ゴルフスイングはシャフトが寝るとダフリやシャンクに。原因と治し方対策は

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

ラウンド中や練習中に突然シャンクがでたり、ダフリが止まらないときに「シャフトが寝ているよ!」と言われたことはありませんか?

 

初心者のスライスなど右方向へのミスのほとんどはクラブが寝ていることが原因なんです。でも、「シャフトが寝る」っていったいどんな状態なの…?

ここでは、「シャフトが寝る」という言葉の意味と、効果てきめんな4つの直し方を紹介していきます!

スポンサードリンク

シャフトが寝るってどういうこと?

初心者ゴルファーにもっとも多いミスのひとつが「シャフトが寝る」という状況です。シャフトが寝てしまう原因は単純にクラブヘッドが重たいためなのです。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

アドレスからテークバックを開始してクラブがトップの位置にくると、クラブヘッドの重さからヘッド部分が重力で下に落ちてしまいます。

このクラブヘッドが真下に落ちようとする力に逆らえずに、クラブヘッドが下に落ちたままでいるとシャフトが地面とほぼ水平になってしまいます。このシャフトの動きを「シャフトが寝る」と言うのです。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

逆に「シャフトを立てる」という言葉がありますが、これは文字通りダウンスイング時にシャフトが立っている状態をいいます。シャフトが適正な角度で立っているとスイングプレーンに乗り、大きなミスをせずほぼストレートの球筋になります。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

 

シャフトが寝ることで起こるミスとは?

シャフトが寝ることで、主に3つのミスが多発してしまいます。

1)長いクラブだとヘッドが先に地面に落ちてしまい、ダフりやすくなります

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

2)フェース面が常に上を向いたままの状態になってしまうので、うまくボールに当てることができてもスライスシャンク・プッシュアウトなど右方向へのミスがでてしまいます。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

 

③アームローテーションができる中上級者だと、インパクトでフェースを返しすぎてしまいチーピンが頻繁にでてしまいます。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

 

シャフトが寝るのを防止する4つの解決法

以下の対策方法から自分の症状に合わせて試してみてください。

1)トップの位置で左手甲を真っ直ぐにする

トップからダウンスイングの初動でクラブヘッドの重さで自然と左手甲が手のひら側に折れるとシャフトが寝てしまいます。

なので、トップで左手甲が真っ直ぐになるように意識してください。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

逆に、右手に力が入りすぎている人はトップで左手甲が甲側に折れてしまい、シャフトクロスの状態になります。このままダウンスイングするとフェースが開いた状態なので、これもスライスなど右方向のミスがでやすくなってしまいます。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

ぜひ、トップで左手甲は真っ直ぐを強く意識するようにしてください。

 

2)ダウンスイングで左肘がずっと地面を向くようにする

トップで左手甲を真っ直ぐにしているのにシャフトが寝てしまう人がいます。こういった人は、左肘の向きが間違っているので注意してください。

トップの状態で左肘が正面方向を向いていると、トップの位置も低く水平にちかくなってしまいます。そして、そのままダウンスイングすると左脇があいてしまい、シャフトが寝てしまうのです。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

正しい肘の向きは、トップの状態で左肘は地面を向いています。左肘が地面を向いていると自然とトップは適正な高さになり、そのままダウンスイングすると自然と左脇も締まり、シャフトが立って下りてくるようになります。クラブも勝手にスイングプレーンにのってくれるのでナイスショットにつながりますよ。

スポンサードリンク
シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

 

3)ダウンスイングで右ひざが前にでないように意識する

下半身で打つことを意識している人に多いミスが、右ひざが前にでてしまう動きです。右腰を回そうという意識がとても強いのです。

右ひざが前にでてしまうと、両腕は下に下ろせなくなり、ヘッドが開いた状態のままインパクトを迎えてしまいます。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

なので右ひざがカンタンに前に出ないようにすることが改善策となります。では、どうやって右ひざが前にでるのを抑えるのか?その秘密は、アドレスの形にあります。

 

下の図のようにお尻がストンと落ちたアドレスだと、ひざは前後に動きやすく、なおかつ上下動もしやすいのでスイングがいつまでたっても安定しないのです。

正しいアドレスは、お尻が釣り針で空から吊られているようなスタイルです。このスタイルだと、懐が深くなりダウンスイングでクラブが通る道もできますし、ひざが前に動きにくいのです。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

アドレスをおざなりにやっている人は、けっこうストンと落ちたお尻のアドレスをしています。このアドレスでは、いくら練習してもスイングの安定には程遠いです。ぜひ、お尻がちゃんと空から吊られているようなアドレスを毎回心がけてください!

