松山英樹のドライバーは契約違反?三井住友でもキャロウェイを使用!このクラブの評価は?

2016年10月から松山の快進撃が止まりません ヽ(*^^*)ノ

10月13日からの日本オープン選手権での優勝を皮切りに、4戦中、3つの優勝・1つの2位!と絶好調です!

この快挙の原動力になったのがドライバーではないか?というウワサもでています。

実は、10月20日以降の3試合は全て契約中のダンロップのドライバーではなく、契約外のキャロウェイのクラブを使用しているからです。

一体なぜ、こんなことが起こっているのでしょうか?

スポンサードリンク

シーズン中に契約外のクラブを使うのは契約違反なの?

松山の10-11月の出場試合は

  • 2016年10月13-16日 日本オープン選手権・・・優勝
  • 2016年10月20-23日 CIMBクラシック(マレーシア)・・・2位
  • 2016年10月27-30日 HSBCチャンピオンズ(中国)・・・優勝
  • 2016年11月10-13日 三井住友VISA太平洋マスターズ・・・優勝

ですが、CIMBクラシックからは3試合とも使い馴染んだダンロップのドライバー スリクソン ZR-30(9.5度)を使用せず、キャロウェイのグレートビッグバーサ(9度)を使用していました。

ダンロップとの細かな契約内容はわかりませんが、普通は契約している会社のクラブを使用するものです。

松山があのクラブを使っているから、自分も買おう!

・・・というファンが多いからです。
では、なぜ、松山は契約外のクラブを使ってしまったのか?

ツアーに帯同しているダンロップの関係者からは、

クラブ契約の中に、ドライバーは入っていないらしい

という情報が漏れ伝わってきています。

松山サイドの要望では、なじんだZR-30が折れるなどして使えなくなったことを想定し、そのときのベストのクラブをチョイスしたいから・・・という理由だそうです。

この契約内容ならば、アイアンさえダンロップ社を使用すれば、ドライバーは問題ありませんよね。

しかも、ダンロップに気を使ってなのか?CIMBクラシックでは、ソールを少し黒く塗ってごまかし?ていたそうです^^
ビッグバーサ特有の赤いウェイトレバーも黒くしていたそうです(笑)

しかし、プロが契約外のモデルを使うことは実はけっこうあることなのです。

絶好調時のタイガー・ウッズは、メイドインジャパンの三浦技研のアイアンを使用したくて、三浦のアイアンに契約していたナイキの刻印をつけて使用していたというエピソードがありますから。

ちなみに松山は、アイアンは4番からPW(ピッチングウェッジ)までの7本、ダンロップ スリクソン Z945を使用していたので、セーフ!クリアーです!

長年の愛器スリクソン ZR-30とはどんなクラブなのか?

松山英樹 ドライバー スリクソン ZR-30 三井住友今まで愛用していたスリクソン ZR-30は2008年に発売されたモデルです。

ゴルフクラブの科学的進化は目覚ましいものがあるのに、8年も前のクラブをずっと愛用しているということに非常にビックリです。

(自分はお金がないので6年前のドライバーを使用していますが・・・^^;)

クラブメーカーはどこも、最新モデルが一番すぐれているというコンセプトでクラブを世に出します。
だから契約プロにも最新のモデルを使用してもらいたいのです。それが新モデルのPRにもなりますから。

なのに、松山は8年前のモデルにこだわり続けています。
というか、コレ以外のモデルがシックリとこなかっただけなのかもしれません。

スポンサードリンク

メーカーはいろいろな新作を松山にテストしてもらいますが、

ヘッドの軌道が動かしずらい

・・・というような理由で1球も打たずに却下したモデルもあったようです。

昔、岡本綾子が1グラムの重さの違いがわかるのでクラブ調整も敏感に行っていた。というエピソードがあります。

1グラムって、1円玉の重さですが、これって普通なら感じませんよね。
松山もそういった、達人級の違いがわかる域に達していて、自分の感性にピッタリと合ったものを探し求めているのだと思います。

なぜ愛器ZR-30をやめ、グレートビッグバーサを使用したのか?

