ゴルフはバックスイングの上げ方が命!縦振りと横振りの意味と肩を回すコツ

ゴルフ バックスイング

ゴルフというスポーツは勘違いの宝庫です。

一見同じことを言っている言葉でも実際にしている動作が違っていることが多々あります。自分がその中で最も重要であり、なおかつ勘違いが多いと思うのが

肩を回す・・・という言葉です。

ここでは、「肩を回す」という言葉の本当の意味を自分なりに解説したいと思います。

スポンサードリンク

あなたのスイング軌道は正しいですか?

ゴルフを野球のバッティングと同じようなイメージだと思っている人はかなり多いです。

だから、ついそのイメージのままクラブを振ってしまうので最初はスライス地獄から抜け出せなくなるのです。以前の自分も、野球のバッティングをイメージしてスイングしていました。

しかし、いつまでもバッティングのイメージでスイングしていると長いことスライスは治らないし、スライスが止まると今度はフック地獄・・・という負の連鎖が起こります。これでは時間がいくらあっても足りません!

 

ズバリ言ってしまうと、

  • 野球のバッティング=横振り(横回転)
  • ゴルフのスイング=縦振り(縦回転)・・・なのです。

 

なのに、多くのゴルファーはゴルフスイングを横振りと勘違いして練習しているのです。

 

横振りはミスショットの要素がいっぱい

ゴルフ バックスイング

ゴルフを横振りで覚えてしまうとミスショットの確率が極端に増えてしまいます。例えば、

  • 右のカカトが上がりやすくなり、プッシュアウトやシャンクの確率が高くなる
  • 右の肩が突っ込みやすく、ヘッドアップしやすくなる
  • アウトサイドインの軌道になり、スライスがでやすくなる
  • 頭ごと左へ突っ込みやすくなる
  • 左脇があきやすくなる
  • 左肩の開きが早くなり、左腕がアームローテーションをしないままでインパクトしやすくなる

・・・などなど、スライスやシャンク・チーピンなどの原因がどっさりとてんこ盛りになってしまいます。

 

しかし、ほとんどのゴルファーは横振りがゴルフの常識だと思っているので、ミスショットの原因を他に探そうとしてします。

多くのゴルファーが横振りのイメージを強くさせる原因は、「肩を回す」という言葉のせいだと個人的には思ってます。誰しも「回す」というと横の回転をイメージしてしまうです。

 

縦振りをカンタンに理解するコツはパッティング

長いことゴルフをしている人ならば「ゴルフスイングはドライバーからパターまで全部同じ」と言うプロの言葉を、どこかで見聞きしたことがあると思います。

 

以前の自分はこれを聞いて「どこが同じなの?」という感じで、この言葉の意味がまったく理解できませんでした。しかし、上達するに連れてこの言葉の意味が自分なりにわかってきたのです。だんだんと理解できたのです。
同じだというのはつまり・・・

 

バックスイングのやり方

 

だと自分自身は理解できたのです!

 

クォーター理論を教えている桑田泉プロはDVDや本で最初にパターのレッスンから入ります。それはパターはゴルフのスコアを決める要でもあるし、なおかつ全てのショットの基本だからです。

 

結論を言ってしまうと

パターのバックスイングは全てのショットのバックスイングと同じ

・・・ということです。

 

パッティングをするときは現在ショルダーストロークが主流で、これは肩を交互に上下して打つ打ち方ですよね。

ゴルフ 縦振り

つまりこの肩の使い方が、縦振りのバックスイングのやり方そのものということなんです。

 

実際にパッティングのショルダーストロークのバックスイングからトップの位置まで上げてみると、かなり縦方向に上げている違和感を感じる人が多いのではないでしょうか?

