ゴルフシューズ、スコアが良くなるおすすめモデルとメーカーはコレだ!

ゴルフ シューズ おすすめ メーカー

ゴルフシューズなんて、値段デザインで決めればいいじゃん!

・・・なんて思っていませんか?

 

確かに値段やデザインで決めるのも重要な要素なのですが、ヘタなシューズを選んでしまうと、靴ずれや足の指に違和感などがでたり、滑りやすくてゴルフにならない・・・なんてことも実際には起こるものです。

 

ここでは、スコアアップにつながるゴルフシューズの選び方や自分が気に入っているメーカーを紹介します。ぜひご自分のシューズ選びの参考にしてくださいね^^

スポンサードリンク

ゴルフシューズの選び方1 最大の特徴、スパイクで選ぶ

ゴルフシューズは大別するとソフトスパイクシューズスパイクレスシューズの2種類にわけられます。

 

スパイクとは靴底に付いている滑り止めのことで、昭和の時代までは鉄のスパイクが主流であり、軽く地面をグサグサと刺しながら歩いていたんですね。

このスパイクは地面に釘を刺しているようなものなので強力な滑り止めにはなりますが、グリーン上に小さな穴がザクザクとあけてしまうので、グリーン上が傷んでしまいます。なので、グリーンを傷めないように開発されたのがソフトスパイクやスパイクレスなのです。

 

ソフトスパイクシューズのメリット

ゴルフ シューズ おすすめ メーカーグリップ力は抜群!しかし・・・

ゴルフシューズの役割は、グリップ力がとても重要です。スイング中や、ぬかるんだ土で滑ってしまっては元もこうもありません。

ソフトスパイクは以前の鉄のスパイクで地面を刺しているのと同等のグリップ力を発揮できるように、各メーカーで材質や形状、靴底に付ける数などさまざま研究がされています。なので、スイング中に足元が滑るなどのことは余程、地面の状態が悪くないかぎり心配することはありません。

 

また、ソフトスパイクは消耗品なので履いているとどんどんと摩耗してしまいます。なので予備のソフトスパイクを購入し、付け替えることでまた新品同様のグリップ力をよみがえらせることができます。こういう点はとてもいいです。

ゴルフ シューズ おすすめ メーカー

スイングスピードの速いハードヒッターにはグリップ力のあるソフトスパイクシューズは必需品ですよ!

 

ソフトスパイクシューズのデメリット

デメリットとしては、コンクリートの上を歩くと違和感があることです。

まぁゴルフ場内ではコンクリートの上を歩くことは稀ですし、クラブハウスの中は絨毯が引いてあるので違和感を感じることは、まずありません。

そもそも、ゴルフ場の土の上を歩くのに適した作りなので、そこ以外での履き心地はデメリットにはならないと思いますね。

 

あとは、スパイクレスシューズよりも高価ということです。昨年モデルなど古いモデルになると安くなりますが最新モデルが欲しい人だと少し高く感じるかも。

しかし、これもスパイクレスシューズの場合は靴底の溝が削れたりツルツルになってしまったらもう買い換えるしかないのですが、ソフトスパイクシューズならばソフトスパイクだけを交換するだけで済みますので長い目で見ればコストパフォーマンスはいいと思います。

 

スパイクレスシューズのメリット

ゴルフ シューズ おすすめ メーカー

このシューズはソフトスパイクシューズよりも安いことがいいですね。なのでゴルフ初心者にはこちらのシューズの方が手軽かもしれません。

そして履き心地は普段履いている靴と変わりませんので、この靴のまま車を運転してくる人もいます。ソフトスパイクシューズでは流石に運転はできないので、行き帰り用とゴルフ用の2種類の靴が必要になります。

しかし、行き帰りとゴルフ用は靴を履き替える方が気持ちがいいと思いますので、たとえスパイクレスシューズを選んだとしても行き帰り用の靴は用意した方がいいと思いますよ。

 

スパイクレスシューズのデメリット

グリップ力がソフトスパイクシューズに比べて劣っていることです。

それに、溝がツルツルになったり、破損したら買い替えが必要になるのでかえってコストが高くついてしまいます。
まぁ、そんなに簡単にツルツルになることはありませんけどね。

※ ※ ※ ※ ※ ※ 

自分が以前習っていたレッスンプロは、

「ゴルフを真剣にやるのなら、絶対にソフトスパイクにすべき!」
「グリップ力が全然違うからショットの安定感が変わる」

と力説していました。なので、最初の頃はスパイクレスを履いていたのですが、この話を聞いてからはソフトスパイクしか履かなくなりました^^

スポンサードリンク

 

真剣にスコアにこだわるゴルファーにはソフトスパイクシューズ。

たまにゴルフを楽しみたいというライトな層にはスパイクレスシューズ、がいいかもしれません。

 

ゴルフシューズの選び方2 紐かBOAか? 

