イボミのゴルフスイング特徴|ベタ足・飛距離を解説!飛んで曲がらない秘密とは

イボミ スイング 特徴

2015年度の国内女子ツアー賞金女王イ・ボミが2016年も引き続き女王の座に着きそうな勢いです。

イ・ボミはなぜこんなに可愛い・・・じゃなく、強いのか?安定しているのか?

彼女の代名詞でもあるベタ足なども含めて、スイングを徹底チェックしたいと思います。

スポンサードリンク

飛距離と方向性が両立するフラットなスイング

イボミ スイング 特徴

イ・ボミは身長158cm体重56kgと普通の女性とあまり変わらない体格だが、ドライバー飛距離250ヤード以上飛ばします。
この飛距離は、一般男性アマチュアゴルファーでもなかなか出せないですよね。ぜひ、イ・ボミスイングをお手本にしてみましょう。

スイングの手順(イ・ボミ本人がスイングを解説したもの)

【テークバック】

テークバックでは右ひざの前までヘッドを真っ直ぐに引くようにします。

バックスイング】

右肩と右ひじ・右おしりのカラダの右サイドを回してクラブを振り上げます。
このとき、左サイドを動かす意識はゼロ。

右サイドを回して結果的に右股関節に体重が乗ればそれでOK。

トップ】

コンパクトなトップを意識しながらカラダを捻りクラブを上げていきます。

トップがコンパクトでも十分にカラダがねじれていれば飛ぶというのがイ・ボミの理論。
コンパクトだとパワーを出せる大きな筋肉が使えるので、プレッシャーにも強い正確なショットが打てるのだそうです。

切り返し】

左股関節を左のお尻の上に乗せるイメージで全体重を左に移します。
この際、腕はカラダの正面にまっすぐ下ろすようにすること。
理想はインサイドから下ろすこと。しかしそれは意識をしません。

※切り返しのポイントは左ひざ
左足に体重が乗ったら、インパクトまでは左ひざの位置をキープ
左ひざを正面に向けてキープしたまま、左太ももの内側を左に回していくように動かします。
この意識だと、腰がスムーズに左に回転し、つられてクラブが下りてくるようになります。

その結果、上半身と下半身で時間差のあるスイングできるというわけです。

ダウンスイングで左ひざが左へスライドすると腰が回転できずスエーしてしまいます。
すると、インパクトでフェースが開く原因のひとつになってしまうので注意が必要です。

インパクト】

インパクトからは手元をカラダから離さないつもりで、左膝までまっすぐ動かすイメージ。
体重が左足に乗っているので左に流れないように左お尻に力を入れて踏ん張ります。

インパクトで手元がカラダの近くを通ると自然にフェイスターンがおこなわれます。
ここで手元がカラダから離れると、左脇が開いてボールが捕まえられなくなるので注意が必要。

両ひざの間隔を保つ意識をもつことで、右ひざが前に出たり、右足のカカトの浮き上がりを抑えられます。

フォロー】

カラダと一緒にクラブフェースもターンするイメージ。

・・・以上が、イ・ボミ本人が解説したスイング時の動作と注意点になります。

スイングを大まかにまとめると、
右サイドでバックスイングし、左サイドでダウンスイングをするというイメージですね。

どうやら彼女の飛距離は、十分なカラダのねじりから、
方向性はコンパクトなトップ、から得られているようです。

そして、それを可能にしている強い体幹柔軟さが彼女には備わっているのでしょう。

イ・ボミは、オフだけでなくシーズン中もずっと、肉体改造トレーニングを続けているのです。
小さなカラダで250ヤード以上飛ばすには、スイングだけでなくそれだけのトレーニングも必要ということですね。

日本のボディターン(ヒップターン)に近いスイング、決して欧米スイングではない

イボミ スイング 特徴

レクシー・トンプソンとイ・ボミ

一時期、イ・ボミをはじめ韓国選手たちのベタ足スイングが、欧米のプレイヤーのベタ足スイングと似ていることから、韓国選手たちは欧米スイングをしていると言われていましたが、これは間違いだと思います。

