ゴルフドライバーでひっかけ!手首の使い方・打ち方のコツ3つのルール

ドライバー ひっかけ

自分はゴルフは手打ちから始めたほうが上達が早いと思っています。

なので、知り合いや友だちには手打ち(アームローテーション)から教えているのですが、アイアンではうまく打てるようになっても、そのスイングをドライバーなどのウッド系で応用することができずに、ひっかけチーピンになってしまう人がけっこう多いのです。

ここでは、アームローテーションを使ったドライバーの打ち方を解説したいと思います。
とくに手首をこねてしまう人には参考になるかもしれません^^

スポンサードリンク

アームローテーションとは何ぞや?

自分が紹介しているアームローテーションとは

  1. 体の正面に腕伸ばして、両手の親指を立てます。
  2. 左手の親指を右手でつかみます。
  3. 左手親指をつかんだ右手ごと右親指を右肩に付けるようにします。(左手甲が空を向く)
  4. 今度は右手親指を左肩に付けるようにします。(右手甲が空を向く)

 

ゴルフアームローテーション手打ち

こういう腕の使い方をしてボールを打つことをいいます。

 

この腕の動かし方を覚えると、初心者でもはじめからボールを打つことができますし、ちょっとセンスのいい人だとすぐに左へ曲がるボールが打てるようになります。

つまり、ボディターンスイングでゴルフを覚えた人が悩んでいる、振り遅れのスライスに悩むことがなくなるのです。

ボディターンでゴルフを覚えた人
スライス→ フック→ ややストレートボール
アームローテーションでゴルフを覚えた人
フック→  ドローボール  or  ややストレートボール

 

最初に1ステップ省略できるので、自分はこの打ち方をすすめているのですがしかし、この打ち方だと8番アイアン以下ではうまく打てるけれども、それより長いアイアンやウッド系ではひっかけて全然打てない・・・という症状の人も多いです。

正直、自分も最初はドライバーやフェアウェイウッドは、この打ち方ではひっかけばかりで打てませんでした(T_T)

 

以下では、ドライバーでひっかけがでるときの注意点を紹介します。自分にどれが当てはまるのか確認してみてくださいね。

 

手首の使い方、間違ってませんか?

ショートアイアンウェッジでは正しくアームローテーションができているのに、ドライバーなどの長いクラブになると急に間違ったアームローテーション(おもに手首)の使い方になってしまう人がいます。しかし、このパターンが実はメチャクチャ多いのです(汗)

ズバリ、間違った手首の使い方とは、

ゴルフ 手首の使い方

【手首の動き1】

こういう動きです。扇子をあおいでいるような動きをしてしまっているのです。

正しい動きとは

ゴルフ 手首の使い方

【手首の動き2】

ゴルフ 手首の使い方

【手首の動き2】

こういう動きです。もう一度アームローテーションのやり方の図を紹介しますが、

ゴルフアームローテーション手打ち

この図のようにアームローテーションを行うと【手首の動き2】のような手首の動きをするのが正しいとわかると思います。

 

それが、長いクラブをもってしまうと・・・途端に【手首の動き1】のような動きになってしまう人が多いのです。

おそらく下の図のような、こういったイメージがどこかにあるからなのかもしれません。

ドライバー 打ち方 手首

 

また、ドライバーなどは長くて振りづらいために右脇がガバッとあきやすいために、気づかずにそのままアウトサイドイン軌道から【手首の動き1】のような動きでひっかけになるパターン・・・というのが考えられます。

スポンサードリンク

くれぐれも手首の使い方を間違えないように注意してください。
この間違いは、本当に多いですから・・・(汗)

 

ボールの位置をいろいろ試行錯誤してみる

もし、今のままでひっかけがでるのならばボールの位置も変えてみてはいかがでしょうか?

いい球がでないときは自分のスイングが間違っていることも考えられますが、ボールの位置を修正するだけで簡単に直ることだってあります。

 

ボールの位置を左右に動かしてみる

例えばボールひとつ分、右足寄りにしてみてはどうでしょうか?

