佐久間馨のSメソッドゴルフの評判は?本より漫画が最高!スイングよりメンタルに効く

『練習嫌いはゴルフがうまい』という本で有名な佐久間馨さん。自分はこの佐久間馨が出演しているYoutube動画「佐久間馨のSメソッドゴルフ言いたい放題」でゴルフのメンタルを日々勉強させてもらっています^^

そんな佐久間馨の提唱するスウィング理論「Sメソッドゴルフ」について今回はちょっと感想を述べたいと思います。

スポンサードリンク

佐久間馨がこだわる2cmとは

佐久間馨 Sメソッド

とにかくラウンド前でも練習をしないという佐久間馨。そんな彼の信条は『2cm』へのこだわり。

2cmとは、クラブヘッドがボールに当り、ボールのコアが潰れて飛んでいく。その間にクラブが移動する距離のことらしい。

ヘッドスピード40m/sだと2cm、45m/sだと2.5cm、クラブは移動するということです。

つまり多くのアマチュアが体の動きばかり気にしてゴルフ理論本を読んでいますが、佐久間馨は体の動かし方よりも、クラブヘッドをいかにボールに効率よく衝突させるかに重点を置いた理論を提唱しているのです。

佐久間馨が提唱するSスイングメソッドとは?

Sスイングという名前の由来は

  1. Simple シンプル
  2. Scientific サイエンティフィック(科学的)
  3. Stopper ストッパー(身体の関節をストッパーとして利用してスイングを加速させる)

の頭文字を取って名づけられたものです。ほかにもショルダーブレード(肩甲骨)セパレート(分離する)の意味も込められているとかいないとか。

Sスイングメソッドとは科学的にスイング動作を研究した結果、いかに自分の意識で動かす部分を単純化(シンプル)させ、身体の各関節を加速とストッパーとに役割を分けて効率よくヘッドスピードを上げ、ミート率を高めナイスショットをカンタンに放つ理論のことです。(勝手な解釈です)

スイング動作も今までになくちょっと独特

スイングの始動はとてもカンタンなのがSスイングの特徴。

方法は右ヒジをちょっと後ろに引くだけでOKらしい。これだけで一連のゴルフスイングがオートマチックに連動してフィニッシュまでできるというから驚きです。

理屈では右手をパーの状態に広げてから、右手を前へ習えの状態で伸ばす。その状態で右ヒジを引くと、人指し指を軸として自然と手のひらが上を向く。

この人体の構造を利用してバックスイングをするのです。クラブをもって右ヒジを引いてみるとなるほど、かなりインサイドに引いている感じはしますが、バックスイングはできます。

そして今度は、ダウンスイングですが、鎖骨肩甲骨を1つのパーツとしてアウターコアと名付け、この部分をテイクバックの位置から左へクルリと回すのです。

胴体肋骨・背骨・骨盤インナーコア)は動かさずこのアウターコアだけを動かすというのが新鮮です。今までの消しゴムを捻るように体を捻る、という理論とはちょっと違います。

そしてアウターコアを左へクルリと回しダウンスイングをする際に、左手の中指・薬指・小指でグリップをへし折るようにギュッと締めるのです。指を締めることでグリップエンドが急反転し、その反動でクラブヘッドが急加速。クラブヘッドがボールと衝突するという仕組みです。

練習場で試してみると、3本指ギュッのタイミングはちょっと難しいですが、打てないこともありません。最初はかなりフックボールがでますが(汗)

読むとかなり人体構造的に理にかなっているようでワクワクしてしまうのですが、実際に練習場で実験してみるとなかなかうまく打てませんでした。

結局、自分としてはこの打ち方では、ナイスショットがかなり難しい感じを受けました。桑田泉のクォーター理論での手打ちの方法[桑田泉のクォーター理論なら手打ち・アームローテーションが簡単に理解できる!100切りの最短メソッド!]では、すぐに体得できてナイスショットを連発することができたので難易度的にはこちらの手打ちの方がカンタンに感じましたね。

スイングじゃない!Sメソッドの本質はこっちだ!

