ゴルフはパターが命!パッティングの基本の打ち方とアドレス・軌道で5打は縮まる

ゴルフ パター 打ち方 パッティング 軌道

いつもパットはテキトーに打っていて、カップに入る日入らない日のムラが激しく、スコアが安定しないって人は多いのではないでしょうか?

昔はパターには型がない。と言われ、パットは自己流で充分!という考えが主流でしたが、最近ではパターにも基本がある!というレッスンプロが多くなりました。自分も基本はちゃんとあると思っています。

ここでは、基本となるパッティング技術を知り、今までなんとなく打っていたパットから、技術で狙って入れる!というパット上手へと変われるようになってもらえたら…と思います。

スポンサードリンク

パターが上達するための基本アドレスと芯でとらえるボールの位置は?

パターでは遠くへ飛ばす必要はないのでスタンスは肩幅ぐらいか若干狭めがちょうどいいです。広すぎるスタンスだとカラダが左右に動きやすくて、ブレやすくなってしまうからです。

そして、パッテイングでもっとも大事なのがボールの位置です。

アベレージクラスのゴルファーはほとんどスタンスの真ん中にボールを置いています。しかし、これがパットを苦手にしていることの原因のひとつでもあるんです。

真ん中にボールを置いてしまうと、ついテークバックを大きく取りやすくなってしまい、逆にフォローを小さくなりやすいのです。そのため距離が合わなかったり、転がりのいいボールを打つことができなくなってしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

正しいボールの位置は、実はアドレスしたときの左目の真下なのです。この位置はほとんどの書籍やレッスンプロがすすめています。

しかし、日本のエースであり、世界でもパットに定評のある松山英樹のパットのボールの位置は、なんと・・・

 

左眉毛の下・・・なのです!

 

垂直に見えるパターでも実は3度前後のロフトがついている関係で、左目の下よりも少し遠くに置くほうが芯で捉えやすい。というのが彼の持論です。

また、あるトップアマと会話したときにも左目の下では、芯でとらえることはできない。さらにボール2個分、遠くに置くとちょうどいい。という人もいました。

しかし、数人に2個遠くの位置で試してもらったのですが、逆に遠すぎてうまく打てない!というのが全員の意見でした(笑)

なのでこのサイトでの結論としては、
パッティングでのボールの正しい位置は

 

左目の真下〜1個分離れた間

 

ということにしたいと思います。この間で自分にあった場所を各自で選ぶといいではないでしょうか。

そして、スタンスの体重配分はボールが左目の真下前後になるので、左に少し多く体重をかけて若干のハンドファーストになるのが自然な構えとなります。

パターアドレス ボール位置
  • スタンス・・・肩幅かそれよりも若干狭め
  • ボール位置・・・左目の真下〜1個分遠目
  • アドレス・・・左:右=6:4で若干ハンドファーストに構える

 

現代の芝ではストローク式が一番ベスト

ボールの打ち方には、

  • タップ式
  • ストローク式

の2種類があります。

 

タップ式とは、ボールをパターヘッドでパチンと打つやり方です。
これは以前のグリーンが重い(遅い)時代にスタンダードだった打ち方で、パチンと打たないとボールがなかなか転がらなかったので、みなこのタップ式で打っていたのです。

しかし、現在ではさまざまな芝の品種改良や整備技術が発達してグリーンが早くなってきており、この打ち方ではオーバーして距離が合わせづらく、プロではこの打ち方をする人はほとんどいなくなりました。

 

一方、ストローク式は、速いグリーンに適応した現在主流の打ち方です。
この打ち方だと、大きな筋肉を使うのでプレッシャーのかかった場面にも強いのです。

パチンと打つ打ち方はオーバーしやすく、繊細な手先で打つのでプレッシャーのかかる場面ではどうしてもミスをおかしやすいです。ぜひ、ストローク式のパッテイングを覚えて、どんな場面でもガツンと強気でカップインできるようになりましょう^^

 

ストロークの軌道は?シンプルがベストです

ストロークの軌道は、

  • イン・トゥ・イン円弧軌道
  • 真っ直ぐ引いて・真っ直ぐ出すストレート軌道
  • ストレート・トゥ・イン

の3タイプが代表的です。

 

イン・トゥ・インの円弧軌道

パッティング 軌道 イン・トゥ・インの円弧軌道

パッティングもゴルフスイングのひとつです。カラダを回すことでヘッドはインサイドへバックスイングされ、フォローもインサイドに振り抜くのがいい。というのが、この打ち方の考え方です。

一般的には、これはピン型のパターを使う人に合うストローク軌道とされています。

しかし、自分はこの軌道には反対なんですよね・・・・。

 

理由はむずかしいからです^^

 

イン・トゥ・インは意識しすぎると、軌道がまったく定まらなくなります。知らず知らず極端にインに引きすぎるようになったり、弧を描く軌道だとボールに当たるタイミングによって方向性が乱れやすくなり、ヒッカケや押し出しなどのミスが多くなってしまいます。

 

真っ直ぐ引いて・真っ直ぐ出すストレート軌道

日本のエース松山英樹がこの軌道でストロークしています。宮里藍の父でありレッスンプロである宮里優もこの軌道を推奨しています。

また、オバマ大統領への贈り物として有名になった山田パターの製作者・山田透もこの軌道でストロークすることを推奨しています。

通常、このストローク軌道はマレット型ネオマレット型などに最適な軌道とされていますが、宮里優や山田透は

たとえピンタイプであろうと、パッティングはこのストレート軌道がベストである

と説いています。

実際に松山英樹のパターはスコッティ・キャメロンピンタイプですが、彼はストレート軌道でストロークしています。

自分もこの軌道がアマチュアには一番単純でわかりやすく、ミスが少ない軌道だと思っています。実際に自分もピンタイプの山田エンペラーⅡをストレート軌道で打っています^^

