ゴルフシングルプレーヤーになるには 練習方法や心がけ5つのポイント

ゴルフ シングル 練習方法

コースでよく一緒にラウンドさせてもらっている、シングルゴルファー達に練習のヒントや爆発的に上達したコツなどを聞いてみました。
シングルゴルファーの考え方を学んで、自分のゴルフに役立てたいですね。

スポンサードリンク

シングルは飛距離よりも方向性重視

よく言われてることですが、ゴルフはターゲットスポーツです。オリンピック競技のライフル射撃のようなものですね。だから、飛距離よりも、方向性をとっても大事にしています。いかに、安全に、ハザードを避けて方向性のいいショットを打ち続けられるか・・・。ここが重要なのですが、「打つ」のではなく「打ち続けられるか」がポイントなのです。

1球や2球、狙ったところへ言ってもそれはシングルクラスならば当たり前のこと。それを3球も5球も続けてできるかが問題になります。だから、実際のラウンドでは、ほとんどのシングルゴルファーはアイアンではマン振りしていません。コンパクトなスリークォーターショットで狙っていきます。

なので、練習でもアイアンショットの場合はほとんどフルスイングはしていません。スリークォーターショットや、腰から腰のハーフショットをよく練習しています。いわゆるビジネスゾーンというものを徹底して練習していますね。

ビジネスゾーンとは、 腰から腰のスイングの間の空間のこと。インパクトの前後なので「インパクトゾーン」とも言われています。プロがこの範囲を正しい形でスイングできるようになればお金が稼げるようになると言うことで、ビジネスゾーンと名付けられたとか。

ゴルフ シングル 練習方法ビジネスゾーンここをみっちりと練習することでミスショットを格段に減らし、安定したスイングができるようになるので、この練習をかなり重点的にやっているシングルは多いです。

持ち球を持っている

ゴルフ シングル 練習方法持ち球シングルゴルファーはプロと同じように自分の持ち球をハッキリと持ってプレイしています。
正直、持ち球を意識している人は、アベレージゴルファーではなかなかいませんよね。ここがけっこうな差になっています。

アベレージゴルファーは、スイングが固まっていないのでその日によって、フックだったりスライスだったりと日替わりで球筋が変わってしまいます。だから、自信を持ってコースでプレイすることができないのです。

練習場では、スイングを固めるのではなく、球筋を固めることを意識して球を打っているのがシングルです。球筋が固まってきたら、どうやってスイングしたらその球筋を打ち続けられるかを考え、自分のスイングに落とし込みます。

アベレージゴルファーは、とにかくストレートボールを打つことばかりに時間をかけすぎだと、ほとんどのシングルさんは言います。練習場へ言って、「一番最初にでた球筋がその人の持ち球だからそれを磨いたほうがいい」と言う人もいました。

確かに、アベレージゴルファーはストレートボールを打とうとして、躍起になっていますよね。プロは皆ストレートなんて打っていないと言っても、信じる人も少ないですし。

以前、上田桃子プロと石川遼プロVS有村智恵プロと池田勇太プロが対決するという番組がありました。そこでフックが持ち球の上田プロは目標の右45度くらいにアドレスして打っていました。それを見た番組アナウンサーが「そんな方向むくんですか?」って驚いているシーンがとても印象的でした。

また、青木功プロはプロ活動後半はフェードに持ち球を変えましたが、最初の頃はフックを持ち球としていて、「グリーンを捉うためにいつも右の林を狙っていた。」といっていたようです。

テレビ中継ではプロはいつも真っ直ぐ狙っているような印象を受けますが、実はみな持ち球によって狙い所はバラバラだったんですね。

アマチュアはプロよりも練習時間がありませんので、持ち球を変えたり、ストレートボールに執着することを捨てて持ち球を磨く方が時間短縮にもなると、話を聞いたシングルさんは全員答えていました。無理な時間の浪費を避けて持ち球を磨いていきましょう

シングルになる練習量は?

