300ヤード飛ばすには?これがドライバー飛距離アップのコツだ!

300ヤード飛距離アップのコツ

ゴルファーならば、誰もが憧れる300ヤードのビッグドライブ!
なぜか、野球で150キロを投げるのは無理。バスケでダンクシュートは無理!と考えている人でも、ことゴルフに関しては300ヤードドライブならできそう・・・なんて考えてしまうものですよね、なぜか。

ですが、300ヤードは実際問題かなりキツイとしても、270〜280ヤードくらいならちょっとしたコツをつかむことで実現することは決して夢物語ではないと言えます。

このページでは、レッスンプロや飛ばし屋シングルが実際にやっている『飛ばしのコツ』をまとめていくつか紹介します。ぜひ、自分のスイングに取り入れて、憧れの飛ばし屋に変身してください!!

スポンサードリンク

右足荷重で飛ばせ!

ゴルフでは、アドレス時での体重配分は左右の重心がほほ均等の5:5か、左に少し荷重した6:4ぐらいがもっとも多いセオリーです。しかし、ドライバーでは右足に荷重をした方がいいというプロもいます。

 

プロコーチの山本誠二プロは右一軸打法を推奨していますし、私、ゴル9は昔習っていたレッスンプロからは『飛ばしたいなら、右足の上で回転するように打て!』と言われました。

この打ち方は体重移動のしすぎで左にツッコミすぎてバランスを崩す人にも、とても効果的なドリルになります。また、実際に、右足一軸で打つと勢いのよい高弾道の球がでるようになります。

飛距離アップ右一軸アドレスでは最初から体重は右:左で6:47:3ぐらいで右足に荷重しておきます。

アッパー気味に打つので若干右肩を下げるように構えます。
後は、右足の上で体を回転するように打ってみてください。

最初は、明治の大砲のようなフィニッシュになっても構いません。逆に、打つ瞬間に左足を浮かせて右足一本で打つ練習方法が効果的です。

まずは、フィニッシュのことなど考えずに、右足の上で回転して打つことに専念しましょう。
慣れてくると、フィニッシュでちゃんと左足に体重がのり、フィニッシュも決まるようになります。

また、この打ち方は以下のような症状に悩んでいる人へのドリルにもなります。

  • 体重移動のしすぎで左にツッコミすぎてバランスを崩す人
  • スライスが止まらない人
  • ドライバーが低弾道なので、高弾道の球を打ちたい人

難しい体重移動を考えずにシンプルな打ち方なので、ゴル9としてはオススメの打法です。

 

両足をねじって飛ばせ!

ご存知ですか?プロゴルファーやシングルは両足を静かに物凄く使っています。しかし、アマチュアはただポツンと立っているだけで足の力を全然使っていない人が大半です。

プロやシングルは足の指でしっかりと地面をつかむように踏ん張ってアドレスしています。足の指までも目一杯つかって、飛距離と方向性をどんよくに確保しようとしているのです。
そして、バックスイングでは両足を時計回りにグリっとねじるように回転させ、ダウンスイングでそのねじりを解放させるように時計の反対周りに回転させて打ちます。

飛距離アップ足ねじりこの打ち方での注意は、ダウンスイングの際に、足と一緒に上半身も左へ流されやすいということです。
まず、最初に十分にねじった足を時計の反対周りに回転させてから、上半身は後からついてくるように動き出すこと。

下半身先行の打ち方なので、難しく私としてはあまり好きな打ち方ではないのですが、この打ち方は桑田泉プロも推奨していますし、知り合いの飛ばし屋は、この両足ねじり打法でかなり飛ばしています。

 

左足を伸ばして飛ばせ!

プロの大山志保をコーチしている鶴見功樹(つるみこうき)プロやその他のプロも推奨している足の使い方です。
かつてドラコン日本一になったことがある、安楽拓也(あんらくたくや)プロも同じようなことを提唱しています。彼の場合は、「左足を踏み込む」と言っていますが、意味としては同じことを指しています。

左足を踏み込むとは、左足を地面にめり込ませるイメージで、実際にめり込ませるように踏み込むと左膝が伸びていきます。

そして左膝が伸びることで左足が自然と回転軸になって体が回る力を利用するのです。

ゴル9はボディターンという言葉が大キライです。
背骨を軸にして回転しながら打つというセオリーがゴルフを難しくしているものだと思っています。

しかし、この打ち方は無理に背骨を回転軸にするのではなく、踏み込むことで左膝が伸び、自然と左足が回転軸になってしまうのです。実際に試してみるとわかると思いますが、左足を踏み込んで左膝を伸ばすことで体が自然にクルリと回転すると思います。

飛距離アップ左ひざ

さらに、思いっきり踏み込んで左膝を早く伸ばすことで、体の回転もさらに早くなり、結果飛ぶようになります。
フィニッシュでは右足が自然と勢いで左足の内腿(うちもも)とくっ付くのが理想です。

この打法もアッパー軌道で打ちますのでアドレスでは右肩を下げたアドレスになります。

スポンサードリンク

注意点としては、コンクリート道路の上で踏み込みの練習などをすると左ひざを痛めてしまうことです。必ず土や練習場の地面が柔らかい所で練習してください。

ゴル9は左ひざを痛めてしまったので、この打法は見送った過去があります・・・(汗

 

右ひじを曲げて飛ばせ!

