ゴルフのスライスは・・・下半身始動の振り遅れと野球打ちが原因

ゴルフスライス原因克服

初心者や100をなかなか切れないゴルファーの悩みのほとんどはスライスが治らないことです。
私の友人にもコースで直角スライスを打ってOBを連発する人がけっこういたりします。

なぜ、スライスを打ってしまうんでしょうか?
スライスの原因には本当にざまざまな理由があります。
解決策は他のページで紹介しますが、ここでは根本原因を理解して自分がおかしやすいスイングの傾向を理解してほしいと思います。

スポンサードリンク

ゴルフスイングのイメージと結果の違いを知ろう

結果からいうと、クラブフェースが開いてしまう俗にいう「オープンフェース」になってしまうからスライスしてしまいます。

では、なぜオープンフェースになってしまうのでしょうか?
ゴルフは他の球技と違って自分の動いているイメージと結果がかなりかけ離れていることが多いです。
だから、そのイメージと結果との違いを埋め合わせるように思考を変えることが重要になっていきます。

以下では右利きを想定して説明していきますね。

野球=ゴルフスイングの考えを捨てる

野球とゴルフのスイングを同じに考えてしまう人はかなりの数います。
正直、私も最初は野球のバットのようにクラブを振っていました。

今思えば、最初の段階で野球とゴルフの打ち方は違う!と言ってくれればかなり上達時間は短縮されたと思っています。
それほど、ズーッと野球とゴルフの打ち方は同じものだという固定観念が合ったんです。

でも、それって私だけではなかったようで、他の男性ゴルファーに聞いても最初は同じもののように打っていたと答える人がかなり多かったんです。

ここで質問、
野球のバットやテニスのラケットに共通していて、ゴルフクラブに共通しないものは・・・・・・?

それはグリップの延長線上に打面や芯がないことです!

ゴルフスライス理由原因

コレがゴルフを難しくしている特徴のひとつだと私は思います。

運動経験者ならわかると思いますが、野球やテニスって少し練習したらソコソコには打てるようになりませんか?
これって、グリップの延長線上に打面や芯があるから本能的にどこの場所でボールを打つのかがわかりやすいんです。イメージしやすいんです。

右利きの人は本能的に、【右手のひら=打面・芯】であるとイメージしているんです。

そのつもりでゴルフクラブを握り、野球のバッティングのように右手のひらでボールを叩きにいくと・・・
クラブフェースが開きませんか?開きますよね??

スライス原因 フェース開く

つまり、ゴルフでは右手のひら=打面・芯ではないので、そういう本能を抑えこまないといけないんです。

でも、初心者や100をなかなか切れないゴルファーは無意識のうちにこの本能でボールを叩きにいく傾向があります。
ゴルフ歴が長くて普段アイアンでは右手のひらなんて意識していないのに、ドライバーでここ一番飛ばしたい!なんて思ったときなどはこの本能が働いて無意識のうちに右手のひらでボールを叩きにいってスライスしてOB・・・なんて思い当たる人も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

とにかく、他の球技のように【右手のひら=打面・芯】という本能はゴルフでは通じないと思ったほうがスムーズに上達できるのではないかと思います。

トップで左手甲が甲側に折れる

この現象は右手を強く使いすぎていることが原因です。

スライス原因左手甲折れ

打ってやるぞ〜!飛ばしてやるぞ〜!という力みから右手に力が入りすぎ、右肘が上がりワキが空いてしまい、左手首が甲側へ折れてしまう現象です。

上でも説明しましたが、右手のひらで打ちにいく意識を捨てるようにすれば左手首が折れることは改善されます。
力を入れるなと言われても、目一杯力んでしまう気持ちは痛いほどわかります。ですから、右手のひらでなく、力を入れる場所を変えるとスンナリと直ります。

軌道がアウトサイドインになって、カット打になってしまう。

この軌道になってしまうのは右手で打ちにいってしまうことが原因です。
右手で打ちにいく意識が強すぎて、極端に袈裟斬りのよう打ち方になっている人はこの傾向があります。