ZR-30のような8年モノのクラブではありませんが、グレートビッグバーサ2015年の秋に販売されたモデルで最新モデルではありません。

松山英樹 ドライバー キャロウェイ 三井住友

左:CIMBクラシック戦  右:三井住友VISA太平洋マスターズ戦

CIMBクラシックでは申し訳なさそうに、ソールやウエイトレバーを黒く塗っていましたが、それ以降はもうバレてるだろ?!って感じで開き直りなのか?黒く塗られていませんでした(笑)
CIMBクラシック以降のドライバーは黒く塗った色をわざわざ落としたのか?もう1本用意したのか?はナゾです^^

今まで愛用していたZR-30が、操作性のよいマニュアル車のようなタイプだとしたら、このグレートビッグバーサは、ガラリと変わってソール後方に可動式のウェイトがある、スライサー向けでつかまりのよいオートマチック車のようなタイプです。

松山はこのウェイトをCIMBクラシックではかなりフェード寄りにセットしてつかまった球を打っていましたが、HSBCチャンピオンズではニュートラルなポジションにセットしていました。
自身でもそこはその日の体調やコースによって微調整しながら試しているのでしょうね。

ZR-30とグレートビッグバーサは、コンセプト的には全く違うタイプです。
アイアンとのつながりを考えるならば、ZR-30の方がマッチしているような感じがありますが、ドライバーショットにやさしさを求めるのならば、グレートビッグバーサに軍配が上がりそうです。

プレッシャーのかかる最終日などでは、ちょっとしたミスが致命傷となってしまいます。そういったミスを少しでも減らすために、少しでもやさしいヘッドを選びたい!と思うのは、当然のことかもしれませんよね。

また、松山はクラブの打感の軟らかさに特にこだわっていると言われているので、このグレートビッグバーサが自分の理想の打感に近かったのかもしれません。

アマチュアが使用した2つのクラブの使用感

この松山が使用している2つのクラブの口コミをネットでいい所悪い所など、ひろってきました。

■スリクソン ZR-30

  • 芯が狭い印象で、芯に当たると強弾道で飛びますが、芯を外すと飛ばないし曲がる。
  • ヘッドが小ぶりなので、打ち分けていきたい上級者にはオススメ。
  • 打感が軟らかくつかまりもいい。他のスリクソンの新モデルよりも飛んでいる感じ。
  • 425ccと小ぶりなのでヘッドの振り抜きがいい。
  • 球が吹け上がらないで低スピンの中弾道で飛んでいきます。
  • 一見、上級者向けな感じだが、ヘッドが小ぶりなので初心者でも振りやすい。
  • ミスの許容範囲が狭い感じ。初心者には芯を喰うのがむずかしいかも。

■キャロウェイ グレートビッグバーサ(2015)

  • 打感が最高。軟鉄のパターで打っている感じ。
  • ウエイトシステムで自分の打ちたい球が簡単に打てるようになった。
  • 芯を外してもよく飛ぶので平均飛距離が伸びた感じ。
  • 勝手につかまる感じでやさしく打てる。
  • 左へのヒッカケが怖くない。
  • 一発の飛びよりも安定性を期待できるクラブです。

グレートビッグバーサは松山が使用しているということで、再評価され、現在かなり売れているようです。キャロウェイとしては、ウレシイ誤算でしょうね^^

まとめ

シーズン中に契約外のクラブを使うのは契約違反なの?
本来は違反になります。
しかし、松山はドライバーの契約はしていなかった可能性が高いので、それならば無問題となります。

長年の愛器スリクソン ZR-30とはどんなクラブなのか?
8年前のモデル。
425ccの小ぶりなヘッドなので操作性に優れ、上級者向けというコンセプトのクラブ。

なぜ愛器ZR-30をやめ、グレートビッグバーサを使用したのか?
グレートビッグバーサはZR-30とは違い、ヘッドも大きく、調整ウェイト付き。
操作性よりも、ミスの許容範囲が広い、初〜上級者と幅広い層向け。

やさしさと打感の軟らかさが、選んだ理由かもしれません。

アマチュアが使用した2つのクラブの使用感
使用感は人、それぞれなのであくまでも参考としてください。

 

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

→松山英樹のパターがテーラーメイドのマレットに?キャメロンとの違いは?

→松山英樹フェニックス2017優勝セッティング!ドライバーはキャロウェイでさらに飛距離UP!
→松山英樹の2016年の年収は?異次元の強さで契約も驚愕
→松山英樹の家族と年収は?松山ケンイチとの関係や超セレブな私生活も公開

→松山英樹のスイングの特徴は谷将貴のゴルフレッスンと酷似?!

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事