中井学のゴルフレッスン・ヒップターンで飛距離アップは可能か?

中井学 ヒップターン 体打ち

中井学は自分の大好きなレッスンプロのうちの1人です。

Youtubeでの動画レッスンでは彼の語り口調から、温和な性格がにじみ出ているし、わかりやすく明確な言葉や表現をしてくれるので、とても理解しやすいんです。

彼の提唱するゴルフレッスン理論は「手を使わない、ヒップターンスイング」です。

しかし自分の個人的な感想では、初心者が「手を使わない、ヒップターンスイング」を学ぶことはあまりオススメしません。というか、自分が初心者を教えたときに痛感したのが、最初に手の使い方を教えないとスライスの止まらないスイングになってしまうからです。

ですが、ある程度レベルの高いゴルファーで何か悩んでいるのならば、このヒップターンスイングを勉強するのはとても有意義だとは思います。

ここでは、サラッと中井学プロのヒップターンスイングについて紹介していきます。
何かの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

プレッシャーに強い!ヒップターンスイングとは?

中井学プロの提唱する「ヒップターンスイング」

ゴルフはボーリングのような安定した室内でのスポーツではなく、さまざまなプレッシャー天候の中でプレーしなければなりません。

つまりどんな状況の中でも、普段の動きがスムーズにできる再現性反復性の高いスイングが求められます。

そんな中で、体の中で一番器用な手や腕を使ったスイングでは、プレッシャーを感じたとき過敏に神経が反応してしまい、予期しないミスが多発してしまいかねません。

そこで、あらゆるプレッシャーを受けにくい鈍感な部分を使ってスイングを作ることができれば、動きが安定し、しかも最大のパワーを生み出すことができるようになります。

そのプレッシャーを受けにくい部分であるや、おへそ周りを使ったスイングがヒップターンスイングというわけです。

このヒップターンと似た言葉にボディターンがあります。

中井学プロはボディターンヒップターンを明確に分けています。

  • ボディターン・・・クラブを肩に担いで、肩の回転で打つようなスイング。
  • ヒップターン・・・腰を左右にスライドさせるスイング。または、おへそを左右に向けるスイング。

つまり、ボディターンは胴体の中でもなどの上の方を回転させて打つスイングのことをいい、ヒップターンは股関節体幹をねじった胴体の下部分を使ったスイングを指しています。

ヒップターンスイングの作り方

ここで間違いやすいのが、文字通りお尻をクルっ回すこと。
中井プロの言うヒップターンとは腰を横にスライドさせる動きのことをいいます。

1)まず、立ったままで腰を右や左にくねくねスライドさせてみます。

中井学 ヒップターン

2)そして今度は、体を前傾させて同じようにくねくねしてみます。すると・・・骨盤が回転しているのがわかると思います。
あたかも、スイングで腰を切っているような動きになるのです。

つまり、肩を先に回してスイングをするのではなく、腰から回すことで肩が自然に腰から螺旋状に上にねじられていく状態になっていくのです。

中井学 ヒップターン
そこから回転スピードを上げたいときは、左ヒザを一気に伸ばすことで回転スピードが上がります。

ここで、腰の回転を勘違いして地面と水平に回すとうまくスイングができません
上体が起き上がり前傾角度をキープできなかったり、腰と肩が同時に開いてしまうなどが起こってしまいます。

骨盤の旋回(左右へのスライド)がうまくイメージできない人は、みぞおちの回転をイメージしても同じ結果になると説明されています。

中井学 ヒップターン

中井プロの理論だと、アームローテーションは自然におこなわれるので意識する必要はないらしいです。
テークバックでもローテーションはおこなわず、コックも考えない。クラブはシャットに上げます。

シャットに上げるとは
クラブフェースがずっとボールを見ているように上げること。

テークバックでは腕は肩よりも高く上げないように注意すること。
肩よりも高く上げることでプレーンが壊れて、スイングが複雑になってしまいます。
飛ばしたいからといって、手を高く上げるというのは最近の流行のスイングからかけ離れている感じがします。