ゴルフシューズを足にフィットさせる方法としてBOA(ボア)の2種類があります。

紐とは、日頃お馴染みの靴に付いている紐のことです。

ゴルフ シューズ おすすめ メーカー

 

そして、BOAとは靴に付いているダイヤルをカチカチと回すことで、シューズに内蔵されている紐が閉まっていく構造のことをいいます。ダイヤル式とも言われます。

このダイヤルは横に付いているタイプと、カカトの上に付いているタイプがあります。

ゴルフ シューズ おすすめ メーカー

 

紐だとお腹のでている人などは結びにくいという欠点がありますが、BOAならばダイヤル式をカチカチと回すだけなのでお腹のでっぱりも気になりませんし、時間の短縮にもなります。

 

しかし、シューズのフィット感を比べるとBOAではホールド力が弱くグラつく、という人もいます。紐の方が足への密着感が全然違う!という人もいます。

高級感を大事にしている人は、天然皮革で紐靴しか履かない!というこだわりを持っている人もいます。
これはもう個人の好みによりますね。

 

ちなみに、自分は断然BOA派です。ラウンド中にホールド感が緩むことは確かにありますが、ダイヤルを回せばすぐに閉まるので全然気になりません。楽なのが一番と思っています^^

 

ゴルフシューズの選び方3 メーカーで選ぶ

シューズのメーカーはそれこそイロイロとあるのですが、自分はフットジョイというメーカーのシューズをいつも選んでいます。

ゴルフ シューズ おすすめ メーカー

汚い靴でゴメンナサイ

正直、デザインの面では他社メーカーの方がカッコイイのがたくさん出されているのですが、履きやすさ丈夫さが断然違うと感じます。

他社メーカーよりも価格はちょっと高いのですが、まったくの個人的な経験から言わせてもらうと、ショットを打つときのグリップ力斜面を歩いているときの安定感、そして頑丈さはピカイチな感じがします。

他社のメーカーであったような靴ずれもしないし、指が痛くなることも今のところはありません。

 

自分の周りの人も、特に上級者はなぜかフットジョイユーザーが多いです。やはり、スコアアップのためのひとつの武器としてこだわって選んでいるのだと思います。

 

メーカーを選ぶ理由は人それぞれだと思いますが、ご自分でもイロイロと試してみるのもいいと思います。

仲間と楽しむ日はちょっと派手はデザインのシューズ。そして月例などの競技の日はフットジョイ。などと使い分けるのもいいかもしれませんね。

 

ゴルフシューズの選び方4 他いろいろ

シューズはこだわる人はものすごくこだわりがあって

  • 本革か人工皮革か
  • 厚底か薄底か
  • 革底かゴム底
  • 重いか軽いか

などなど選ぶ基準はさまざまです。しかし、上記にもでてきましたが以前習っていたレッスンプロは重めのシューズをイチオシしていました。

理由は重いシューズの方が、ショットの安定感があるのだそうです。

 

しかし、最近では素材が昔よりも軽くて丈夫になり、シューズは軽量化が進んでいます。また、重いシューズは後半疲れてくるんですよね(汗)

なので重さはあまり気にしなくてもいいと思っています。

 

まとめ

ゴルフシューズの最低限の役割は、グリップ力があり、足とのフィット感があることが大事ですが、その他の役割は各個人で違うと思います。

  • 赤やオレンジのシューズでデザインや色を楽しみたい人
  • 飛距離アップのひとつの武器としてシューズを選びたい人
  • 性能は気にしないので、とにかく安いのがいいという人
  • 高級感のある本皮じゃなければ履く気になれないこだわりの人

などなどです。

 

いろいろとゴルフシューズを履きつぶしてきた自分としては

  • グリップ力のあるソフトスパイクシューズ
  • 簡単にホールドできるBOA(ボア)
  • 履き心地と頑丈さでフットジョイ

この3項目でシューズを選んでいます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

>>フットジョイのソフトスパイクシューズ(BOA)ラインナップはこちら

>>ゴルフシューズ売れ筋ランキングはこちら

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事