もし、鏡がある人は鏡の前でやってみてください。左肩が右肩よりもかなり下にあるカッコイイトップが完成しているはずです。

ちなみに横振りをしている人の多くは、左右の肩がほぼ平行だったりします。

ゴルフ 縦振り
スポンサードリンク

これでは、トップの状態ですでに前傾が崩れてミスショットする気マンマンにみえてしまいます。
つまり、肩を回すという言葉は、

(パッティングのストロークのように)肩を回す

というのが正しい捉え方だと思います。

 

縦振りにはナイスショットの要素がいっぱい

横振りにはミスショットの要素がてんこ盛りであることを上記で紹介しましたが、逆に縦振りにはナイスショットを生み出す要素がてんこ盛りなのです。

  • 頭が後ろに残りやすくなる
  • アームローテーションが自然にやりやすい
  • 右足のカカトがめくれにくくなる
  • インパクトゾーンが点ではなく線になるので、方向性がよくなる
  • 上から下へクラブを落とすので落下速度を利用でき、飛距離アップにつながる
  • 欧米プロのようなスイングスタイルに近づける

・・・などなど

ゴルフ 縦振り

自分は縦振りを覚えてから、左右のブレが少なくなり、ときどきやってしまうダフリも減り、一気にハンデを縮めることができました。もしゴルフスイングで悩んでいるならばぜひ、横振りイメージから脱却して縦振りを練習してみてください。早い段階でレベルがワンランクアップできるかもしれませんよ。

 

まとめ

最初に縦振りを知ったのはレッスンスクールに通っていたとき、プロから教わりました。

習っていたときはやはり野球のイメージしか持っておらず横振りしていたのですが、プロからは

縦に振れ!

・・・とよく言われていました。そしてレッスン中では縦に振っている感じでも、1人で練習場で練習するときはもう横振りに戻っていました。
当時は縦に振るということが全然理解できていなかったんですね。

 

家に帰ってレッスンの復習のためにノートを残しておいたのですが、

パッティングのテークバックのように

・・・との走り書きはしてあるのですが、そのスクールを辞めるまで、そのノートは見返さずに忘れていました(笑)

 

スクールを辞めてから数年後、上達の壁にぶつかっていたときに、ふと昔のノートを発見してパラパラと見返してみたときに・・・そのとき、いろいろな今までの知識やレッスン内容が自分の中ではじめてつながったんです!

アームローテーション、縦振り、ビハインド・ザ・ボール・・・

当時は、縦振りを教えてくれる人や本には出会っていませんでした(なかったのかもしれません)。
今思うとレッスン内容をノートしておいて本当によかったと思います。

あなたも最初は理解できないことが多いかもしれませんが、ゴルフを続けていればいずれ必ず、以前わからなかったことが突然理解できるときがきます。

腐らず、あせらず、そのときできる範囲の中でゴルフの修練を一生懸命してみてください。必ず後々になっていろいろな知識がつながってくるときがくるはずですから^^b

 

◎あなたのスイング軌道は正しいですか?

  • 野球のバッティング=横振り(横回転)
  • ゴルフのスイング=縦振り(縦回転)

◎横振りはミスショットの要素がいっぱい

  • 右のカカトが上がりやすくなり、プッシュアウトやシャンクの確率が高くなる
  • 右の肩が突っ込みやすく、ヘッドアップしやすくなる
  • アウトサイドインの軌道になり、スライスがでやすくなる
  • 頭ごと左へ突っ込みやすくなる
  • 左脇があきやすくなる
  • 左肩の開きが早くなり、左腕がアームローテーションをしないままでインパクトしやすくなる

など

◎縦振りをカンタンに理解するコツはパッティング

スイングはパッティングのバックスイングのようにショルダーストロークのイメージで行う

◎縦振りはナイスショットの要素がいっぱい

  • 頭が後ろに残りやすくなる
  • アームローテーションが自然にやりやすい
  • 右足のカカトがめくれにくくなる
  • インパクトゾーンが点ではなく線になるので、方向性がよくなる
  • 上から下へクラブを落とすので落下速度を利用でき、飛距離アップにつながる
  • 欧米プロのようなスイングスタイルに近づける

など

 

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事