松山英樹の2016年の年収は?異次元の強さで契約も驚愕

松山英樹 年収 2016

画像引用:日本経済新聞

松山英樹の時代が到来!

2016年11月10-13日に日本で行われた三井住友VISA太平洋マスターズでの圧倒的な優勝劇。
2位とは7打差の通算23アンダー。しかも大会最少スコアを1打更新する記録的な勝利です。

この大会で松山は優勝賞金4000万円を獲得しました。

しかし、2016年の松山はかなり強い・・・強すぎます!!
プレーを見ていてもとても、楽しいし、気持ちがいいです^^

そんな彼は10-11月だけでもかなりの額を稼ぎました(汗)
あまりにもうらやましいので、2016年11月14日までの彼の年収・賞金額を調べてみました。

 
三井住友VISA太平洋マスターズ開催コースは、静岡・太平洋クラブ御殿場コース(7246ヤード=パー72)

スポンサードリンク

10・11月の4戦だけで・・・日本の賞金王になれるレベル?!

松山英樹 年収 2016

画像引用:ヤフーニュース

2016年10月の日本オープン選手権を皮切りに海外大会を含め、松山はこの1か月弱で4戦中、3回優勝・1回2位

・・・つまり、限りなく完璧に近い勝率を誇っています。

優勝した、日本オープン選手権三井住友VISA太平洋マスターズの2戦は日本ツアーでも最高額の優勝賞金4000万円の大会。

そして、後の1勝は、準メジャーとして格の高いHSBCチャンピオンズで、優勝賞金162万ドル(約1億7330万円)

日程 大会名 獲得賞金額
2016年10月13-16日 日本オープン選手権 4000万円
2016年10月20-23日 CIMBクラシック(マレーシア) 約8100万円
2016年10月20-23日 HSBCチャンピオンズ(中国) 約1億7330万円
2016年11月10-13日 三井住友VISA太平洋マスターズ  4000万円

すでにこの4戦だけで獲得賞金は、3億3420万円を超え異次元の驚異的な強さを見せつけています。

2015年の日本男子ツアーの賞金王に輝いた金庚泰(キム・キョンテ)1億6598万1625円
2015年の日本女子ツアー賞金王のイ・ボミ2億3049万7057円

この2人を10月のたった3試合ですでに抜いてしまうという・・・(汗)恐ろしいです。

しかも、三井住友VISA太平洋マスターズでは、23アンダーと圧倒的な強さを見せつけたにもかかわらず、本人としては調子が悪かったらしいのです。

でも、その調子の悪さのレベルが他選手とは比べ物にならないくらい、高いレベルにあるようです。
この調子で、1年間維持できればまさしくメジャー制覇も夢ではないと思います。

2016年度の日本ツアー+米国ツアーの総額は?

現時点(11月14日)の2016年米国ツアー参戦16戦で獲得した賞金額は621万6621ドル(約6億5896万円)

それに、直近の日本オープン選手権と三井住友VISA太平洋マスターズでの優勝賞金2試合の合計8000万円(4000万円×2)を合わせると今年の獲得賞金は約7億3896万円にのぼります。

これはもう、日本スポーツ界トップの金額ですね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

2016年はまだ1ヶ月半あるので、10億もいけるかもしれませんねぇ・・・スゴイです。

ゴルファーは賞金額だけじゃない、天下のロレックスがCM契約に!

松山英樹 年収 2016

画像引用:日刊スポーツ

10/23のHSBCチャンピオンズ(中国)で優勝したことで、松山の世界ランキングは10位から6位に浮上。(11/14時点で)

スポンサードリンク

それを受けてなのか?世界的な高級時計メーカー「ロレックス」は松山とスポンサー契約を結ぶことを発表しました。

日本人として、いやアジア勢で初めて世界選手権シリーズで優勝したことがかなり高ポイントだったのでしょうか?
ロレックスが日本人スポーツ選手と契約するのはこれが初めて。つまり、ロレックスが松山をトップスター選手と認めたことに他ならない。