下半身の動きを制限し、腕ばかり振ろうとすると腰や、首、手首などに負担がかかりますが、ヒップターンスイングなら腰痛や肩痛への負担は少ないでしょう。

このスイングはダウンブローではなく、ゆるやかな軌道でボールをとらえることができます。

ヒップターンスイングの個人的な感想は・・・

中井プロの理論はとってもよく理解できるんです。とくにDVDYoutube動画を観た後で、本を読むとかなり理解が深まりますし、レベルアップできそうな気がしてきます。

「これって簡単そう!イケる!!」

なんて思って、練習場で実際にやってみると・・。

クラブを戻しきれなくてスライスする・・・とか
どうしてもダフってしまう・・・とか
当っても飛ばない・・・とか

スポンサードリンク

周りの人からいろいろな声を聞きました(汗)

個人的には初心者やアベレージゴルファーにはしっかりと手の使い方を覚えてもらって、それから腰の使い方を学ぶほうが早く上達すると思います。

その代わり、ある程度のレベルのゴルファーからは、このヒップターンで曲がりが少なくなったり、方向性が良くなったりとかの話は聞きました。

ただし、飛距離がアップしたとの話は・・・まだ聞いていません。

自分でも研究して試してみたのですが、腰のスライドだけで打つのはちょっと力が入らなすぎで、クラブがうまく戻ってこなくて、やはり飛びませんでした(汗)

ショートアイアンならまだしも、フェアウェイウッドやドライバーなどは、振り遅れのスライスがでる可能性が高いです。

でも、スイングは人それぞれだし、合う合わないがあるので、このヒップターンスイングが必ずしも悪いというわけでは決してありませんので、誤解しないでくださいね。

しかし、個人的な結論としては、初心者や練習量の少ないゴルファーにはあまりオススメはできない理論だと思います。

まずはこちらのページで紹介している腕の使い方や、桑田泉のクォーター理論で腕を使ってボールを捕まえる打ち方から学んだ方が、上達は早いと思いますし、自分の教えている人たちもそうやって早く上達していきました。

しかし、腕の使い方が自然にできるゴルファー手が返りすぎてフックで悩んでいるゴルファーなどは、練習してみる価値は十分にあります。

そういった症状の人は手の意識よりも、下半身や股関節の動きを意識する上達時期にきているのかもしれませんので。そういったとき、このヒップターンスイングを学ぶのならば、新たな突破口になるかもしれません。

まとめ

中井学プロの腕を使わないヒップターンスイングを紹介しました。

プレッシャーに強い!ヒップターンスイングとは?
腕を主体に使うスイングでは、プレッシャーのかかった場面ではミスを犯しやすい。
しかし、鈍感な筋肉でスイングするヒップターンスイングならばプレッシャーに強いゴルフができるようになります。

ヒップターンスイングの作り方
従来の肩から回しているボディターンとはちがい、腰を左右にスライドすることで股関節を十分に使った、体全体を捻り上げるスイングが作れる。

テイクバックもフォロースルーでも腕のことは考えない。腰のスライドができれば、腕も自然とローテーションができボールを打つことが出来る。

このスイングではアイアンでもダウンブローに打たずに、ゆるやかな軌道で打てるようになる。

ヒップターンスイングの個人的な感想は・・・
初心者や100切りを目指すゴルファーには不向き。振り遅れがひどくなる可能性が!
アームローテーションが自然にできるレベルの人が取り組むなら、この理論によって活路が開かれる(?)かもしれません。


強い球で飛距離が伸びる! ヒップターンスイング
中井 学 池田書店 2014-05-09
売り上げランキング : 19964

by ヨメレバ

 

DVDつき アマチュアゴルファーの憧れスイング! 体打ちを極める 「中井学に学べ」 (主婦の友生活シリーズ)
主婦の友社 主婦の友社 2014-12-08
売り上げランキング : 63376

by ヨメレバ

 

中井学プロフィール

1972年(昭和47年)大阪府生まれ。
14歳からゴルフを始め、3か月に1度のラウンドペースで練習をこなし、高校3年生時に日本ジュニア出場。その後アメリカに留学。シトラスカレッジ(カリフォルニア州)では大学選抜として活躍。2003年より日本においてプロコーチとして活動を開始。これまでに数多くの選手の初優勝、初シード入りに貢献する。ツアープレーヤーとして出場し挑戦する傍ら、プロ、アマ問わず、多くの悩めるゴルファーの駆け込み寺となっています。

スポンサードリンク

よく読まれている記事