ゴルフ・パット数を減らすコツと距離感の練習方法!有終の美を飾るために

ゴルフ パット コツ

ショット練習や飛距離アップのための筋トレなどを必死にやって300ヤード飛ばしても、パットの距離感がメチャクチャで3パット・4パットではスコアは良くなりません。

そして
「せっかく2打でオンしたのに3パットかよ!」

と、いった不平不満が積もり積もって、精神的なダメージが次第に大きくなってくるものです。

こういった状態になると、もう止まりません!そのまま負のスパイラルに突入してしまいます。

こうならないためにも、たとえラインがうまく読めなくても2打でカップインできるように、できるだけカップに近づけられる絶対的な距離感を身につけたいものです。

ここではレッスンプロ上級者たちから学んだ、自宅でカンタンに距離感を磨く方法と、さらにパッティングが上達するコツを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

自宅のパターマットで徹底的に距離感を磨く3つの練習法

誰でも自宅で気軽にできるパターマットを使った距離感の磨き方を紹介します。

カップを見ながら打つ

プロでもよくやっている練習方法がボールを見ずに、カップの穴を見ながら打つ方法です。
遠くのゴミ箱にゴミを投げるときには、手元を見ずにターゲットのゴミ箱を見ながら投げますよね。それと同じことです。

最初はカップインしなくても全然問題ないです。これを続けていくと、目で見た距離を瞬時に脳が判断できるようになっていきます。脳が鍛えられると自然にタッチも距離感が合ってくるものです。

とくに、女性は男性よりも距離感がうまく合わない人が多いように思えるので、この練習をたっぷりやると、だんだんとパット上手になっていきますよ。

カップの奥のフチに当ててカップインさせる

ゴルフ パット コツ

これは、ちょっと強めに打つ練習になります。キモはちょっと強めに打つということ。
かなり強く打ってしまうと、カップの奥のフチには当たらずに通り過ぎてしまいます。微妙に強く打つことで、奥のフチに当ってカップインが成功します。

これは実際のラウンドでもかなり役に立つ練習方法です。これができるようになると、曲がるかどうかわからないような微妙な短い距離でも、怖がらずに強気でカップインさせることができます。

この練習でオーバーさせ過ぎない、絶妙な距離感・タッチが磨かれていきます。

カップの手前ギリギリからコロンとカップインさせる

ゴルフ パット コツ   

上記のカップインのやり方ができるようになったら、今度はカップの手前に止まるくらいの強さでボールを打ちます。そして、そのボールがギリギリでコロンと落ちるようにカップインすることを目指します。

ここでのキモはショートしすぎないこと。

弱く打ちすぎると、カップには全然届きません。ボールの勢いが止まらずに、惰性でカップまで近づくような強さのタッチが求められます。もちろん強すぎてカップをオーバーするのは問題外ですよ。

あくまでも、ボールの勢いが止まらないままカップの近くまでいくくらいの距離感を鍛えるのです。

このカップの奥と手前を狙う2つの距離感がだせるようになると、本番のラウンドでも自然と強めに打てたり、弱めに打てたりが自在にできるようになっているはずです。

片手でパッティングする

これは、タイガー・ウッズ松山英樹がよくやっている練習です。片手で練習することで、手先を使ってのストロークができなくなり、肩や背中の大きな筋肉を使ったストロークを自然に身につけることができます。

ゴルフ パット コツ

左手の片手打ちでは、左手リードの感覚がつかめてきます。左脇がカラダから離れてしまっても構いませんのでまっすぐカップ方向にパターフェースを出すように左肩を使ってストロークすることが大事です。左肩をうまく動かすことで、転がりのいいボールが打てるようになります。

右手の片手打ちでは、手首の角度を変えないように意識をしながら打ちます。右手をしゃくるように打つのは厳禁です。

距離も合わないし、ダフるし、ボールの転がりも悪くなります。手首をロックすることでカラダ全体でストロークするようにしましょう。

つまらないミスをなくしてパット数を減らすコツ

パッティングはとても繊細です。だからこそ、ちょっとした油断や小さなミスでカップインができなくなってしまいます。

ここでは、限りなくミスを最少に抑えて、カップインの確率を上げ、パットするを減らすコツを紹介します。

アナタは素手派?グローブ派?

ドライバーやアイアンではグローブをはめるのにパターではグローブを外す人は多いです。これはその人それぞれの感覚的なものなので、自分がパットを成功させやすい方を自由に選んでかまいません。

素手でパットする派・・・素手の方が手の感覚が研ぎ澄まされて、微妙なタッチがだせる人など

グローブをはめる派・・・肩や背中の大きな筋肉でストロークするので、手の繊細な感覚はあまり使いたくない人など

しかし、もしアナタがグローブをはめてパットをすることを選んだのなら、自宅練習でも必ずグローブをはめて練習してください。ここで面倒がって素手で練習するのはダメですよ。できるだけ本番と同じ状態に近づけて練習するほうが、効果が上がります。

ショートパットでどうしてもひっかけてしまう場合は

ゴルフ パット 距離感 練習

カップまでの距離が短いとどうしてもボールを打った後、ボールの行方が知りたくて、ヘッドアップ(顔を上げる)したくなりますよね。でも、顔を上げるな!と言われてもなかなかカラダが言うことをきかない、ということは自分にも痛いほどわかります。

どうしてもボールを追ってしまうという場合は、次の2つのコツを試してください。

1)ボールを凝視しない

パター以外の、アイアンショットやアプローチでもヘッドアップ常習者はボールを凝視しすぎています。レッスンプロの桑田泉クォーター理論ボールは見るな!と語っています。

これはつまり、凝視するな!見すぎるな!ということなのです。
ボールを見すぎることによって、打った後に反射的にヘッドアップしてボールを追ってしまうんです。

スポンサードリンク

ボールを凝視しないためのコツは、

  • アドレス時に下目づかいでボールを見るようにする
  • アドレス時に鼻先がボールを見るようにする

少し顔を上げる状態になりますので、いつもボールを凝視している人には違和感があるかもしれませんが、どちらかの好きな方法を選んで、自然にできるようにクセにしてください。ちなみに自分は鼻先がボールを見る方法を採用しています。こちらの方がしっくりとくるので^^

これはパターだけでなく、ゴルフの全てのショットに使えるコツです。今日からはボールは凝視しない習慣を身につけましょう!