スライス原因アウトサイドイン

右手の意識を変えるか、腕の使い方を変えることでカンタンに治すことができます。

スポンサードリンク

以上が右手で打つ意識が強すぎて起こるスライスの要因です。
右手を使うのはいいのですが、初心者はどうしても利き腕である右を使いすぎる傾向があります。

右手はスイングの破壊者である 
by ベン・ホーガン

こういう言葉もあります。

でも、右手を使うことを否定するつもりはありません。
右手をあまり使わない打ち方で右手を使いすぎるからおかしな結果になるんです。右手を使うなら、そういう打ち方を覚えればいいんです。臨機応変にスイングによって右手を使いましょう!

以下は下半身が原因で起こるスライスの要因です。

前傾姿勢が崩れて右腰が前にでてしまう

トップからダウンにいく際に、アドレス時の前屈の角度を保てなくなって、体が起き上がり、右腰が前にでてしまう状態です。

スライス原因 右腰

右腰が前にでると体は連動した両腕が下がり、クラブが寝た状態になってしまい、フェースが開いた状態で打ちにいってしまいます。

また、右足カカトを前に早く上げる人も右腰が前にでてしまうので注意です。
右カカトを上げるのはつま先を飛球線方向へ回してからです。これも結果論として上がるのでわざと上げてはいけまえん。

ちなみに、「クラブが寝る」状態と「クラブをたてる」状態とはこういうことです。

スライス原因クラブ立てる寝る

とくに、「クラブをたてる」という状態を下のように勘違いしている人が多いです。

スライス原因クラブ立てるダメな例

下半身始動でクラブが寝る

最初に習ったレッスンプロには下半身始動を教わりました。
上半身を脱力して、トップの状態から左の膝を飛球線へ向けて動かすのを合図に打ちにいくという打ち方。あるいは、左腰を思いっきり背中側に回しへそを飛球線方向へむける打ち方。
昔はこの打ち方が主流だったみたいですが・・・

 

個人的にはこの打ち方は初心者には向かないと思っています。
最初にこれをやると左腰を切るというか左に腰が突っ込んでしまい、クラブが寝てオープンフェースになるからです。

練習場でも今だに下半身リードで左ひざや左腰を回してスライスを打っている人のなんと多いことか。

ゴルフ べた足 右足スライス

中級者以上の人が引っ掛けやフックを防ぐために、左のひざや腰を回すのはかなり有効なコツですが、初心者にこれをやらすのは百害あって一利なしだと思っています。

スライスを打つべくして打つ、スライスしやすい打ち方なのでスライスがでるのは当然です。

腕に力を入れないでこの下半身リードを初期の段階で教わると、上達はかなり遅れてしまい、ついに100を切ることができないゴルファーになってしまうと思います。

 あくまでもこのサイト管理人は、プロではないので自分や周りの知人友人などの経験や意見、書物での知識を参考に執筆しています。
ゴルフ理論は個人個人でいろいろとあると思いますので、ご自分の意見と合わなければスルーしてくださるようお願いいたします。 

まとめ

自分がスライスを打ってしまう原因や傾向を知ることでスライス対策をしていこう。

ゴルフスイングのイメージと結果の違いを知ろう
他の球技のように本能のまま行動したらゴルフは上達しない。

野球=ゴルフスイングの考えを捨てる
同じ道具を使う球技でもグリップの延長線上に打面のないゴルフは本能のまま打つことができない。

トップで左手甲が甲側に折れる
右手の力を抜けば左手首の折れ曲がりは治せる。

軌道がアウトサイドインになって、カット打になってしまう
右手の力を抜けばアウトサイドインの傾向は弱められる。

前傾姿勢が崩れて右腰が前にでてしまう
前傾姿勢が崩れるとクラブが寝てしまいオープンフェースになってしまう。

下半身始動でクラブが寝る
下半身リードは初心者や100切りを目指すゴルファーには不向き。
クラブが寝て、オープンフェースになりやすい。

 

スポンサードリンク

よく読まれている記事