ゴルフグリップ マメの位置でわかる右手左手のダメな使い方

右手左手の豆マメ力み

手に豆(マメ)ができる人は力が入り過ぎています。

自分も初心者の頃は両手ボロボロのマメだらけ。
右手の指の皮も剥けたりしていました。これってかなり右手でリキんで打っている証拠です(笑

でもマメにも、できて良いマメと悪いマメがありますのでここで紹介していきます。

スポンサードリンク

マメはバロメーター

なぜゴルフは左手にグロープをしているのかわかりますか?

これは以前習っていたレッスンプロから聞いた話ですが、

「欧米では古くからゴルフは左手のスポーツと言われていて、左手を使うから左手にグロープをはめて保護するんだ!もし右手を使うのなら右手にグローブをはめることになっていたはずだ!」と言うことでした。

なのに、初心者の方たちは右手、とくに親指や人差し指にマメがいっぱいできていませんか?

マメは打ち方のバロメーターです。上級者ほど両手に力を入れていないので手のひらはキレイなものです。女子プロの不動裕理選手は両手ともグロープをしませんが、アマチュアでも上級者でグロープをしない人はけっこういたりします。

それだけ、力を入れずに脱力ができているということですね。

右手のマメ

右手の薬指にマメができる

もしゴルフが右手で打つスポーツなら右手を守るために右手にグロープをはめるはずです。なので右手にマメができるということは相当右手を使ってリキんで打っていることになります。

右手の薬指にマメができるのはダメなマメです。
グリップでボールを押しにいっています。

正しいグリップでは本来、ただ下から支えているだけなのが薬指の仕事です。なのに、この指にマメができるということは右手で打ちにいっていることの証明なのです。

これが右手の第一関節と第二間接の間の皮がすれたり、剥けるだけならば問題はないでしょう。皮膚がグリップとすれてきているのでもう少し、しっかりと隙間なくグリップしてみてください。(力は入れないように)

右手の中指にマメができる

ここにマメができるのも叩きにいっているからです。中指を中心に手のひら全体で打ちにいっている証拠なのですが、思いっきり叩きに言っている傾向があるのでボールは逆に飛ばずに、フェースが開いて右へ押し出すか、スライスすることが多くなります。

とにかく初心者は利き腕の右手で叩くとボールが飛ぶ!と思ってしまうのですが、これがゴルフの怖い勘違いなのです。
ゴルフのスイングは左手でゆったり振るほうが飛ぶ!ということを意識に根付かせてください。

ゴルフのグリップでオーバーラッピングが一般的なのはなぜでしょうか?
右手の小指を離して握ることで、右手の力を弱くして左手と同等の力加減にするためです。そうすることで、左手を使いやすくしているのです。

参照「ゴルフグリップ|握り方次第でスイングが良くも悪くもなる

右手の人差し指と親指にマメができる

よく右手は親指と人差し指で握ると言われていますが、この2本にマメができるのは強く握りすぎな証拠です。この2本を強く握ることでスイングがカット軌道になり、スライスが出やすくなります。

「しっかり握る」ということは「強く握る」ということとは根本的に違います。
入れてないけど隙間なくぴったりとグリップを握る。これがしっかりと握るということです。

ギュッと力いっぱい握るとはまったく別物なので注意してください。
強く握りすぎると親指と人指し指の間も開いてしまう傾向があります。この指の間をキュッと締めることを意識すれば、親指と人指し指の間ではさむ力も緩むと思います。

こちらのページで親指と人指し指の間をキュッと締めるコツを参考にしてみてください。

結局、右手のマメは要注意

とにかく、右手にできるマメは全部悪いマメだと思ってください。

右手で速く振らないと飛ばない!
右手で叩きにいかないと飛ばない!