4)テークバックの始動でクラブのフェース面に気をつける

アドレスの状態からテークバックを開始するときに、クラブのフェース面がずっとボールを見ているようにクラブを徐々に上げていきます。

そうすると、シャフトが地面と平行になったときにはクラブの傾きがこのようになります。フェース面が約45度斜め下を向いている感じです。

シャフト 寝る 原因 治し方 シャンク スライス ダフリ

このままトップまでクラブを持っていき、ダウンスイングでシャフトが平行になるときにクラブフェースの角度がまたテークバック時と同じ角度になるように意識すると、シャフトが寝ることはありません。

シャフトが寝る状態とはクラブフェース面が上を向いている状態なので、フェース面を斜め下に向ける意識を持つことでシャフトの寝る状態を防止できますよ。

だがしかし、必ずしもシャフトが寝る打ち方が間違いではない

自分のスイングが固まってきている中上級者では、わざとシャフトを寝かせながらスイングしている人もいます。こういう人たちはシャフトを寝かせたスイングからクラブをインサイドアウト軌道で操り、ドローやフックを自在に打っているのです。

このシャフトを寝かせながらインサイドアウトに振るスイングは、ゴルフ雑誌でよく解説している森守洋プロが推奨している打ち方でもあります。

しかし、この打ち方はアームローテーションが十分に身についている中上級者にとっては取り入れやすいスイングですが、100切りを目指すゴルファーが習得するには、逆に難しいのでは?と思うので自分としてはあまりオススメはいたしません。

森守洋プロと同じようにアームローテーションを重視しているレッスンでは桑田泉プロがいます。両者はときどき同じようなスイング理論では?と思われがちですが、実際は動きや教え方にかなりの違いがあります。

どちらかと言うと桑田プロのレッスンの方がシンプルでわかりやすく、習得しやすいのではないかと思います。(桑田プロはシャフトを寝かせた打ち方は教えませんから)

自分としては、アームローテーション重視でスイングを覚えるのならば、当サイトのアームローテーションの記事を、また桑田泉のクォーター理論のDVDや書籍に目を通されると理解が深まると思います。

アームローテーションについての記事はコチラ>>

桑田泉プロのクォーター理論についての記事はコチラ>>

すでにアームローテーションに自信があり、ボディターン重視のスイングも覚えたいという人には、谷将貴の書籍やDVDなどがとてもわかりやすいと思います。

個人的にはボディターンを推奨している多くのプロの中では、谷プロが一番わかりやすく習得しやすい理論だと思います。

谷将貴プロの記事はコチラ>>

そして、どういった方法にせよ自分のスイングがある程度固まってから、ドローやフックをシャフトを寝かせる打ち方で覚えてみるとスイングにも幅ができ、コース攻略の引き出しもグッと増えてくることと思います。

まとめ

◎シャフトが寝るとはどういうこと?
フェースが真上を向いた状態でダウンスイングしている状態をシャフトが寝るといいます。

◎シャフトが寝ることで起こるミスとは?
主に以下の3つのミスが起こります。

  1. ヘッドが先に地面に落ちてしまい、ダフる。
  2. フェース面が常に上を向いたままの状態になってしまうので、うまくボールに当てることができてもスライスやシャンク・プッシュアウトなど右方向へのミスになる。
  3. 中上級者だと、フェースを返しすぎてチーピンのミスになる。

◎シャフトが寝るのを防止する4つの解決法

  1. トップの位置で左手甲を真っ直ぐにする
  2. ダウンスイングで左肘が地面を向くようにする
  3. アドレスの前傾姿勢を正しく行い、右ひざが前にでるのを防ぐ
  4. テークバックの始動でクラブのフェース面に気をつける

◎必ずしもシャフトが寝る打ち方が間違いではない
シャフトを寝かせたスイングからドローやフックを打つ中上級者ゴルファーは多くいます。
なので一概にシャフトが寝るスイングが悪いスイングというわけではありません。

スポンサードリンク

よく読まれている記事