ゴルフスイングで右手は使う?使わない?右手主導があなたの上達を妨げる

ゴルフ 右手 使わない

ふと、ゴルフって右手で打つのか?左手で打つのか?どちらを主役として使ったらいいのか迷うときってありませんか?

最近では、片山晃プロや武市悦宏(たけいち えつひろ)プロなどが右手主導のゴルフ理論を展開していますが、やはり今でも左手主導を教えているプロや上級者が大多数です。

自分の意見としては、ビギナーにはズバリ「左手主導」がいいと考えています。

ここでは、右手を使うことで起きるミスの数々を紹介していきます。

スポンサードリンク

自分のゴルフスイングはどちらで打っているのか自覚していますか?

右手はスイングの破壊者である

と、あのベン・ホーガンも言っている通り、自分も右手で打ちにいくときには大抵ミスします。

以前、まだ自分がシングルになっていないとき、同じ所属コースのシングルゴルファー数名とラウンドしているときに、ミスショットを打つ度に「右手で打ちにいっている」と指摘されました。

当時は練習場シングルと言われるくらい(汗)練習場ではナイスショットを連発できるのに、ラウンドではフックや、スライスなど球筋がぜんぜん安定していませんでした。

そこで、シングルさんに折角のお昼休みなのですが練習場でのショットを見てもらいました。ですが、練習場ではナイスショット連発。自分では練習場はマットでクラブが滑るし、平だから打ちやすいからなのだろうと思っていたのですが、シングルさんから以外な事を言われました。

「練習場では、左手リードで打てているみたいだね。だけどコースにでると、どうも右手で打ちにいく傾向があるみたいだね」

今まで、どちらの腕で打つということは意識していなかった自分としては目からウロコでした!

なるほど!と思い、後半のハーフはずっと左手主導を意識してラウンドしてみました。そうしたら、ドライバーもアイアンもドローボールで安定しており、それに、飛距離も伸びていました。

つまり、練習場などのプレッシャーのかからない場所では、無意識に左手主導で打っているから球筋が安定してドローボールが打てている。しかし、コースなどではOBやハザードを警戒してプレッシャーがかかるので、ハザードを避けるために今度は無意識に器用な右手で打ちにいっている、ということなのでしょう。

これ以来、スイングは左手主導を意識しています。それによって、ドライバーのフック、アイアンのスライスやダフリが無くなりました。まだ意識していないと、右手で叩きにいってあわや、OBか?って球もときどきでてしまいますが、自分の改善点がわかっているだけにミスを連発することも無くなりました。

ゴルフ 右手 使わない

自分のように、ほとんどの右利きのゴルファーは無意識で右手で打ちにいっている人がかなり多いものです。

右利きの人が右手を使うのはとても自然ですし、野球ならば右手でボールを叩く打ち方は正攻法ですが、ゴルフではさまざまな弊害が起こります。野球のようなピッチャーの速い球を打ち返すためには右手のパワーが必要かもしれませんが、ゴルフではそんな打ち返すパワーは必要ありません。

それどころか、ゴルフのグリップはベースボールグリップ以外はみな右手の小指を外した、右手のパワーをわざと抑える握り方をします。これは右手はあまり使うなという先人からのメッセージなんだと思います。

また、以前レッスンプロにどうして手袋は左手しかはめないの?と聞いたことがあるのですが、

「ゴルフは左手でするからだよ」

と、そのプロは言ってました。そのときはピンとこなかったのですが、今思えば納得です。

だから右手はあくまでも、クラブが倒れるのを支える程度の役割に徹してもらい、右手を積極的に使うイメージがないほうがアマチュアには上達は速いと思います。

こちらの記事[スナップを使う打ち方]でも紹介していますが、フレッド・カプルス金田久美子のように右手のスナップを使って飛ばす方法もあります。また、プロや上級者ではドライバーは特に右手でパンチを入れて飛ばすという表現をする人もいますが、ビギナーやアベレージゴルファーは右手は添えるだけの左手主導スイングのほうがスイング自体がシンプルになりますし、飛ぶし・曲がらないナイスショットが打ちやすいと思います。

