安倍首相とトランプ次期大統領ゴルフ会談?贈り物の価格は?イボミ契約のあのドライバーか

安倍 トランプ ゴルフ

2016年11月17日に安倍晋三首相(62)とドナルド・トランプ次期大統領(70)がニューヨークのトランプタワーで約1時間半の会談。
そのときに、安倍首相がトランプ氏にプレゼントしたのがイ・ボミが契約している本間ゴルフのドライバーでした。

この安倍首相がプレゼントしたドライバーとはどんなクラブなのか?
ちょっと調べてみました^^

スポンサードリンク

会談のお土産は、本間ゴルフ最高級品のドライバー

安倍首相がプレゼントしたその商品は、本間ゴルフの最高級モデル

BERES(ベレス)S-05  5Sグレード

BERES(ベレス)S-05の特徴は、ヘッドとシャフトのトータルな設計で、驚異の飛距離性能を引き出すハイパフォーマンスなクラブ。
スライサーが捕まりのいい球を打って飛ばすことに向いているクラブで、山形県酒田市にある工場の職人たちが、持てる技術のすべてをかけて丹精こめて製作する匠の業物(わざもの)です。

一般的には約9万円前後の2Sグレード、12万円前後の3Sグレード、20万円前後の4Sグレードのモデルが売られています。

安倍 トランプ ゴルフ
そして最高級品の5Sグレードは、プレーヤーがシャフトの長さや硬さ、クラブバランス、カラーなどの細部を本間ゴルフスタッフと徹底的に意見を交わして製作するフルオーダーモデル
そのため、価格は業界最高ランクの50万円になります。もちろん、店頭での気軽な試打はできません(笑)

トランプ氏に贈られたモデルはこの5Sグレードで、ヘッドがすべてゴールドに塗られたものだそうです。

しかしこのドライバー、急遽、二人の会談が決まったのでフルオーダーのものではありません。

外務省職員がプレゼント用の国産ドライバーの購入を探して、本間ゴルフ八重洲店(東京都中央区)を訪れたときに、このドライバー「BERES(ベレス) S―05」シリーズの最高級モデル「5Sグレード」が、オーダー例として1本だけ店に陳列されているのを発見。それを50万円で購入したようです。

これで、本間ゴルフのクラブは日本やアメリカで今後売れ行きが大幅アップするかもしれませんね。
(アメリカで販売しているのかはわかりませんが)

なぜ、安倍首相はゴルフのドライバーをプレゼントしたのか?

トランプ氏は大のゴルフ好きで、アメリカをはじめ、ヨーロッパ各国アラブ首長国連邦(UAE)ドバイなどで約20カ所のゴルフ場を経営しています。
そして自身もハンディキャップ 3という情報もあります。

そして、安倍首相もゴルフが大好きです。休暇ではよくゴルフをしているようです。
腕前は・・・これまで国家機密として明かされていませんでしたが、最近、スコア90前後の腕前であるということが判明したようです^^
多忙で練習やラウンドもあまりできない境遇で、90台はとても立派なスコアですよね。

そんなゴルフつながりの二人。

トランプ氏がゴルフ好きな情報をキャッチして、安倍首相が、メイドインジャパンの本間ゴルフのドライバーをプレゼント。
一方、トランプ氏も安倍首相のゴルフ好きな情報をキャッチしてゴルフシャツをプレゼント。

お互いにゴルフ関連商品を贈ったのは、偶然だったようです。波長が合ったのでしょうかね^^

国産メーカー、本間ゴルフとは?

本間ゴルフとは、1959年設立。本社は東京・港区。1963年からクラブ製作を開始。

国内生産にこだわり、パーシモン(柿)製ウッドや業界初のカーボンシャフトクラブで人気メーカーに。
2005年に一時、経営破綻の憂き目を見るも2010年に中国資本のグループ傘下に入って再生。現在、ツアープロから絶大な支持を受けて多くの選手がクラブ契約しています。

安倍 トランプ ゴルフ

【契約プロ】
男子国内ツアー

  • 谷原秀人・・・TW727 455 ドライバー 
  • 藤本佳則・・・TW727 455S ドライバー (ロフト:9.5度)
  • 小田孔明・・・TW727 455 ドライバー (ロフト:9.5度)
  • 岩田寛・・・TW717 455 ドライバー (ロフト:10.5度)

など

女子国内ツアー

スポンサードリンク
  • イ・ボミ・・・TW727 455 ドライバー (10.5度)
  • 笠りつ子・・・TW727 455S ドライバー (9.5度)
  • キム・ハヌル・・・TW727 455 ドライバー (9度)
  • 福田真未・・・TW727 455 ドライバー (10.5度)

など

過去、オバマ大統領にはパターをプレゼントしていた

2013年オバマ大統領と会談したときに、安倍首相は山田パター工房(本社・山形市)のパターをプレゼントしました。
このときはオバマ大統領の方から、山田パターを指名したと言われています。

なぜかというと
2012年5月、米国オクラホマ州のリバーオークスGC(6850ヤード、パー71)で山田パター「エンペラー」を愛用している当時無名だったライン・ギブソンが世界最小スコア記録55をレコードしたことで、山田パターは一躍世界に名を広めました。

そのときのギブソンは「打つパットすべてが入った」とコメントしています。

そのエピソードを知っているからこそ、ゴルフ好きなオバマは山田のパターを欲しがったそうです。

この時の会談時にパターを贈るのも、急遽決まったことなので、最初は代替品として「スティック・オブ・ライフ」の左用(オバマは左利き)をプレゼント。そして後から、オバマ大統領が欲しがっていた本命の「エンペラー55」をあらためて贈ったようです。(ゴールドモデルかどうかは不明)

↑エンペラー55

しかし、このことで世界中で山田パターの認知度が上がり、注文が殺到。

山田パターは、社長の山田透さんが一人で作っているパター作り専門の工房。なので世界中からの注文には到底間に合わず、一時期は、納品されるのが1年後?ということもザラでした。

1本1本丁寧に作る日本の職人魂を感じますね。

実は、これを機に自分も購入しましたけど^^
自分はもうちょっと後で購入したのですが、3ヶ月で届きましたよ。

まとめ

ゴルフは人と人との潤滑油にもなるし、健康維持にもつながるし、素晴らしいスポーツですね。

本間ゴルフはこの会談がキッカケで、山田パターのように世界から注文が殺到するかもしれませんね。

会談のお土産は、本間ゴルフ最高級品のドライバー
商品は
BERES(ベレス)S-05  5sグレード ヘッドは金色

捕まりのいい飛距離重視のモデルです。

なぜ、安倍首相はゴルフのドライバーをプレゼントしたのか?
ドナルド・トランプは大のゴルフ好き。
世界各国の名門コースを多数保有し、腕前もハンデ3、らしい。

国産メーカー、本間ゴルフとは?
日本が産んだ職人集団工房が本間ゴルフ。
ツアープロからもアツく指示されています。

過去、オバマ大統領にはパターをプレゼントしていた
以前、オバマ大統領には山田パターのエンペラー55をプレゼント。
これを機に、山田パターは世界中から注目され注文殺到の嬉しい悲鳴が・・・

 

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>
安倍首相とトランプ大統領がゴルフ会談!スコアの勝敗や同伴プロは?あのクラブの動向も知りたい?!

松山英樹のドライバーは契約違反?三井住友でもキャロウェイを使用!このクラブの評価は?
谷将貴のゴルフ上達レッスン|腕を振らないヒップターンのシンプル理論

 

 

スポンサードリンク

よく読まれている記事