ゴルフルールの基本 2016年版①こんなときどうする?

ゴルフ ルール 基本2016

初心者にとってはゴルフのルールはとっても複雑に感じてしまいます。それに、ベテランの方でも「こんなときはどうだったっけ?」なんてアヤフヤなルールもありますよね。
ここではラウンド中によくおこるけれども、ちょっと忘れがち・勘違いしがちなルールをカンタンに説明していきます。

スポンサードリンク

目次

ティーショットでのルール

青ティーでの競技だったのに、間違えて白ティーからティーショットしてしまった場合は?

間違えた場所でティーショットしてしまったら2打の罰を受けて、規定に則ったティーグラウンドからティーショットをしてください。
間違った場所でのティーショットの打数はカウントされません。

ティーショットをダフってしまい、ティーからボールが落ちてしまったので、慌ててボールを拾いティーアップして打ってしまった場合は?

1打の罰を受けてそのままプレーしてください。
ダフってティーから落ちたボールは、正式なスイングを行った際のインプレーのボールとみなされます。なのでそのボールを拾って打ったことによる誤所からのプレーと判断され、1打の罰を受ける結果となります。

空振りして、その風圧でティーからボールが落ちてしまった場合は?

そのままプレーを続行です。慌ててボールを拾って、ティーアップしてショットしてしまわないように注意してください。

ティーアップして素振りをしたら、ボールがティーから落ちてしまった場合は?

ゴルフ ルール 基本ティーショットいくらティーアップしていても、素振りやワッグルなどボールを打つ意思がない状態でボールが落ちた場合にはストロークとみなされず、罰は受けません。
ボールをティーに戻してください。

つまり、ボールを打つ意思があったか、なかったかで罰を受けるか受けないかが決まります。

ティーマーカーよりも前(でべそ)にティーアップして打ってしまった場合は?

誤所からのプレーと判断され2打の罰を受けて、正規のティーグラウンド内でティーショットのやり直してください。最初に打ったショットはカウントされません。

ショットで起こりがちな場合のルール

フェアウェイでボールの後ろがちょっと盛り上がっていたので、足で踏んづけて平らにした場合は?

ボールのライを改善したことになり2打の罰を受けます。

OBではなかったものの、OB杭が邪魔なので、杭を抜いてプレーした場合は?

OB杭は動かしてはいけません!杭は動かしていい杭と悪い杭がありますが、OB杭は動かしてはいけない杭なのです。動かした場合は2打の罰を受けます。OB杭が邪魔でプレーができない状態ならば、アンプレヤブル宣言をしてプレーしましょう。

【アンプレアブルの処置の仕方】
アンプレアブルをすると1打の罰を受けますが、その代わりに救済を受けることができます。

①そのボールを最後に打った場所あたりまで戻って、プレーする。

ゴルフ ルール 基本アンプレアブル
②ボールのある地点とホールを結んだ線上で、その後方にドロップする。後方ならいくら離れてもいい。
③ボールのある地点から2クラブレングス以内でホールに近づかない場所へドロップする。

2度打ちしてしまった場合は?

2度打ちはそのストークに1打の罰を加えます。2度打ちだからと2打の罰を付けてはいけません。
例えば、2打目に2度打ちをしてしまったとしたら、次は4打目となります。

バックスイングを始めたときに、風でボールが動いてしまった場合は?

罰はなしです。アドレス後に風などで自然に動いたボールは、そのままの動いて止まった状態にしてプレーを続けます。
もし打つ本人が原因でボールが動いたのならば、1打の罰を受けて、元の場所にリプレースします。

打つ前にうっかり、ボールを蹴ってしまった。

自分の責任でボールが動いてしまったときは、1打の罰を受けてそのボールを元の場所にリプレースします。

木の葉を取り除いていたら、ボールが動いてしまった

自分の責任でボールが動いてしまったときは、1打の罰を受けてそのボールを元の場所にリプレースします。
ボールが動かなければ、木の葉を取り除くことに罰則はありません。

ボールの側にいって、ソールをせずアドレスをしたときに、ボールが動いた場合は?

ソールしていなければ、罰はなく動いて止まった所からプレーを再開します。
ソールして自分が原因でボールが動いたのなら1打の罰を受けてボールは元の場所にリプレースしなければなりません。

ソールとは、アドレス後にボールの横にクラブを地面に接地することです。

打ったボールが前方の自分のバッグが入っているカートに当たってしまった場合は?

