ゴルフグリップ 基本の握り方。ココが上達の分かれ道です!

ゴルフグリップ握り方

ゴルフを初めるとき、真っ先に教わるのが【グリップ(握り方)】ではないでしょうか?

ベテランの人なら「グリップなんかとっくにできてるよ!」という人もいらっしゃるかもしれません。
でも、ちょっと待ってください!

スライスが悩みなのにスライスしやすいグリップにしていたり、知らず知らずに自分のスイングタイプとは真逆のグリップをしていたり…なんて人は実はとっても多いんです。

だからこそグリップを見直すだけで、急に今までよりもスイングがスムーズになったり、捕まった球が打てるようになった!ということは結構ザラにあります。
なのでときどきは自分のグリップをよく見つめ直してみましょう。

そして、初心者の人ならグリップとはゴルフにとって最重要なものなのだと意識して読んでほしいと思います。

スポンサードリンク

ゴルフグリップ 握り方の種類

自分にとって最適な握り方を見つけるために、細分化して考えましょう。

グリップの順序は、
①左掌の握る角度を決める  →  ②左手の拳や親指の位置を調整する → ③右手の握り方
・・・の順番で握りますが、それぞれの工程に細かな方法があります。

①左掌の握る角度を決める

  • ロングサム
  • ショートサム

②左手の拳や親指の位置を調整する

  • スクエアグリップ
  • ストロンググリップ
  • ウィークグリップ

③右手の握り方

  • オーバーラッピンググリップ
  • インターロッキンググリップ
  • テンフィンガーグリップ

以下で細かな解説をしていきます。

グリップ解説①|左掌の握る角度を決める

まず、どの角度でグリップを握るかでスイングの形も変わります。

1)指の付け根で握る(親指をロングサムにする)

 ゴルフグリップロングサム

この握り方をすると自然とロングサムになります。
ロングサムとは親指が長いという意味で、親指を長く添えることができます。

この握り方をすると、アドレスでハンドダウンに構えやすく、捕まった球が打ちやすくなります。
スライスの改善にはとっても有効な握り方です。
また、コックを十分に使えるので強い球が打てて飛距離がでやすいのが特徴です。

しかし、コックを使いやすいということは手首が動きやすいということで、慣れないと安定しずらく球が散らばりやすいという短所があります。

2)斜めに握る(親指をショートサムにする)

ゴルフグリップロングサム2

斜めに握ることで自然と親指が短くります。

この握り方は手首が動きにくいので、球が安定しやすいのが特徴です。下半身リードのボディターンで打つタイプにはマッチしていると思います。

しかし、手首が動きにくくコックがしずらいため、飛距離がでにくいのが特徴です。
また自然とハンドアップになりやすく、スライスがでやすい傾向があります。

個人的な意見としては、積極的にアームローテーションを使うタイプにはロングサム、ボディターンを意識した打ち方をしている人にはショートサムが適していると思います。

グリップ解説2|左手の拳や親指で握り方を調整

スクエアグリップ

01-06左手の拳が1〜2個くらい見える。親指はグリップロゴのちょっと右辺りで握ります。

スクエアグリップは昔から多くのプロがやっていた王道的な握り方です。自然と構えやすくアームローテーションがしやすいのが特徴です。
しかし、最近の大型クラブやキャビティでは球が捕まりづらくなり、現代のクラブには不向きだという意見もあります。

ストロンググリップ

ゴルフグリップスクエアグリップ左手の拳が2〜3個くらい見える。親指はグリップロゴのさらに右あたりで握ります。

ストロンググリップは最近の大型クラブ・キャビディに相性がいいと言われているグリップで、強い球が打ちやすいです。最近の若手プロの多くはこのグリップをしています。
しかし、捕まりすぎてフックがでやすくなったり、ドンドン極端にグリップの真横を握るようになって左肘を痛めたりする人のいるようです。

ウィークグリップ

ウィークグリップ左手の拳が1個見える。親指はグリップロゴの真上で握ります。
握ってみるとわかるのですが、いかにも力が入らないグリップです。スライスやフェードを打ちやすい、というよりもこすり球しかでなくなることもあります。
球が捕まりづらいし飛距離もでないので、コースマネジメントで球の打ち分けを考えないのなら、オススメはしない握り方です。

グリップ解説3|右手の握り方

オーバーラッピンググリップ

ゴルフグリップオーバーラッピンググリップ右手の小指を外したグリップです。
右利きの人は本来右手が強いのでフックがでやすくなります。なので右手の小指をあえて外すことで、左手と手の力加減をほぼ対等にして方向性を安定させる握り方です。
もっともポピュラーな右手の握り方です。

