ゴルフルール改正2019版|OBやドロップ、池の処理など図解で紹介

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

2019年1月1日からゴルフに新ルールが適用されます。今回のルール改正はゴルフのプレイ人口減少に歯止めをかけるため、時間短縮とシンプル化をコンセプトに作られており、今までよりも大胆な内容変更になっています。

ルール改正後は、プレー時間もより速くなり、ハザードの処置で悩むこともなくなるかもしれません。今から、少しずつでも頭に入れておきましょうね^^

スポンサードリンク

2019年ルール改正はプレーファストと単純化のため

今回のルール改正を読んでいくと、ゴルフ人口を増やすために今までの複雑だったルールを簡素化にしてわかりやすくし、ラウンドのプレーファスト(速い進行)をうながすためであるという印象を受けます。

新聞の文字の大きさが段々と大きくなり、時代とともに読みやすさが重視されてきたように、ゴルフもルールを簡素化してシンプルにすることでゴルフ人口の減少を食い止め、初心者でも気楽にプレーしやすい方向へ舵をきったようですね。

以下で細かく見ていきましょう!

ここが変わった!新ルール解説17のポイント

1)OBはボールが消えた周辺から2打罰で打てる

これはプロ公式競技では使えませんが、アマチュアが一般的にゴルフを楽しむルールとして採用されます。

OBロストボール(紛失球)になってしまったとき、グリーンに近づかない範囲で失くしたと思われる辺りから2打罰して打つことができるようになりました。

以前ならば、打ったボールがOBかどうか不確かな場合は暫定球を打ったり、暫定球を打っていなかった場合は最後に打った場所まで戻って打ち直したりしていました。また、1打目でOBの場合はローカルルールで、前進4打の特設ティーから打つことになっていました。

とくに、暫定球を打つのに時間がかかったり暫定球もまたOBになってしまうなど、かなりの時間ロスをする場合がありましたが、このルール改正後は時間短縮でかなりスムーズに進行ができるようになると思います。

また、このルールによって前進4打の特設ティーなどがゴルフ場からなくなるかもしれませんね。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

2)距離測定器の使用が認められた

アマチュアのお遊びのラウンドでは、距離測定器の使用は認められていましたが、競技では使用はダメでした。

しかし、今回の改定で距離測定器の使用が大々的に認められることになりました。ただし、高低差がわかる高性能なタイプは使用は禁止です。単純に距離だけがわかるタイプのものが使用OKになるようです。

 

3)レディー・ゴルフのススメ

今までは、ピンから一番遠い人から打つのが当たり前の原則でした。しかし、今回のルール改定からは準備が整った人から先にドンドン打っていいということになりました。

このため、打つ前にモタモタしている人がいてもイライラ待つことなく、「先に打ちます」との声掛けで、先に打つことができるのでゴルフの進行もかなりスムーズになり、時間短縮に貢献するルール改正だと思います。

 

4)ドロップはひざの高さで

以前のドロップは、肩の高さから落としていましたが、ルール改正後はひざの高さからになります。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

以前のような肩の高さからだと、斜面にドロップするときなどは、かなりの勢いで下に転がっていったり、逆に池に落ちたりなどのハプニングが続出でしたが、ひざの高さになるとこういったハプニングも少なくなりそうですね。

 

5)ボールを探す時間が3分に短縮

林の中や深いラフなどでボールを探す時間が以前は5分間でしたが、3分間に短縮されました。これもプレーファストにかなり貢献する改正ですね。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

 

6)バンカーが苦手な人に救済措置が

バンカーに入ってしまったら、アンプレアブルを宣言すれば、2打罰でバンカー外に出して打つことができるようになります。

今までバンカーが苦手でいつも4打5打など打ってしまう人にはとても朗報です。しかし、バンカーショットが上達しなくなってしまうという弊害もあるかも・・・(汗)

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

 

7)バンカー内の障害物が動かせるようになった

バンカー内のルースインペディメント(落ち葉や石・ゴミなど)は今までは動かすことができませんでしたが、ルール改正後はこれらを動かしてプレーすることができるようになりました。

 

8)グリーン上、ボールが動いても無罰

パッティングの際にアドレスに入ったとき、不可抗力でボールが動いてしまってもペナルティが課されることがなくなりました。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019
スポンサードリンク

 

9)パットのライン上の修復が可能に

自分のボールとカップの間のライン上には、ボールマーク(ボールが着弾した時に地面につくくぼみ)スパイクマーク(スパイクで地面を引きづった跡など)がある場合があります。

以前では、ボールマーク以外のライン上の修復はできなかったのですが、ルール改正後はスパイクマークやその他の地面のキズに対して修復することができるようになりました。

 

