ゴルフ・パターはグリップの握り方で決まる|ミスの傾向で選ぶ3つの型

ゴルフ パター グリップ

ゴルフのスコアメイクで一番重要なのが、ドラ・・・ではなくて、パターです。

一番手軽で家でもカンタンに練習できるはずなのに、パターって練習しない人がとても多いんですよね。松山英樹だって、タイガー・ウッズだって、どのショット練習よりも一番多く時間を割いて練習するのがパターなのに・・・。

でも、実際にパターを練習しようとしても「パターに型なし」と言われるくらいだから、テキトーでいいや!っなんて思っていたら大間違いです。

やはり基本となる、カップに入りやすい握り方打ち方というのは存在しています。ここでは、パターの基本となるグリップの握り方を3つのタイプに分けて紹介したいと思います。まずはしっくりとくる、自分に合った握り方を見つけましょう!

パターの握り方|これが主流な握りの3タイプ

逆オーバーラッピンググリップ

パッティングでアマチュアもプロも断然多いのが、この握り方です。両手の一体感が一番強く感じられ、パターを上から吊るすように握りやすいです。

一番自然に違和感なく握れ、自分の距離感やフィーリングを出しやすいと言われています。

逆オーバーラッピング

正面から

逆オーバーラッピング

横から

【握り方】
名前の通り、ドライバーやアイアンを打つときのオーバーラッピンググリップの逆です。
左手の人指し指を右手の小指または薬指の上にかぶせて握ります。

左右の親指はグリップの真上に置くと安定します。

【こんな人に向いています】

  • 自然に違和感なく握りたい人
  • 自分のフィーリングを重視したい人
  • 繊細で微妙なタッチを出したい人

クロスハンドグリップ

クロスハンドグリップは左手首が固定され、小手先でクラブを使う動きを抑えることができます。そのため肩を使った大きな筋肉でストロークできるようになり、方向性や球の転がりがよくなります。

ストローク式のパッテイングをするなら理想的な握り方であると、帝王ジャック・ニクラウスはこの握り方をとても絶賛しています。

ボールの方向性が悪かったりボールの転がりが悪い場合は、小手先で打っている場合がほとんど。それを矯正のためにクロスハンドグリップで練習するというドリルもあります。

一時期、パットが不調だった宮里藍がクロスハンドグリップを取り入れて復調したように、プロでも一時的にこの握り方を取り入れている人は多いです。

しかし、プロはともかくアマチュアには、微妙なタッチが出しづらいとか、どうしても握りづらくてしっくりこないという声も多い握り方です。

クロスハンドグリップ

【握り方】
ドライバーやアイアンショットを打つときの左右の手の位置がになります。
右手がグリップエンド側、その下に左手がくるように握ります。

左右の手をくっつけると、カラダのバランスが左右対称に近づきますし、指1本分くらい離すとパターのフェース面を強く感じることができます。実際に試してみるといいですよ。

【こんな人に向いている】

  • テークバックが大きく、フォローが小さい人
  • 右手でこねるクセがある人
  • アドレスで右肩が前にでてしまう人
  • 球の転がりが悪い人

クロウグリップ

クロウとはかぎ爪はさみの意味。PGAツアーでは、アダム・スコットフィル・ミケルソンセルヒオ・ガルシアらがこの握り方をしています。

長尺パターのアンカリング規制により、パッテイングに苦しんだ多くのプロがこのクロウグリップを採用して復活しています。

この握り方は逆オーバーラッピングやクロスハンドとは違って、利き腕である右手を最大限に活かすことができます。

クロウグリップ

正面から

クロウグリップ

横から

【握り方】
左手はグリップを吊るすように持っているだけ。
右手は横から親指・人指し指・中指で軽くつかむにように握ります。
方向性も距離感もすべて右手でコントロールしていきます。

【こんな人に向いている】

  • 右手でこねるクセがある人
  • アドレスで右肩が前にでてしまう人
  • カラダで打つよりも、利き腕の右手の感覚を最大限に利用したい人

 

番外編)長尺パターのグリップ

アマチュアでは長尺パターを使っている人は滅多に見かけません。プロでもアンカリングが規制されたことで長尺パターをやめて、一般的な長さ(32〜34インチ)のパターに変える人が増えています。

なぜアンカリングが規制されたかというと、グリップエンドをカラダの一部(胸やおなか)にくっつけることで強固な支点ができ、振り子ストロークが比較的カンタンにできるからです。

スポンサードリンク

詳しくは、下記の記事を参照してください。
ゴルフルールの基本 2016年版②アンカリングの禁止とは?