2)アゴを意識する

ボールを凝視しないようにすると打ちにくい!とか、凝視しなくてもどうしても顔が上がる!という人は、アドレス時からフォローまでアゴの位置を一切動かさないように意識してストロークするようにしましょう。

  • 頭がどうしても動いてしまうような人でも、不思議なことにアゴを意識すると動かなくなります。
  • また、チンバックのようにアドレス時で若干アゴを右に向けて、左目だけでボールを見るようにしてストロークするという方法もあります。

以上のコツを覚えることで、ショートパット時のヒッカケミスは激減するはずです。厳密に言えばヒッカケのミスは他にも原因がありますが、ヘッドアップによるヒッカケミスの確率だけでもこの方法で限りなくゼロにしてしまいましょう。

ボールの転がりをよくする打ち方

ゴルフ パット コツ

パットの上手い人、よく入る人の打った球は順回転で転がりのいい球を打っています。こういう球が打てると最後のひと伸びでカップインする確率が上がります。

では、どうやって順回転の転がりのいい球を打つのか?

それは、フェースがボールに当たるとき、カップ方向に押しながら縦回転させるつもりでゆるやかにヘッドを上げていくのです。

テニスや卓球でドライブ回転をかけるように、
パターフェースでボールに縦回転をかけるように打ちます。

これにより、球に伸びのある順回転がかかって、途中でキレたりショートせずに、カップインの確率が高くなります。これはかなり即効性のあるコツですよ!

さらにカップインを成功させる確率を上げる方法

ゴルフ パット コツ

これは、実はとてもカンタンなことです。

それは、同伴者のパットを真剣に見る、ということです。

特に、同じようなラインにある人のパットはしっかりと見て、参考にすること。

実は、100をなかなか切れない人は、自分のパットのことしか考えないで他人のパットをあまり見ていないものです。しかし、プロや上級者ほど、他人のパットを食い入るように見ているものなのです。

見るべきポイントは3点。「方向」「スピード」「曲がり方」です。

どの方向に打ったのか? どのくらいのスピードで転がっていくか? ラインはスライスかフックか真っすぐか?
どのくらいボールが曲がったか?

いかに他人のパットからグリーンの情報を集め・分析し、自分のパットに活かせるか?
これがカップインの確率を限りなく上げる方法なのです。

試験でのカンニングはダメですが、ゴルフのカンニングはどんどんやるべきです。グリーン上はボケっとしているヒマはありません。どんどん情報集収し、パットの成功確率をあげるようにカンニングしましょう!

まとめ

ゴルフも、仕事も、恋愛も、すべては同じことです。

いくら途中まで完璧にうまく事を運んでも、最後のクロージングで失敗してしまっては、これまでの努力はすべて水の泡になってしまうのです。

終わりよければすべてよし!

たとえ、OBをだしても、そのホールでロングパットが決まってボギーで終了できたらすごく気分がよくなりますよね。
今日は楽しいラウンドだった!と思えるように、パター練習をしっかりやって毎ホール、パットをキッチリ決めましょう!

◎自宅のパターマットで徹底的に距離感を磨く3つの練習法
カップを見ながら打つ
ゴミ箱にゴミを投げるときは手元を見ずにゴミ箱を見ながら投げます。その要領で、カップを見ながらパッティングをします。

カップの奥のフチに当ててカップインさせる
少しだけオーバーさせる距離感や、ショートパットがうまくなる練習法です。

カップの手前ギリギリからコロンとカップインさせる
ショートしすぎるパットが改善されます。ジャストタッチの距離感がつかめるようになります。

片手でパッティングする
左手の片手打ちでは、左手リードの感覚がつかめます。
右手の片手打ちでは、手首をロックすることの大切さが理解できます。

◎つまらないミスをなくしてパット数を減らすコツ
アナタは素手派?グローブ派?
本番でグローブをはめてパットをする人は、自宅の練習でもきちんとグローブをはめて練習しましょう。

ショートパットでどうしてもひっかけてしまう場合は
ヘッドアップが原因でひっかけがでてしまうのを防止する

1)ボールを凝視しない
・アドレス時に下目づかいでボールを見るようにする
・アドレス時に鼻先がボールを見るようにする

どちらかの方法で、ボールを見すぎるクセを治そう。

2)アゴを意識する
・アドレス時からずっとアゴを動かさないように意識してパッティングする
・アドレス時に若干アゴを右に向けてからパッティングする

どちらかの方法で、ヘッドアップのクセを治せばショートパット時のひっかけが激減するはずです。

ボールの転がりをよくする打ち方
順回転を意識的にかけることで、伸びのある曲がりにくい球筋でカップインの確率が上がる。

さらにカップインを成功させる確率を上げる方法
他人のパッティングをじっくりと観察すること。
しっかりと見るべき所は「方向」「スピード」「曲がり方」の3点です。

 

 

スポンサードリンク

よく読まれている記事