佐久間さんのSメソッドはこの身体の使い方がメインだと思われていますが、自分は違うと思っています。Sメソッドで本当に伝えたかったことは、メンタルな部分だと思うんです。

Sメソッドはラウンド中は肯定語を使う、否定語は使っちゃダメ

ゴルフをやっているとき、やたらと否定語を言う人っていませんか?

なんか、池に入りそうだなぁ…。
OBが気になって打ちにくいなぁ…。
3パットになりそうだなぁ…。

などなど。こういうのって聞いているこっちも段々とネガティブになって、気が滅入ってきます(汗)

Sメソッドではラウンド中は、こういった否定語の使用を禁止しています。

なんか、池に入りそうだなぁ…。→池を越えるぞ!
OBが気になって打ちにくいなぁ…。→フェアウェイキープを狙うぞ!
3パットになりそうだなぁ…。→2パットで決めるぞ!

という具合にすべて肯定語に置き換えます。この言葉の肯定語への変換がSメソッドのキモではないかと自分は考えています。

よくラウンドする友人がいるのですが、彼は普段は明るいのにゴルフになると途端に謙遜(けんそん)というか自己批判というか、否定語を連発したがります。

ナイスショットを打っても「これがもう今日イチかなぁ」とか、フェアウェイをキープしても「かえって打ちやすい所にあるとダフるんだよねぇ」といって実際にダフってたり…。

言葉の力というものは強力で言ったことは本当に起こりやすくなってしまいます。だから、否定語は使わずに前向きで明るい肯定語を使えば、その分いいことが起こりやすくなります。

自分もゴルフはもちろんですが、日常生活でもなるべく肯定語を使うように心がけています。やはり仕事でもバリバリできる人や、ゴルフ上手な人って肯定的な言葉を使っている人が多いんですよね。本人は意識しているのかどうかわかりませんが。

プロ野球選手のメンタルトレーナーもしている佐久間馨だからこそ、こういったことにも気がつくのでしょう。ゴルフはスイング動作よりも、メンタルの方が大事ですからね。

マンガがメチャクチャわかりやすい

佐久間馨Sスイング最初に佐久間馨を知ったのは『練習ぎらいはゴルフがうまい!―プラスハンディが考えた合理的スウィング作り』という本を購入したからでした。

ちょっとタイトルに惹かれて読んでみると、自分としては人間の骨格を利用した理にかなった打ち方がとても面白い!と思いました。

そこでもっと詳しく読みたいと本を探して「ナイスショットはいつでも打てる!―Sメソッドゴルフ・スウィング基礎編」「Sメソッド完全解説―誰でも、飛距離50ヤードUP!」という本を続けて購入、読破しました。

しかし、後の2冊は自分の頭には中々入ってこなかったんです。個人的には読みづらかった(汗)詳しいのはいいのだけど、それが逆に自分ではうまく処理できなかったようですね。頭が悪くてすいません(T_T)

そしたら、今度は佐久間馨の理論をマンガにしたムックがあることを知り、早速これを購入。

これが、とってもわかりやすい!!マンガなのでひと目で骨・構造や動きがわかり、理解しやすい。そして何よりも忘れにくい。漫画家さんは骨とか描くのめんどくさくないのかなぁ、などと余計な事を考えてしまいました。

ダフリで困っているのなら、絶対にダフらないグリップの仕方とか、ヘッドスピードを加速させるためにスイング中にある部分を止めるなど、目からウロコのメソッドがたくさん書かれていて、すぐにでも使えそうなものもチラホラ。

スポンサードリンク

マンガ本は2016年7月現在では3冊発行されており、しかもDVD付き。個人的にはDVDにはあまり納得はしていませんが、マンガがとにかく理解しやすく素晴らしいデキです。独特なタッチも個人的にはかなり好き^^