インパクトで両腕を伸ばしきっている人はとても多いです。たぶん、ゴルフ雑誌などの連続写真などで両腕・両足を伸ばしきった感じでフォローしている写真を見ているからだと思いますが、インパクト時は関節は曲がっていた方が飛びます!

 

この説は、中井学(なかいがく)プロやZ打法を提唱した故・若林貞男プロ、ドラコン選手の和田正義プロも書籍などで語っています。また、女子プロの藤田光里プロも右ひじを曲げることが飛ばしの秘訣だと言っています。
写真は松山英樹プロがドローを打つときのインパクトです。

松山インパクト人間は重いものを運んだり、押したりするときは腕の関節は曲げていますよね。人体の構造上関節を伸ばしきった状態では強い力がでないようになっています。

ドライバーショットも同じ理屈です。
打ち方は、

1)右ひじを少し余裕をもって湾曲させるように曲げてアドレスする。

2)ダウンスイングでは、その曲げた状態でインパクトするイメージでボールを叩くようにする。

セオリーでは右ひじは脇腹に付けるようにとありますが、ドライバーショットのときだけ少し右ひじを外側に緩めて湾曲させるようにアドレスして打ってみてください。常識を破ってひじを曲げてみることで違った光景が見えると思います。

実際に試してみるとストレート系の捕まった、とても力強いショットがでると思います。
ぜひ、右ひじを脇腹につける常識を一旦横に置いて、試してみてください。

 

・・・と、これまであげた飛距離アップのコツの中では、この右ひじのコツが一番簡単で即効性があるコツだと思います。
右ひじを曲げたまま打つというイメージだけでとてもシンプル。右ひじ曲げのイメージのみで、下半身主導・・・などの余計な考えがなくなるため、再現性もかなり高い打ち方です。

 

ゴリさん
今まで闇雲に振り回すだけだったので、今後はこういったコツを取り入れてカッ飛ばすぞ!
ゴル9
ちなみに、私は右足荷重で右ひじ曲げて打っています。方向性もいいのでOBはほぼ打たなくなりましたよ。

 

いかがでしたか?
他にも飛距離アップのコツはあるのですが、それはまた次の機会に紹介したいと思います。
なお、上記で紹介した打ち方のコツはあくまでも、ある程度のドライバーの基本ができた上で付け加える『スパイス』のようなものだ、ということを付け加えておきます。

しっかりと基本的な打ち方を覚えた上で、自分の打ち方に無理なく、取り入れやすいコツを選んで実験してみてください。

何かの雑誌の記事や人づてですでに聞いたコツもあるかも知れませんが、ただ知っているというだけでは何の意味もありません。飛距離に悩んでいるのなら、ぜひどれかひとつでも練習に取り入れてみてはいかがでしょうか?

  さらに、飛距離のことを考えるなら今度はアナタのドライバーが合っているかどうかを考えてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事[ゴルフドライバーで球が上がらない人を飛距離アップさせるには?]では、ドライバーの構造を理解して、自分に最適なクラブを見つけることで、さらに飛距離を伸ばすことを紹介しています。

 

まとめ

飛距離アップは十分な基礎ができていれば、その上にちょっとしたスパイスをふりかけることで短期間に劇的に伸ばすことも可能です。

右足荷重で飛ばせ!
右一軸打法で飛ばす打ち方。右足の上で体を回すように打つことで高弾道のショットが可能に。

両足をねじって飛ばせ!
テイクバックで両足を十分にねじり、ダウンスイングでそのねじりを一気に解放。
アマチュアはほとんど足をねじるというコトをしていないので違和感があるかもしれません。

左足を伸ばして飛ばせ!
左ひざを素早く伸ばすことで体が早く回転します。多くのプロがこのやり方を推奨しています。
が、左ひざを痛めないように注意が必要です。

右ひじを曲げて飛ばせ!
インパクト時では両腕は伸ばさない。右ひじを湾曲に曲げたままインパクトするイメージで打つ。
もっともシンプルで効果的な飛距離アップのコツです。

スポンサードリンク

本気で上達をめざす人だけ読んでほしい!

「真剣に練習しているのに全然うまく打てない・・・」
「後から初めた人にどんどん抜かれて、つらい、悔しい・・・」
妻に「マメに練習してもちっともうまくならないじゃない!」と嫌味を言われる・・・
「自分のスイングをなんだか馬鹿にされているようで、ゴルフが面白くない・・・」
「シングルになりたいので、最短でうまくなる方法を探している・・・」

などゴルフに本気で取り組んでいる人にはさまざまな悩みがあるはずです。
一生付き合うと決めた趣味のゴルフでは絶対に妥協したくないという人はかなりの数、存在しています。

自分の経験から言うと、ゴルフは80台をコンスタントにだせるようになってからが楽しいざかりの本番です!80台前半がでることで周りの人の目がワンランクもツーランクも変わるのがはっきりとわかります。

態度の無礼なおじさんや、礼儀の知らない若造もこちらにそこそこの実力があるとわかると、態度を軟化して接してくるものです。

だからこそ、自分は本気の本気ででゴルフ上達を考えているのであれば独学よりも短期集中で一気に基礎を学ぶことをおすすめします。

なぜなら自分は過去にだらだらと100万円以上をかけてスクールに通ったにもかかわらず、100切りがやっとでしたから・・・

ぜひ、真剣にゴルフのレベルアップを目指している人は読んでほしいと思います。

 

よく読まれている記事