スポンサードリンク

なのでここでは、ぜひ左手を意識して練習やラウンドをすることを強くオススメしていきます。

ベン・ホーガンとは
アメリカ・テキサス州出身のプロゴルファー。1997年にアルツハイマー病で84歳で逝去したが、プロ通算勝利数は69勝を上げています。彼は史上最高の選手であると評価も高い。彼の著作『Five Lessons, Modern Fundamentals of Golf』(日本語訳版『モダン・ゴルフ』)は、最も多くのゴルファーに読まれたゴルフのバイブルとして今もなお、読み続けられています。

右手主導スイングで起こるミスやトラブル

無意識で打っているといつの間にかでしゃばってくる右手。以下のようなミスがでた場合は、まず右手の使いすぎを疑ってみてください。

ゴルフ 右手 使わない

チーピンやフックが突然でてくる

チーピンフックに悩んでいる人は右手の力が入りすぎていることが多いです。

手だけでひょいっとクラブを上げ、浅い肩の回しで右手で振ると、ほとんどがチーピンダグフックになります。 また、打ち急ぎや、テークバックでインサイドに引きすぎてもフックの原因となります。

まず、チーピン、フックが止まらない状況になってしまったら、手でヒョイっとクラブを上げていないか確認してください。 体を充分に回さず手だけでトップまど持っていきそのままダウンスイングをはじめると、手の力・特に右手の力が強いために、フェースが急激に返って強烈なフックになるのです。

フックに悩んでいる人のほとんどがせっかちにクラブを手であげ、せっかちに打ちにいっていることが多いものです。

ダグフックとは
低く飛び出し大きく左に曲がること。飛距離がでないので、次打でかなり距離が残ってしまう場面が多い。 

左方向にボールが飛び出す

右肩が前にでてしまって、アウトサイド・インのカット軌道になっていると、目標より左方向に弱々しくボールが飛び出してしまいます。

また、右肩が前にでるのを嫌って残そうとすると、右手首が返りすぎてチーピンになる場合もあります。

ターゲットよりも左方向へボールが飛び出す人は、右右肩ごとボールへ突っ込んでしまい、カット軌道になっていることを疑ってみましょう。

スライスが止まらない

右手で打ちにいくことで右肩ごとボールへ突っ込んでアウトサイド・イン軌道になっています。上の左方向へ飛び出すのと同じ原因ですが、フェースの向きの違いで左へ行くか、スライスするかが変わってきます。

アプローチでダフリ・チョロ

アプローチなどの短い距離はどうしても器用な右手で打ちにいきたくなるもの。でも器用だからこそ、ボールにクラブをあわせにいってザックリしてしまうことが多いのです。

右手首が動きすぎてしまうので、右手を固めるようにするとまたトップになったりする場合もあります。

 

これらのミスがでた場合はまず、

  1. 右手で打ちにいっていないか?
  2. ヘッドアップしていないか?

を疑ってみましょう。ゴルフのミスのほとんどがこの2つから起きていると言っても過言ではありません。

こちらの記事[ゴルフスイングは右手を使わない!添えるだけのスイングの作り方]で上記のミスの対処法を紹介していきます。

まとめ

ゴルフのミスのほとんどはヘッドアップと右手で叩きにいくことから起こります。ビギナーはもちろん、アベレージゴルファーもミスの多発が気になってきたら右手主導のスイングになっていないか確認してみてください。

自分のゴルフスイングはどちらで打っているのかを自覚していますか?
普段自分がどちらの手を優先してスイングしているかを確認してみましょう。このサイトでは左手主導のスイング作りをオススメしています。

右手主導スイングで起こるミスやトラブル
・チーピンやフックが突然でてくる
・左方向にボールが飛び出す
・スライスが止まらない
・アプローチでダフリ・チョロ

これらのミスの対応策はこちらの記事[ゴルフスイングは右手を使わない!添えるだけのスイングの作り方]で解説していきます。

スポンサードリンク

よく読まれている記事