 

ストレート・トゥ・イン

ストレート・トゥ・イン パッティング 軌道

自分の好きなレッスンプロの一人である桑田泉のクォーター理論ではこの軌道を推奨しています。

スポンサードリンク

フォローではストレートに出すよりも、インに引いた方がまっすぐに転がり、伸びがある球が打てるようになる、という考え方です。

あまりこの軌道を書いている書籍や雑誌は少ないのですが、リアルにレッスンプロと話したり、トップアマの人たちと話すと、この軌道で打っている!という人はけっこういたりします。

 

自分の個人的な結論としては、ベストはストレート軌道だと思っています。ボールを狙ったところに正確に送り出すには、シンプルなストレート軌道に勝るものはない!と思っています。

ストレート・トゥ・イン軌道イン・トゥ・インの円弧軌道よりも打ちやすく狙ったところに転がりやすいです。しかし、キツイ下りの傾斜ではひっかけるミスがでやすかったり、距離感がストレート軌道よりも合いづらいかな。と個人的には思います。

まずは、ストレート軌道で練習しラウンドしてみて、その後、パットがスランプに陥ったときにはストレート・トゥ・インを試してみるのがいいのではないかと思います。

山田パターの製作者・山田透がストレート軌道をマスターする矯正練習機を開発、販売しています。誰よりもパターをよく知る彼はそれほどまでに、ストレート軌道を強く推奨しているのです!

山田パター工房 考案 ドリーム54 パター矯正練習機 DREAM54 ※Gol-Mu(ゴルミュー)付属

 

パターストロークの打ち方|これで3パット撲滅

パッティングにおける、握り方・ボールの位置・ストロークの理想的な軌道はわかった!では、肝心の打ち方はどうすればいいのでしょうか?

ここではシンプルな打ち方を紹介します。

基本は

  1. ボールの位置を左目の真下〜1個分遠い位置の間でセット
  2. スタンスを肩幅かそれよりも狭くとる
  3. 体重配分は左6:右4
  4. 両肩とグリップエンドの三角形を意識する
  5. この三角形をくずさないように首の後ろのでっぱりを支点にして肩でストロークする
  6. 軌道は真っ直ぐバックスイングして真っ直ぐフォローを出すストレートを意識する
  7. バック1:フォロー2の割合でフォローを長くして打つ
  8. 打ち終わってもボールの合った所をしばらく見ている

 

【ポイント1】
アドレスでは、両肩と両肘とグリップエンドの五角形を意識するという人もいますが、五角形だと両肘に力が入ってしまいます。なので三角形のほうが余分な力が入らずストロークがしやすいです。

パター アドレス ゴルフ パター 打ち方

【ポイント2】
アプローチやパッティングなどの小さな動きのショットは絶対に手首を使わないように意識しましょう。アドレス時の右手の角度はそのままで、若干ハンドファースト気味で打つと転がりのいい球が打てます。

【ポイント3】
ストローク式の基本はバック:フォローが1:2です。この比率で打つことでボールを押す力が増して、方向性が安定していきます。

パターのヘタは人はバックを大きくして、ボールにヘッドが近づくにつれ減速する打ち方をしています。

また、こういう打ち方の人はバック:フォローが3:1ぐらいになっています。これではバックスイングしている時点で軌道がブレてしまい、フォローが短いのでショートする確率がかなり高くなります。

ゴルフ パター 打ち方

【ポイント4】
ボールを打った後は、ボールを追わないヘッドアップしない。これはゴルフをする上での絶対的な条件のひとつです。特に、パッティングでは打ったすぐにボールを追ってしまうことでヒッカケがでやすくなります。

打った後は、左の耳でカップインの音を聞くように顔を残す。と言いますが、どうしてもボールの行方が見たいなら、頭と顔は動かさずに目だけで追うようにするといいですよ。

まとめ

ここでは一気に、パットのアドレスの仕方・ストローク軌道・打ち方を紹介しました。なんとなくパターを手先で打っていては、いつまでも入る日と入らない日とで激しいムラがあって、イヤになってしまいます。

どんなときでも技術である程度、入る確率を上げる!

こういう気持ちを持って基本を重視しながら練習していくと、必ずカップインする確率も上がりますし、日によって入る入らないのムラも徐々になくなってくるはずです。ぜひ、毎日5分でもパター練習をしてみてくださいね。

◎パターが上達するための基本アドレスと芯でとらえるボールの位置は?

  • スタンス・・・肩幅かそれよりも若干狭め
  • ボール位置・・・左目の真下〜1個分遠目
  • アドレス・・・左:右=6:4で若干ハンドファーストに構える

◎現代の芝ではストローク式が一番ベスト
両肩・背中の大きな筋肉を使ったストローク式の打ち方がベストな打ち方

◎ストローク式パッティングの軌道を意識する
ストローク軌道はストレート軌道が、シンプルでターゲットへ狙いやすい

◎パターストロークの打ち方|これで3パット撲滅

  • ボールの位置を左目の真下〜1個分遠い位置の間でセット
  • スタンスを肩幅かそれよりも狭くとる
  • 体重配分は左6:右4
  • 両肩とグリップエンドの三角形を意識する
  • この三角形をくずさないように首の後ろのでっぱりを支点にして肩でストロークする
  • 軌道は真っ直ぐバックスイングして真っ直ぐフォローを出すストレートを意識する
  • バック1:フォロー2の割合でフォローを長くして打つ
  • 打ち終わってもボールの合った所をしばらく見ている

 

 

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事