 

 

インターロッキンググリップ

インターロッキンググリップ右手の子指と左手の人差し指を絡めた握り方です。
両手の一体感があるので、力の弱いジュニアや女性に多いグリップです。
子供の頃にインターロッキングで、力が強くなった大人になってからオーバーラッピングに変える人もいます。

スポンサードリンク

自分がまだ100叩きの頃、このグリップで練習していましたが、まだ力を抜くことを知らなかったのでスイングするたびに、左手の人差し指で右手の小指をギュッと強く握って小指を痛めたことがありました(汗)

テンフィンガーグリップ

ゴルフグリップテンフィンガーグリップ野球のバットを握るように10本の指で握ります。別名「ベースボールグリップ」とも言われています。
右手の力を思いっきり使えるのですがその分、フックがでやすく、右掌で打ちにいくとスライスもでやすい。
ドライバーショットのときだけ、このグリップにする人もいます。
しかし、あまり万人向けのグリップではないのでオススメはしません。

 

3つの組み合わせで自分にあったグリップを見つける

スライスで悩んでいるのに、ハンドアップでスライスしやすいショートサムで握っていたりとか、力がないのに彼氏に言われたままオーバーラッピングでグリップしていたりとか、現在のゴルフスイングでいい結果がでていないのなら、上記の握り方の組み合わせを変えるなどいろいろと試してみてください。

例えば、

ゴリさん
とにかくドライバーをもっと飛ばしたい!
ゴル9
【ロングサム】+【ストロンググリップ】+【テンフィンガーグリップ】で試してみてはどうですか。
ユリさん
球はつかまるんだけど、まだショットの方向性が安定しません…
ゴル9
【ショートサム】+【ストロンググリップ】+【インターロッキンググリップ】で試してみてはいかがですか。

・・・などなど、いろいろと楽しみながら組み合わせを試行錯誤してみてください。

ちなみに、ゴル9のグリップは
【ロングサム】+【スクエアグリップ】+【オーバーラッピンググリップ】
で握っています。

グリップの握り方でよくみる落とし穴

ここまでグリップの解説と自分に合った見つけ方のコツを書いてきましたが、最後に全てのグリップに共通する落とし穴を紹介します。しかも、これかなり多くのゴルファーがこの落とし穴を軽く考えてそのまま放置しています。その落とし穴とは・・・

親指と人差指の間がだらしなく開いている!ということです。

ゴルフグリップ注意点

親指と人差指の間が開いていることによって手の中でクラブが前後に動いてしまい、ナイスショットができなくなってしまいます。
しっかりと指の間はくっつけておいてくださいね。

指の間をくっつけるコツとしては

ゴルフグリップ注意点治し方
  1. 最初からくっつけた状態でグリップする
  2. グリップした後、右親指を手前に少し引く

この2つの方法のどちらかの方法で、指の間がちゃんとくっつくようになります。

些細なことですが、こういうちょっとした盲点をつぶしていくことで確実に上級者へ近づいていくことができますのでコツコツと実践してみてください。

まとめ

ゴルフのグリップの種類や傾向を解説しました。
自分にあったグリップの見つけ方と、多くのアマチュアがやってしまうグリップの盲点を解説しました。

ゴルフグリップ 握り方の種類
①左掌の握る角度を決める
②左手の拳や親指の位置を調整する
③右手の握り方

 

グリップ解説①|左掌の握る角度を決める
1)指の付け根で握る(親指をロングサムにする)
コックが使えて飛距離がでやすい。

2)斜めに握る(親指をショートサムにする)
安定したショットを打たい人に適している。

 

グリップ解説2|左手の拳や親指で握り方を調整
スクエアグリップ
ちょっと前まではグリップの王道。今でも人気の握り方。

ストロンググリップ
最近のクラブにあった握り方。今はこちらが主流に。

ウィークグリップ
アマチュアにはオススメできない。

 

グリップ解説3|右手の握り方
オーバーラッピンググリップ
成人男性には定番の握り方。

インターロッキンググリップ
非力な女性やジュニアに向いている握り方。

テンフィンガーグリップ
右手の強さを生かした握り方。だが万人向けではない。

 

3つの組み合わせで自分にあったグリップを見つける
3つの握り方を合わせて自分に最適なグリップを見つける方法を紹介。

 

グリップの握り方でよくみる落とし穴
指の間があいてしまう問題をちょっとしたコツで解決。

 

スポンサードリンク

よく読まれている記事