【関連記事】

ラウンドの平均時間と知っておきたいローカルルールはこちら>>

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事