ゴルフ ルール 基本カート自分のバッグがあるカート自体がまるまる自分の携帯品扱いとなり、打の罰を受けてそのままプレーを続行します。

スポンサードリンク

自分本人は自分のキャディバッグ、自分のために動いてくれているキャディや自分の荷物の入ったカートは「自分の携帯品」となり、「自分の携帯品」にボールが当たると1打の罰になります。
前の組のカートならば、自分のバッグが入っていないので、「自分の携帯品」とはならず、当ててしまっても無罰となります。

打ったボールが木に当たって跳ね返り、自分に当たってしまった場合は?

1打の罰を受けて、そのままプレーを続けます。

ドロップしたボールが自分のクラブに当たってしまった場合は?

罰なしで再ドロップをしてください。

アイアンで上からボールを打ち込んだらボールが地面にめり込んでしまった。こんな場合は?

そのままプレーを続けるか、打てないならアンプレヤブル宣言をして、1打の罰を受けてプレーしてください。

【アンプレアブルの処置の仕方】
アンプレアブルをすると1打の罰を受けますが、その代わりに救済を受けることができます。

①そのボールを最後に打った場所あたりまで戻って、プレーする。
②ボールのある地点とホールを結んだ線上で、その後方にドロップする。後方ならいくら離れてもいい。
③ボールのある地点から2クラブレングス以内でホールに近づかない場所へドロップする。

雨の日にグリップが滑るのでタオルを巻いてプレーした場合は?

罰なしでプレーできます。その他、滑り止めをグリップに塗っても大丈夫です。
ただし、グリップの形を覚えるためにグリップの形を型どったものなどは違反となります。

アドレスした際に、クラブヘッドがボールに触れてしまったが、ボールは動かなかった場合は?

無罰でそのままプレーできます。

フェアウェイに着地したボールが雨でぬかるんだ地面に突き刺さってしまったら?

ゴルフ ルール 基本めり込んだボール罰なしに救済が受けられます。また、ボールを拭くこともできます。ボールのあった最も近い場所へドロップしてください。
この救済は、フェアウェイや短く芝を刈ったエリアだけに適応でき、ラフや林の中ではこの救済は適応されません。

池のある方向へボールが飛んでしまったが、池に入ったとは確認できなかった場合は?

5分間探しもしボールがなかった場合は、そのボールは紛失球(ロスト)となります。その際は、1打の罰を加えて直前に打った場所のあたりまで戻り打ち直します。
池に入ったのを目撃した・波紋が立っていたなどの確証がなければ、池に入ったことにはなりません。

木が邪魔な場合のルール

木の上に乗ってしまったボールが、自分のものか確認がとれない場合は?

ボールを探しはじめてから、5分以内に自分のボールであることを確認できなければ、紛失球(ロスト)となり、1打の罰を加えて、最後にプレーしたところの近くまで戻ってプレーしなければいけません。

木の上にあるボールが、自分のものであると確認ができたのだが、このままではどうやって打つのかわからない場合は?

ゴルフはあるがままの状態でプレーするのが前提なので、木の上にあって打てないのならば、1打の罰を加えてアンプレヤブルの処置をとるしかありません。

【木の上に乗ったボールのアンプレアブルの処置の仕方】
①そのボールを最後に打った場所あたりまで戻って、プレーする
②ボールの真下の地点とホールを結んだ線上で、その後方にドロップする。後方ならいくら離れてもいい。
③ボールの真下の地点から2クラブレングス以内でホールに近づかない場所へドロップする。

ボールが林の中に入ってしまったが、打てそうなので練習スイングをしたら、木にクラブがあたり葉っぱが2〜3枚落ちてしまった。こんな場合は?

葉っぱが落ちたことでは罰はありません
しかし、葉っぱが落ちたことで、スイング区域が改善された、つまりその空間が打ちやすくなったという事実があるならば、2打の罰を受けます。

ボールが林の中に入ってしまったが、打てそうなので練習スイングをしたら、木の枝を折ってしまった。こんな場合は?

葉っぱならともかく、木の枝ならば2打の罰を受けることになります。つまり、打ちやすく空間を改善したということになってしまうからです。

木を支える支柱にボールがくっついていて打てないときは?

ゴルフ ルール 基本支柱が邪魔木の支柱は人工的な動かせない障害物であり、救済を受けることができます。
ボールの止まっている地点に最も近い所にティーなどで印をつけて、そこから1クラブレングス以内にドロップする。

木を支える支柱が邪魔でアドレスできないときは?

上記と同じで、木の支柱は人工的な動かせない障害物であり、救済を受けることができます。
ボールの止まっている地点に最も近い所にティーなどで印をつけて、そこから1クラブレングス以内にドロップする。

 

まとめ

ラウンド中によくあることだけど、うっかりとどう処置していいか迷うようなルールを紹介しました。

ティーショットでのルール
ショットで起こりがちな場合のルール
木が邪魔な場合のルール

ルール説明はその2へ続きます

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事