ゴルフ上達しない理由は理論の詰め込み?スコアアップのコツは本能でプレイ

ゴルフ スコアアップ コツ

ゴルフはなかなか上達しない!と思っている人ってすごく多いですよね。自分も昔そう思っていたし、友人からもよく相談されます。

でも、その状況って考え方ひとつでガラッと変えられるんです^^!実際に自分はこの考え方にしてスイング改造せずにスコアが安定してシングルになれました。

ここでは、なかなか上達できないゴルファーへ考え方の提案と、スイング改造せずにスコアアップできる方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ゴルフは情報量が多すぎ!これが上達を阻む要因です

ゴルフ スコアアップ コツ

ゴルフのスイングってアマチュアだと1.6秒〜2.0秒で終わります。なのにその間に、テイクバックは30センチまっすぐ引いて、トップの位置を考えて、腰を切って、体重移動して・・・とチェック項目がいろいろありすぎると思いませんか?

真面目な人ほど、ゴルフ雑誌や理論本に書いてある通りを研究・実践しており、上達の迷路にハマっている感じがします。

これらの情報誌を読んで、

  • 「バックスイングはこう上げるんだな」
  • 「ダウンスイングはここに下ろすんだな」
  • 「右肘はこの角度がベストなんだな」
  • 「フォローで両手はまっすぐ伸びているんだな」

こんな細部をいちいち気にしていたら動きが縮こまって、ダイナミックな打球を打つことなんて不可能です!

野球でもヒジの角度や腕の振り方を考えてボールなんて投げないですよね。細かいこと気にしてたらスムーズに体が動かせないし、豪速球など投げられませんから。

主婦の人も布団たたきの棒、何も考えずに使ってますよね。本能に任せて何も考えずに使えているんです。

人間には自然と体を動かしたり、道具を扱ったりできる優れた能力があるのに、ゴルフになった途端、ヒジの角度とか、トップでの位置とか・・・急に理論的になってしまうんです。

もっと他のスポーツと同じように人間の本来もっている能力でゴルフを考えてみてはどうでしょうか?

自分がシングルになれたのは本能にまかせたから!

ゴルフ スコアアップ コツ

以前は自分もかなりのゴルフ理論本や雑誌を読んで研究しました(笑)そのおかげなのか?練習場ではナイスショットの連発!

その勢いで意気揚々とゴルフコースにいくと、スライスやダフリの連発(T_T)…

いろいろ悩んでいたのですが、あるラウンドの日、ほとんどの打球がドローボールで狙った所にいく。フェアウェイを外さないし、パーオンしてラクにパーもとれるという絶好調の日がありました。

結局ハーフ・2オーバーで自分としては、信じられない上出来なラウンドです。そこでお昼休憩時に、なぜこんなにも好調なのかを考えてみたのですが、その時、ハッと気づいたことがありました。それは・・・

アドレス後、何も考えていなかった!

・・・という事実です。
いつもは、アドレスして、テークバック時に腕を右の耳たぶ辺りにもっていって・・・それから、左肘でダウンスイング開始!

・・・なんてスイング中は頭の中で意識していたのですが、この日はなぜか頭カラッポ状態だったなぁ…ということに気がつきました。そのかわり、フェアウェイやグリーンに乗せるという方向性や目標を強く意識していました。

コレだ!!!

ついに自分の中で、ゴルフレベルが急上昇する起爆剤が見つかったと確信した瞬間でした。この感じで後半ハーフも回って確かめてみようと、ワクワクしながらお昼休憩の時間を過ごしました。

そして、後半ハーフがスタート!
左OBのホールなので、フック系が持ち玉の自分としては午後イチでかなりイヤなホールなのですが、狙っていきたい地点を凝視して、あとは頭カラッポ状態でスイングしました。

ちょっと左に行きそうだ!っとスイング中、意識で思った瞬間、両手がなんか細工?してくれたみたいでボールは軽いフェードで左OBを避けて狙った辺りへ落ちていきました。

これで自分の中の仮説は確信へと変わりました。つまり、コースにでたら、スイングのことを考えるのではなく、人間本来もっている本能にまかせることでミスが少ないショットが打てるんだということがわかったのです。

野球でもバスケットボールでもサッカーでも、スポーツは反射神経で無意識に動作をしています。いちいち考えながらパスをしたり、シュートしたりしませんよね。

でもゴルフは反射神経を使わないから、自分のチェックポイントをいちいち確認しながらスイングしてしまいます。

自分の体験では、アドレス後にチェックポイントを考えながらスイング動作に入っていくと、体のどこかでおかしな動作が起こってもそのまま一連の動作としてフィニッシュまでいってしまい、結果ミスショットがでます。