これまでも、ロレックスとスポンサー契約を結んだ選手は超一流揃い。

ゴルフでは、ジャック・ニクラウストム・ワトソンゲーリー・プレーヤー故アーノルド・パーマー氏といったレジェンドクラス。

そして、活躍中のトッププロでは、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンジョーダン・スピースリッキー・ファウラーなどのスゴイ面々。

テニスでは、ロジャー・フェデラーミロシュ・ラオニッチなどのトップ選手が契約しています。

そして、これが重大なことなのですがロレックスと契約したことによって松山自身の商品価値が、これまでよりもグッと高まっていくこととなります。

テニスのロジャー・フェデラーはロレックスと契約したことにより、他の一流企業がこぞって後を追うようにフェデラーとの契約を開始。フェデラーの商品価値はみるみる上昇し、ついには年間60億円のスポンサー収入を得るまでになったという・・・

それほど、ロレックスの威光は偉大なのです!

2016年でちょうど、『全日空』『ダンロップ』『レクサス』の3社の契約が切れるというタイミングでのロレックスとの契約。

商品価値が跳ね上がった後の松山と、この3社がもし契約しなければ、おそらく海外の一流企業がだまっていないでしょう。
そうなれば、松山がスポンサー契約だけで数十億稼ぐ、第2のフェデラーとなるかもしれません。

 松山のスポンサー
2016年での松山のスポンサー契約は
全日空・ダンロップ・レクサスの他に、
サングラスのオークリー、健康用品のファイテン、薬のバンテリン、寝具メーカーの西川産業

 ロレックス
スイスの高級時計メーカー。ドイツ生まれのハンス・ウィルスドルフが1905年、ロンドンにウィルスドルフ&デイビス社を設立し、創業。その後社名を「ロレックス」に変更し、スイスに本社を移転。完全な防水性、自動巻き機構、日付が瞬時に変わるデイトジャスト機構などを発明し、特許を取得。頑丈さなどから、海峡横断やエベレスト登頂などに使用され信頼性や希少性が高まり、今や世界屈指の高級ブランド腕時計となった。

まとめ

2016年の賞金収入は現時点(11/14)で日米合算して約7億3896万円
それにCMスポンサー契約金が・・・となると彼の年収は、軽く10億は越えていますね(汗)

ついに日本人で野球選手の年俸を超えるのか?
母国・日本よりも、海外での評価が高い松山。彼ならば世界トップクラスのスタープレイヤーと同等の金額を稼げるかもしれません。

10・11月の4戦だけで・・・日本の賞金王になれるレベル?!
たったの3戦で2015年の日本ツアー男女の賞金王の金額を抜いています。

2016年度の日本ツアー+米国ツアーの総額は?
日米合算で、約7億3896万円。を獲得しています。
2016年はまだ1ヶ月半あるので、賞金額だけで10億もいきそうです。

ゴルファーは賞金額だけじゃない、天下のロレックスがCM契約に!
ロレックスが契約するということは、トップスターとして認められた証拠です。
そして、ロレックスと契約したことにより、商品価値が暴騰することが予想されます。
今後の契約更改も気になるところですね!


【この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます】

→松山英樹フェニックス2017優勝セッティング!ドライバーはキャロウェイでさらに飛距離UP!
→松山英樹フェニックスOP逆転優勝!祝4勝目!マスターズ2017勝利へ標準セット!?

→松山英樹の優勝キャディは女性?乾芽衣の年齢・プロフィールをチェック

→松山英樹のドライバーは契約違反?三井住友でもキャロウェイを使用!このクラブの評価は?

→松山英樹のスイング特徴とクラブセッティング|HSBC優勝のコレが原動力だ!
→松山秀樹マスターズ2016年堂々7位!日本最強のスイングとメンタルの強さをチェック
→松山英樹めざせメジャー優勝!24歳で成績・評価が世界の青木と丸山を超えた?
→松山英樹の家族と年収は?松山ケンイチとの関係や超セレブな私生活も公開
→松山英樹のマスターズ賞金額は?100万だしても応援したい!レクサス観戦ツアーが大フィーバー
→松山英樹、チャリティーサイン会で熊本にエール|ファン殺到でパトカー出動も

→松山英樹のスイングの特徴は谷将貴のゴルフレッスンと酷似?!

 

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事