佐久間馨のゴルフ理論『Sメソッド』を知りたければ、まずマンガ本を購入して、それである程度理解してから『ナイスショットはいつでも打てる!―Sメソッドゴルフ・スウィング基礎編』『Sメソッド完全解説―誰でも、飛距離50ヤードUP!』といった活字本を読むと理解がしやすくていいと思います。

まとめ

佐久間馨のSメソッド。ゴルフスイングは人体の骨格・構造を知り尽くした彼ならではの自然に動ける動作の数々で、なるほどと、とても勉強になります。

しかし、個人的にはこの動作でスイングしていい打球はあまり打てませんでした。違和感がすごくあり、慣れが必要ですね。初心者の人にも本を読んでもらってスイングしてもらったのですが、やはりうまく打てませんでした。

この打法よりも[桑田泉のクォーター理論なら手打ち・アームローテーションが簡単に理解できる!100切りの最短メソッド!]で紹介している腕の使い方のほうが迷わずに打つことができるし、初心者の人もすぐにいい球を打てるようになりました。

佐久間理論ではちょっと、慣れるまでは頭で考えないと一連の動作としてはやりずらいかもしれません。

でもゴルフに対するメンタルの教えはとても素晴らしいと思います。肯定語のススメや成績のいい日と悪い日の差が激しい人への心の持ち方などもかなり参考になります。

自分としてはメンタル強化やラウンド術を学ぶため教科書として、ぜひ読んで欲しいと思います。

佐久間馨がこだわる2cmとは
佐久間馨が提唱するSスイングメソッドとは?
骨格の可動域をフルに使ったスイング理論がわかります!なるほど、と思うことがいっぱいです。

スイング動作も今までになくちょっと独特
人体の可動域をフルに活用したスイング。なれれば自動でスイングできる体に。

スイングじゃない!Sメソッドの本質はこっちだ!
Sメソッドはラウンド中は肯定語を使う、否定語は使っちゃダメ
ラウンド中も日常生活も肯定語だけを使うようにしよう。

マンガがメチャクチャわかりやすい
やたらと骨や筋肉の名称がでてくるので活字本ではちょっとキツイ。
そんなあなたにはマンガがオススメ!DVDも付いているので満足感はあります。


【マンガとDVDでわかりやすくてオススメな佐久間メソッド本】

【佐久間馨プロフィール】
1955年2月13日生まれ。横浜市出身。機械メーカーでエンジニアとして産業用ロボットの製造などに携わり、20年間のサラリーマン生活を送った。

その間、学生時代に専攻した宇宙工学の知識を生かして、ゴルフスウィングのメカニズムを科学的、合理的に研究、解明。ロケットの姿勢制御の技術を参考に、世界でただ一つの「スウィング記憶再生ロボット」を開発。

2010年ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞
40年にわたり、プロからアマチュアまで8000人以上を指導
ゴルフスウィング解析の第一人者

「パープレイは誰でもできる」という視点からSメソッドゴルフを確立。
スウィングの研究だけでなく、自らの競技で培った経験を基にコミュニケーションスキルとして注目されているNLP(神経言語プログラミング)を学び、プレイ中に100%以上の実力が発揮できる精神状態を生み出す「魔法の言葉」「自己対話法」NLPゴルフを構築。

また、ゴルフだけでなく日本人メジャーリーガーのメンタルコーチを務めるとともに、質の高いコミュニケーションをテーマに講演活動を行うなど、ジャンルを越えて幅広く活動している。

〈この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます〉
谷将貴のゴルフ上達レッスン|腕を振らないヒップターンのシンプル理論
桑田泉の「クォーター理論でゴルフが変わる」【DVD】で本当にゴルフが変わるのか?体験を書いてみた!
ツアープロ・レッスンプロのゴルフ理論一覧

スポンサードリンク

よく読まれている記事