スポンサードリンク

しかし、アドレス後に狙った場所だけイメージしてスイング動作をすると、体のどこかでおかしな動作が起こったとき、無意識に体の調整能力が働いで軌道を修正してくれて大きなミスにならないですむのです。

読者のあなたにもあることだと思いますが、スイング中に「ヤバイ!右へ行きそう」などとスイング中に瞬時に思ったことってありませんか。

スイングのほんの0.00何秒という短い時間の中の自分の中での判断というか予感というか不思議な感覚。

機械的にスイングチェック通りにスイングするとその感覚を無視してフィニッシュまで一連の動作としておこなってしまうのですが、意識を目標だけに向けていると本能がスイングを微調整してくれて大きなミスを防いでくれるのです。

レッスンプロの佐久間馨がある番組で、「ゴルフスイングは無意識にやること。コースや練習場では無意識に打てるようしておくこと。腕やヒジなど意識するのは家でやればいい」と言っていました。

無意識=反射神経=調整能力=本能

・・・とここでは表現しますが、左右の曲がり・ダフリなどを本能が防いでくれることを何度も実感しました。

本能にまかせてゴルフをすることに気づいてからは、自分は大叩きがなくなりスコアも安定していき、順調にシングルになることができました。

右脳を使った本能でゴルフをする練習方法を紹介

ゴルフ スコアアップ コツ

まず自宅での素振りで自分のスイング時のチェック項目を体に叩き込んでおきましょう。

人それぞれにチェックする箇所は違うと思いますが、たとえば

  • テイクバック初動では、ヘッドを30センチまっすぐに引く
  • 手が地面と平行になってからコックを入れる
  • 両肘を近づけるようにしてトップをつくり両肘は下を向いている
  • 左足かかとから踏み
  • 左肩を開かない

など、とチェック項目があるとしたら、まず自宅で反復練習して体に覚え込ませる。

練習場では上のチェック項目を無意識でできるようにする。頭の中で考えているのは目標だけ。例えば練習場なら数字の表示のあるネットなど特定の場所をイメージしておく。とにかくスイング動作のことは考えず、目標をイメージすることに集中します。

意地でもあそこへボールを運ぶ!という気持ちでショットするのです。こうしているうちに、体が無意識に反応していき本来、誰もが持っている反射神経=調整能力=本能で思ったところにボールを運ぶのが容易になってくると思います。

左脳は言語脳といって、言語や理論など理解するのに役立つ脳ですが、右脳はイメージ力やひらめきを与えてくれる脳だといいます。

今まで、スイング理論や理屈に縛られてイチ、二、サン!とやっていた左脳ゴルファーは、もっと右脳を使ってゴルフスイングを練習してみてください。

アプローチやパッティングも本能にまかせてみよう

ゴルフ スコアアップ コツ

よくアプローチやパッティングの残りの距離を測るのに歩測する人がいます。別にやってもいいのですが、これも本能にまかせたほうが精度が上がりますし、歩測する間の時間の短縮にもなります。

ゴミ箱にゴミを投げ入れるときって歩測とかしませんよね。キャッチボールで遊ぶときも歩測なんてしませんよね。

人間は目で見て、だいたいの距離が測れる能力が最初から備わっているんです。なのにゴルフになると途端にこういった能力にフタをして歩測したりしてしまいます。

もっともっと、ゴルフも他のスポーツスポーツ同様に、無意識=反射神経=調整能力=本能を積極的に使うようにすれば上達は速くなるだろうと思います。

まとめ

自分はこの本能を意識したプレーでスコアがガラッと変わり、好不調の波も少なくなってきました。この方法は自分にできたことなので、読者のあなたにも絶対にできるはずなんです。本能は誰にでも最初から備わっているのですから。

今まで何年やってもゴルフがうまくいかなかった左脳重視のゴルファーは、試しに本能にまかせたゴルフをしてみませんか?今までと同じやり方を今後も繰り返していたら、いつまでたっても同じことの繰り返しのはずです。

一度ではうまく結果がでないかもしれませんが、何度も試していくうちに今までと違うプレースタイルが確立できるかもしれませんよ。

ゴルフは情報量が多すぎ!これが上達を阻む要因です
スイング動作のチェック項目は考えるのをやめてみませんか?

自分がシングルになれたのは本能にまかせたから!
本能を使えばスコアが変わった。

本能でゴルフをするために
まずは練習場で本能を使えるようにしてみましょう。

アプローチやパッティングも本能にまかせてみよう
歩測をやめて、目で見た距離感を磨いていこう。

スポンサードリンク

よく読まれている記事