ボールを右足寄りにすれば、だんだんと打ち出だし方向が右へ変わっていき、ひっかけからフック、そしてドローへと変わってくるかもしれません。

 

ボールの位置を前後に変えてみる

ドライバーなど長いクラブはどうしても野球のバッティングのように横振りしたくなります。

横振りのイメージが強いとボールからだんだんと離れたスタンスになりがちで、それにつられて手はハンドダウンになっていきます。

ドライバー 打ち方 コツ

ハンドダウンはダフりやすく、ひっかけやすいので最悪です!

ゴルフスイングのイメージを、横振りから縦振りのイメージに切り替えてボールに近づくようにしてみてください。

縦振りのイメージはこちらの記事を参考に↓

→ゴルフはバックスイングの上げ方が命!縦振りと横振りの意味と肩を回すコツ

 

アドレスは本当に大事です。ボールの置く場所によって、急にナイスショットに変わることもあるので自分のナイスショットがでる位置を探してみてください。

 

ドライバーは右足前で打て!

人間の感覚と実際に行われる動作で、タイムラグが起こることがあります。その最たるものがドライバーショットです。

ドライバーは長いがゆえに、アームローテーションの動作にもタイムラグが生じてしまい、左足前のボールをそのまま打とうとしてローテーションしたのでは、振り遅れるか、フェイスをかぶせてひっかけになってしまいます。

 

通常ドライバーは右足前あたりにボールがあると思ってローテーションを入れないとフェースの開閉が間に合わず、ナイスショットになりません。

ゴルフ 手首の使い方

自分の場合でいいますと、右足親指前あたりに仮想ボールがあると想定し、そこをみながらアドレスに入り、その仮想ボールを打つようにローテーションをしています。すると、自分の場合はタイミングがバッチリと合うのです。

つまり、自分の場合はまったくボールを見ないで地面をみながらスイングしているということです(笑)それでもちゃんと当たるんです^^

そして、ボールを見ないおかげで頭が右に残るし、体が開かずインサイドから振ることができるのです。

 

この仮想ボールの位置は、体格や柔軟性やシャフトの硬さ・長さなどいろいろな要素が絡んでくるので各人によって違うと思います。

だいたいスタンスの中央〜右足の小指の間で、各自仮想ボールの位置を試してみて自分がジャストミートできる場所を根気よく探してみてください。

 

もちろん、無理に地面を見ながらスイングする必要はありませんが、実際のボールの位置よりも右側でアームローテーションを開始することは、心がけてください。

 

まとめ

ドライバーでのひっかけ対策を解説しました。

かなりの人が長いクラブになると、手首の使い方を間違えてしまうことがありますので、しっかりと意識して直してみてください。

 

◎アームローテーションとは何ぞや?

  1. 体の正面に腕伸ばして、両手の親指を立てます。
  2. 左手の親指を右手でつかみます。
  3. 左手親指をつかんだ右手ごと右親指を右肩に付けるようにします。(左手甲が空を向く)
  4. 今度は右手親指を左肩に付けるようにします。(右手甲が空を向く)

アームローテーション(手打ち)からゴルフを覚えることで振り遅れのスライスに悩むことがなくなる

 

◎手首の使い方、間違ってませんか?

長いクラブになると右脇があき、アウトサイドイン軌道になりやすい。
その際に、手首を扇子をあおぐように使ってしまう人が多い。

正しい手首の使い方をしよう。

 

◎ボールの位置をいろいろ試行錯誤してみる
ボールの位置を左右に動かしてみる
ボールを右寄りにすることで、出だしが右へ飛ぶようになります。

ボールの位置を前後に変えてみる
ボールから離れすぎると手元がハンドダウンになり、ひっかけやすくダフリやすくなります。
いつもよりボールに近づいてみましょう。

 

◎ドライバーは右足前で打て!
自分の感覚と実際の行動にはタイムラグが生じるものです。

ドライバーは右足前にボールがあると仮定してアームローテーションを開始するとタイミングが合う。

 

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事