10)ピンを抜かずにパットしても大丈夫

今までは、パッティングするときはピンを抜かないといけなかったのですが、ピンを抜かないでもパッティングがOKになりました。

また、グリーン上に置いたピンにボールが当たっても無罰に。これでグリーン上はかなりスムーズに進行ができるようになると想います。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

11)2度打ちが無罰に

突然起こる、不可抗力の2度打ち。今までは1打罰が課せられていたが、ルール改正後は無罰に。これでムダにスコアが悪くなるのが防げるかも。

 

12)自打球が無罰に

自打球とは自分が打ったボールが自分の体に当たること。例えば、林の中にボールが入ってしまい、そこからボールを打ったら木に跳ね返って自分に当たってしまった・・・なんて人はわりと多いかもしれませんね。

今までのルールでは自打球は1打罰だったのですが、ルール改正後は無罰になりました。これで安心して自打球できますね(笑)

 

13)救済を受けるときにボール交換ができる

競技の場合のゴルフは1つのボールでプレーするのが原則なので、ボールを交換することができませんでした。しかしルール改正後からは救済を受けてドロップする際にボールを交換することが許されるようになりました。

遊びのラウンドではもちろん、ボール交換などはそれぞれ自由でいいと想いますよ。

 

14)捜索しているときにボールを動かしても無罰

深いラフに入ってしまったボールを探しているときに、ボールに気づかずに蹴ってしまったなど、不可抗力でボールを動かしてしまった場合、ペナルティはなく無罰になります。

 

15)ペナルティエリア内ではソールしてもOK

今までウォーターハザードと呼んでいた場所がペナルティエリアという名称に変更。

そしてペナルティエリア内ではアドレスのときにクラブを地面にソール(クラブヘッドを地面に付ける)しても大丈夫となりました。今までソールしないと打ちづらい!と思っていた人には朗報ですね。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

 

16)方向確認は自分で

よくプロのテレビ中継を見ていると、プロがスタンスをとった後、キャディがホールとボールを結んだ後方に立って、スタンスの方向の確認をするシーンがみられますが、このキャディの方向確認が禁じられることになりました。

なので、プロの試合でもキャディの方向確認がなくなる分、プレーが早く進行できるようになります。

このルール改正は、自分たちのようなアマチュアにはあまり関係ないのですが、クラブ競技などに参加すると気の利いたキャディが方向確認してくれることがあったりするものです。

しかし、これからはこういった行為が禁止になりますのでご注意くださいね。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

17)名称の変更

  • ティーインググラウンド→ティーイングエリア

ティーインググラウンドとは1打目を打つ場所のこと。ルール改正後はティーイングエリアと名前が変わります。

  • スルーザグリーン→ジェネラルエリア

スルーザグリーンとはティーインググラウンドとグリーンまでの間でバンカーやペナルティエリアなどを除外した区間のことをいいます。ルール改正後はジェネラルエリアと名前が変わります。

  • ウォーターハザード→ペナルティエリア

ウォーターハザードはのことを指します。ルール改正後はペナルティエリアと名称が変わります。

ゴルフ ルール改正 図解 池 ob 2019

ルール改正後は、○○エリアという言葉で統一していくようですね。

まとめ

ゴルフのルール改正はこれまでにも時代を反映させて何度も行われてきました。しかし、2019年1月1日から施行される今回の新ルールは、2つの目的があることがはっきりと感じられます。

1つ目は、時間短縮のため。
ゴルフはハーフ2時間強かかり、お昼休みが入り、後半ハーフがあるので合計で5時間はかかってしまいます。このプレー時間が長すぎて嫌がる人も実は少なくありません。

今回のルール改正後ならば、おそらくハーフ20分以上は時間短縮できるのではないかと想像できます。時間が短くなれば現代の飽きっぽい若い世代でも興味を持つ人が多くなりそう・・・という協会の狙いが見えます。

2つ目は、ルールの単純化です。
バンカーや池に入ったときのハザードのルールが簡略化。そしてグリーン上の細かなルールもシンプルに。極めつけは、ティーショットでOBしたときの処置がとても単純になりましたので、今まで前進4打って?暫定球(ざんていきゅう)って何?という初心者ゴルファーでもかなりわかりやすくなったのではないかと思います。

せっかくこうしたルールで時間短縮・ルールの簡素化がなされたのですから、日本のゴルフ場の悪しき習慣であるハーフが終わったら強制的にお昼を食べる。という暗黙のルールも壊していただきたいと思います。

18ホールのスループレーを原則として、お昼を食べるのは自由!

こうしたゴルフ場改革をすれば、さらに一層ゴルフ人口の減少を食い止められることと思います。

スポンサードリンク

よく読まれている記事