しかし、アマチュアで腰が悪い人は長尺を使うことで腰への負担を和らげることができるので、使用しているという人もいます。

グリップエンドをカラダから離して、正しい握り方をすればルール違反になることはありませんので、無理に普通サイズのパターを購入する必要はありません。自分が使いやすいのならば、そのまま長尺パターを極めていきましょう。

自分のミスの傾向に合わせて握り方を見つけよう

まず、最初は逆オーバーラッピンググリップで握ってパター練習するのがいいと思います。この握り方は基礎中の基礎であり一番自然に握れるので、両手の一体感がでて微妙なライにも対応しやすいのです。

この握り方でしばらく練習し、コースに出た後でどうしても、

  • ストロークでなくボールをコツンと打ってしまう
  • ヒッカケが多い
  • 手首を使ってしまう
  • ボールの転がりがよくない
  • 距離感が合わない

といった傾向が顕著ならば、徐々にクロスハンドグリップクロウグリップを試してみるといいでしょう。

逆オーバーラッピングでは右手が左手より下にくるので、自分でも気づかぬうちにアドレスで右肩が前にでやすいという欠点があります。

そのため、ヒッカケが多くなったり、若干カット気味にストロークしてショートする、転がりがよくないといったことが起こりやすいという面があります。

クロスハンドやクロウグリップでは、左肩と右肩が平行に構えやすいので上記のミスが出にくくなるはずですが、握り方に違和感を覚える人も多く、練習で慣れる必要があるでしょう。

逆オーバーラッピング

逆オーバーラッピング
右肩がでやすい

クロスハンドグリップ クロウグリップ

クロスハンドグリップクロウグリップ
両肩が平行になりやすい

  逆オーバーラッピング クロスハンドグリップ クロウグリップ
メリット
  • 両手の一体感があり握りやすい
  • 微妙なタッチを出しやすい
  • 背中の大きな筋肉を使うのでプレッシャーのかかる場面でもミスしにくい
  • 左右の肩が平行になる
  • 手首を使いにくいのでコネなくなる
  • 左右の肩が平行になる
  • 手首を使いにくい
  • 利き手を最大限に使えるので微妙なタッチを出しやすい 
デメリット
  • 右肩が前にでやすくひっかけやすい
  • 手首をコネやすい
微妙なタッチが出しづらい
  • 長いパットが打ちづらい
  • 手先で打つのでプレッシャーのかかる場面でミスがでやすい

どの握り方も一長一短です。初心者の方はまずは逆オーバーラッピンググリップで基礎を固め、ベテランでパットが苦手な人は自分の傾向を調べて、クロスハンドかクロウグリップを試してみるのがいいと思います。

まとめ

パターの練習は一番手軽でお金もかからないのにやらない人が多いです。それは、パッティングではOBやザックリといったミスがでないから、ついつい練習しなくてもなんとかなる!と思っているからです。

しかし、ライバルがあまり力を入れていないからこそ、アナタにはパター練習をして差をつけるチャンスがあるのです。

パターが苦手な人はまず、自分にしっくりとくる握り方を探すことから、はじめてみてはどうでしょうか。

◎パターの握り方|これが主流な握り3タイプ

  • 逆オーバーラッピンググリップ
  • クロスハンドグリップ
  • クロウグリップ

◎自分のミスの傾向に合わせて握り方を見つけよう

  • 初心者やプレッシャーにも強いパットがしたい人・・・逆オーバーラッピンググリップ
  • ひっかける、球の転がりが悪い人・・・クロスハンドグリップ
  • ひっかける、微妙なタッチが苦手な人・・・クロウグリップ

 

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事