スポンサードリンク

イ・ボミをはじめ韓国選手たちは、いわゆる日本式なボディターン(ヒップターン)に近いスイングをしていると思えます。

決して、欧米スイングという上半身の力で地面の方向に力のベクトルを使った、縦の力でヘッドを走らせるスイングとは違います。

日本の回転スイングのように横の力でヘッドを走らせるスイングです。

イ・ボミをはじめ、申ジエやキム・ハヌルらは、カラダの回転で打つ意識だと明確に言っています。

日本人選手たちとの違いは、ひざの使い方ではないかと思います。(個人的な見解です^^)

日本人選手はヒザを柔らかく使うので、右ひざが前にでやすいですよね。そのため右足カカトの浮き上がりが速くなります。

韓国選手は比較的両足をピンと伸ばしています。そのことでヒザの位置がキープされて右カカトの浮き上がりも抑えられるということです。

韓国選手の特徴「ベタ足」のメリット・デメリット

イボミ スイング 特徴
韓国選手たちは、子供の頃から右足はベタ足でゴルフを習っているようで彼女らにしては、もう自然な動作のようです。

そして、右ベタ足をすることで、

  • 右肩が開く
  • 右腰が前にでてしまう
  • シャンクがでる
  • プッシュスライスがでる

・・・といったことが防止できるうえ、フォローでヘッドと右カカトとの引っ張り合いができて、よりヘッドを加速させることができるという恩恵を受けることができます。

また、青木功中部銀次郎など、往年のトップ・プレイヤーは、右をベタ足にすることで、

ボールが曲がらず方向性がよくなる

ということを言っていました。

ゴルフ右足ベタ足・フェイスターンの元祖・若林貞男のZ打法で飛距離アップ開眼?!

上記の記事で紹介した、Z打法の生みの親、故・若林貞男も右足ベタをとても強調していました。

なのになぜ、今の選手にそれが受け継がれていないのか?・・・非常にナゾに思うところです(汗)

そして、デメリットですが、・・・・

とくに、ありません!

つまり、メリットだらけということです(笑)

イ・ボミはこの右ベタ足を実現するのに、右ひざを意識していると言います。

左ひざと同様に右ひざもアドレス時の位置をキープすることによって、右ひざが前へでたり、右カカトの浮き上がりを抑えるようにしているのです。

とにかく下半身は動きすぎずに、安定を第一に考えることで余計な動作をなくしているようですね。

ぜひ、自分たちアマも右に左に大きく動きすぎないように、安定した下半身でショットを心掛けたいものですね。

まとめ

今や日本女子ツアー最強と言ってもいいほどのイ・ボミ。
ドライバーの飛距離もですが、正確無比なアイアンショットとパッティングは、他の選手を圧倒しています。
同組の選手がバーディを取ったとき、拍手してあげるのもなんかほんわかとしてきます(〃∇〃)

飛距離と方向性が両立するフラットなスイング
十分にカラダをねじることで飛距離をだし、コンパクトなフラットトップにすることで大ぶりせず、方向性を出しています。

そして、地道な毎日の肉体改造トレーニングで相乗効果を生み、あの圧倒的な強さを引き出しているのでしょう。

日本のボディターン(ヒップターン)に近いスイング、決して欧米スイングではない
個人的には、韓国選手のスイングは日本のように回転が主なスイングだと思います。

韓国選手の特徴「ベタ足」のメリット・デメリット
右ベタ足をすることはメリットだらけです。いろんな悪い動作を封じ込めることができます。
ぜひ、研究して練習して、ベタ足を実現してみましょう!

 

〈この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます〉
ゴルフはベタ足打法でスコアUPできる!イ・ボミらに学ぶ右足3つのコツ

ツアープロ・レッスンプロのゴルフ理論一覧


プロフィール

イ・ボミ
1988年韓国水原市生まれ。
建国大学校(韓国)卒。2008年から韓国女子ツアーに参戦し、2009年に初優勝。

2010年に同ツアーで3勝をあげ賞金女王になる。
同年日本女子ツアーのQTで10位タイになり、2011年から日本女子ツアーに参戦。

2012年にヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップで日本初勝利。

2015年は日本女子ツアーで初めて賞金額が2億円を突破し、日本女子ツアー賞金女王になる。

愛称はスマイルキャンディ
マスターズゴルフ倶楽部所属

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事