私とよくラウンドしてくれるシングルさんはみな、社会人になってからゴルフを始めた人ばかりです。だから、時間と効率をけっこう考えている方が多いです。

ゴルフ シングル 練習方法素振りある人の練習方法は、ショットの練習は2日に1度、朝早く起きて早朝料金で割引のある安い練習場で、フルショットをせずアプローチやハーフスイングをする。夜は毎日、素振り用バットで素振り。そして、風呂あがりのパッティグは最低30分はやる。など、アベレージゴルファーでもやろうと思えばやれることばかりでした。

スポンサードリンク

他には、みな普通のサラリーマンなので、タダで練習できる素振りを重点的にやっている人が多いですね。

ちなみに、山田パターで有名な山田透さんは、ボールを打たずに毎日4時間の素振りでシングルになったようです。

後は、いかに根気よく続けるかだけなんですよね。飲み会だから、今日は練習休む。とか、今日はダルいから練習休む・・・では、上達はドンドン遠ざかってしまいます。継続は力なり!シングル入りをしたいなら少しの練習でも毎日続けることが大事なんですよね。

仲間を作って練習している

ゴルフ シングル 練習方法仲間これはなかなか、できないかもしれませんが、同じコース所属の人同士が数人で月に1度や2度集まって、自主練習したりしている人もいます。一番のローハンデキャッパーが熱血指導して、ハンデ9〜7あたりの人のレッスンをしています。
これは、研修会の練習ではなく、あくまでも仲の良い人同士の自主練習会です。

でも、これがけっこうな刺激になったり、学生時代の運動部の合宿的な感じでとても新鮮だと好評です。女性ゴルファーも混じってやっているのですが、この人は「気合も入るし、ライバル心を刺激されるのでこういった練習会は楽しい」と言って参加し、トントンとハンデを下げていきました^^

一人で黙々と練習するのもいいのですが、月に1度や2度は上級者の意見を聞きながらの合同練習会も悪くないと思います。

イメージトレーニングを毎日する

プロのスポーツでは野球やテニスにしろどんな競技でも、イメージトレーニングはとても大切です。もちろん、シングルゴルファーも毎日イメージトレーニングをしっかりとやっている人が多いです。

イメージトレーニンぐ(仮想ラウンド)は、前日に月例や競技がある場合は必ず行います。
やり方は、1ホール目からコースの景観を思い出し、一打づつ頭の中で丁寧に打っていくのです。布団の中でもできるのでとてもカンタンにできます。前回のスコアカードを見ながらの復習をして、前回はあそこでこの番手を使ってミスしたから、明日はこっちで試してみるか・・・などと考えていくといいですね。

明日は、知らないコースでゴルフだ!というプライベートラウンドのときは無理にやる必要はありませんが、それでも、自分の所属コースを思い出しイメージの中でラウンドやアプローチをするだけでも、全然考えが変わってきます。また、ゴルフ感も養われ、月1か月2のラウンドでも好結果がでるようになりますよ。

イメージトレーニング=仮想ラウンド
自分の知っているコースを1ホール目から一打づつイメージしながらラウンドすること。
なれれば、5分もかからず18ホールを回れます。
仮想ラウンドでうまくったことを何度も想起すれば、ポジティブマインドになり苦手だったホールも得意ホールに変えられます。 

こちらの記事[ゴルフ90切りの方法!この考え方でゴルフ脳を鍛えてスコアアップ!]もぜひ参考にしてみてください。

まとめ

知り合いのシングルゴルファーがやっている練習のほんの一部を紹介させていただきました。これと言って特別な特訓をしているわけではありません(もしかしたら、隠して教えてくれなかったかも…)。仕事でもそうですが、地味だと思うようなことを毎日コツコツやることが上達の一番の近道であり、上級者はそういった練習をアベレージゴルファーよりも真剣に続けているだけ!ということのようですね。でもこれが一番むずかしいことなのかもしれませんが・・・^^

シングルは飛距離よりも方向性重視
シングルの練習はアイアンがメイン。ドライバーショットよりも、アプローチやハーフショットを反復練習。

持ち球を持っている
ストレートボールを打つことを辞めましょう。曲げるボールを一途に磨くことでゴルフが格段にやさしくなります。

シングルになる練習量は?
プロのように何時間も練習時間に費やせられないのですから、こまめに、そして毎日コツコツと10分でも継続することが早道です。

仲間を作って練習している
いつも一人で練習するのでなく、同じレベルや上級者とも積極的に練習するとライバル心も芽生えて結果も速く出ます。

イメージトレーニングを毎日する
イメトレ=仮想ラウンドをして、ゴルフ感を毎日養うといいでしょう。

スポンサードリンク

よく読まれている記事