・・・などとついつい錯覚しがちですが、こう思い込んでいる人はゴルフのスイングは左手一本でするもの!と考えるくらいでちょうどいいです。

中指、薬指の皮が剥けたりマメができるのはまだ良い方ですが、人指し指と親指にできるマメは絶対にグリップの力加減を直しましょう。

右手はそえるだけ by 桜木花道「スラムダンク」より

右手の良いマメゴルフでも、右手は添えるだけを意識しましょう。イヤでもインパクト時に右手の力を反射的に使っていますから。

右手で良いマメはココにできるマメです。しっかりとグラブを親指と人指し指のV字で支えていることになりますからね。

スポンサードリンク

右手を添えるだけのスイングはこちらの記事[ゴルフスイングは右手を使わない!添えるだけのスイングの作り方]を参考にしてください。

 

 左手のマメ

左手では親指と人差し指付け根にできるマメは悪いマメです。

悪いマメ

本来、ゴルフグリップは左手の中指・薬指・小指の三本で握るものなので、親指・人差し指の2箇所にマメができるということは、正しいグリップをしていないということの証明になってしまいます。
グローブをはめていて、ここの部分に穴が開くというのは要注意です。

 

 

 

左手で良いマメとはここにできるマメです。

良いマメ

当然と言えば当然。ここにマメができるということは、セオリー通りに 3本の指で握るグリップができているという証拠です。ゴルフグロープもよく考えられていて、マメができやすいこの部分を厚めに作ってあるはずです。

 

 

 

スイングは左手で

上にも何度も書きましたが、ゴルフのスイングは左手主導です。
有名なベン・ホーガンはレッスン書のバイブル「モダンゴルフ」の中で

「右手のひとさし指と親指(つまり右手)はスウィングの破壊者である」

と書いています。

確かに上級者の中では「右手で叩け!」「インパクトで右手を伸ばす!」などとアドバイスをしてくれる人はいます。しかも、実際のところそれは間違ってはいません!

でも100切り・90切りを目指している人たちには、そのアドバイスはまだ早いのです。
小学生に高校生の数学を教えているようなものなのです。

取り敢えずゴルフスイングを簡単に考えて、速く100切り・90切りをしてしまいましょう。

「右手で叩いて長くインパクトすれば飛ぶ」
「下半身を先行して、クラブはトップの位置に置いておく」

こういうことは、ある程度いいスコアがでるようになってから取り入れていきましょう。

ゴルフは左手一本で打つ!

このくらいシンプルに考えていたほうが迷いはなく上達速度は早くなると思います。

正しい腕の振り方がわかれば、悪いマメはできなくなってきますよ!
↓↓
参考:桑田泉の「クォーター理論でゴルフが変わる」【DVD】で本当にゴルフが変わるのか?体験を書いてみた!

まとめ

ゴルフの練習をすることでどうしてもできてしまう豆(マメ)。
でもマメは努力の証でもありますから、マメができる自分を褒めてください。

そしてこれからはできても良い部分にマメができるように意識して練習しましょう。

マメはバロメーター
マメにはできても良いマメと悪いマメがあります。

右手のマメ
右手にマメができる人はリキみ過ぎです。ゴルフは最小の力で最高のパフォーマンスを引き出すことができる省エネなスポーツです。
どんどん、力を抜きましょう。

右手の薬指にマメができる
右手の中指にマメができる
右手の人差し指と親指にマメができる
結局、右手のマメは要注意
これらにマメができているということは、打った球も暴れてしまうし、リキみで疲れるしでいいことがありません。
とにかく右手にできるマメは悪いマメと思って、力を抜いて練習しましょう。

右手を使わないスイングの作り方はコチラを参照⇒ゴルフスイングは右手を使わない!添えるだけのスイングの作り方

左手のマメ
左手にできるマメは場所によって、良いマメと悪いマメにわかれます。

スイングは左手で
ゴルフは左手主導のスポーツです。右手は添えるだけと割りきって左手一本で打つくらいのイメージで練習に取り組みましょう。

 

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事