ゴルフ・アプローチの難点!シャンク・トップ・ダフリを撃退!ミス防止にはこのコツが効く!

ゴルフ アプローチ シャンクトップダフリ

ゴルフにおけるアプローチの重要性は以前のエントリー(ゴルフ・アプローチの基本的な種類と打ち方|スコアアップに直結するコツも紹介)でも書きました。しかし、何が起こるかわからないのがゴルフです!

せっかくグリーンそばまで無事にボールを寄せておいても、突然のシャンクやトップでOBへ!あるいはダフってしまい10センチほどしか前に進まない・・・。こんな悲しい体験をイヤと言うほど味わっている自分が、グリーン周りのトラブルの原因と対処法を解説いたします。

スポンサードリンク

シャンク|一度打ってしまうとクセになって悩んでしまう人も多い恐怖のミス

シャンクとは?

シャンクとは、クラブのネックにボールが当たってしまい右に勢いよく飛んでいってしまうショットのことです。ゴルフ アプローチ シャンク

勢いがあるので距離がでてしまい、OBまで飛んでいってしまう危険性があります。グリーン周りのOBが浅いホールでは充分に注意したいミスです。

OBとは
OBはアウト・オブ・バウンズの略で定められたコースの外にボールが飛んでいってしまうこと。ペナルティとしてスコアにプラス1追加されてしまう。

シャンクの原因と対策

シャンクの原因は下の3つが主なものと考えられます。

原因①
トップから打ちにいくときに、右ひざが前にでてしまい、腕がつられて前にでてしまう場合
対策:
右足のつま先を少し開いておくことで、右ひざが前に突っ込むのが防げます。
ゴルフ アプローチ シャンク

オープンスタンスとは
両足を平行に構えることをスクエアスタンスといいます。その状態から、左足を少し後ろに引いて立つことをオープンスタンスといい、アプローチや右に曲げたい球筋を打ちたいときにこのスタンスにするとクラブを振り切りやすくなります。
逆に、左足を少し前に出して立つことをクローズスタンスといいます。距離のでるドローボールを打ちたいときや、左曲がりの球筋を打ちたいときはクローズスタンスにします。

原因②
テイクバックで、インに引きすぎてクラブフェースが寝てしまう。クラブがタレた状態になってしまいそのまま打つとネックに当たってしまう。
対策:
クラブを立てる(上にあげる)ような気持ちでテイクバックすると、スムーズにクラブがボールに当たるようになります。
ゴルフ アプローチ シャンク

原因③
手でボールに合わせにいくことで、ハンドファーストが強くなり、ヘッドが開いて遅れてボールに当たる。手でターゲット方向に打つと左脇が空いてフェースも開いてしまう。

ハンドファーストとは
打つ準備をしたときに手がクラブよりも前にある状態のこと。反対はハンドレイトと言い、手がクラブよりも後ろにある状態を言う。

対策:
アプローチは手を使わずに、腹筋やみぞおちを意識して両脇を締めて、体を左にクルッと回るように打ては手は前にでません。
ゴルフ アプローチ シャンク

トップ・ダフリ|ゴルフをやるなら常時つきまとうミス!いつも警戒しておこう

トップ・ダフリとは?

トップとは、クラブがボールの上っ面に当ってしまうこと。思ったよりも距離がでてしまいオーバーになりやすいミス。

ダフリとは、ボールより先に地面を叩いてしまうミスのこと。特にアプローチのような小さなスイングは手で手加減しようと小細工してしまい、ダフるミスが多くなります。

トップ・ダフリの原因と対策

原因①
トップから打ちに行くときに、右肩が下がってしまい、コックがほどける。コックがほどけると、クラブが下がってしまい地面を叩くのがダフリ。
地面を叩いてから反射的にすくったときにボールに当たるのがトップとなります。
ゴルフ アプローチ トップダフリ対策:
トップから打ちにいくときにコックをほどかず下ろすようにする。グリップが寝ていると右肩が下がった状態になっている。

上記シャンクの②の対策と同じにクラブを立てるようにすることで右肩が下がるのを防げます。
「クラブが寝る」がもっと悪化すると、「右肩が下がる」ようになるのです。

スポンサードリンク

原因②
打つときに右足に重心が残り、上半身が後ろに流れてダフってしまう。
上の症状とは違い、クラブは寝ていないが、すくい打とうとして右に体重が残るときに起こりやすい。
対策:
アプローチはロブショット以外は左足にしっかりと重心を乗せて打つこと。
アドレスで左7:右3くらいの重心で。

それでも不安ならば、右足を左のカカト当たりまで下げたり、つま先立ちにすると自然と左体重になれます。

ゴルフ アプローチ トップ
右足に体重が残るというのは、潜在的にボールを上げたくて掬(すく)い打ちをしているからです。ポイントはボールはロフトが勝手に上げてくれるものと信じて、自分の力で無理にあげようとしないこと

アプローチでは両脇をしめて、左側に軸があると思ってクルッと体を回すと自然にクラブがボールに当たり飛んでくれますよ。ゴルフ アプローチ トップ

アプローチのシャンク・トップ・ダフりを防止する打ち方のコツ

上にミスショットがでないように対策を書きましたが、慣れでしまえばだんだんと打つ前のチェックをおろそかにして、なんとなく打ってしまい、またミスがでる・・・のループになってしまう人が多いものです。なので、50ヤード以内ならばミスの確率がグンと減る簡単ミス防止法を紹介します。

アプローチミス防止のコツ①アドレス

アプローチは左足重心で体がクルッと回ればミスが起こる確率が低くなります。なので強制的に左足体重になるアドレスをすればいいのです。

それが上で紹介した右足を1歩引いたアドレスです。それにプラスして右足をつま先立ちにするとより効果的です。

シャンクやトップ・ダフリの対策でもでてきたこのアドレスをアプローチをする度に毎回するのです。50ヤード以内のアプローチならこのスタンスでも充分届きます。左足がぷるぷるとキツイようならアプローチに大切な筋肉がついていないということなので、トレーニングにもなります。

ミスショットは大事な場面や忘れたころに突然起こるものです。とくにラウンド数や練習量が少ないゴルファーは常時、このアドレスでアプローチをすることをオススメします。

アプローチミス防止のコツ②右肩を使う

アプローチを右肩主導で打つ。

ゴルフ アプローチ ダフリトップこれはある名門ゴルフ場の専属プロから教わったことなのですが、アプローチは手を使わず、体の回転で打つとよくいいますが体よりも右肩を使うと回転しやすいと教えてくれました。

右肩を使うとミスがでやすいというイメージがある人も多いかと思いますが、それは右肩を地面方向に突っ込んでいるから。

ここでいう右肩を使うとは、右肩がアゴの下へ来るように飛球線方向へ回すということ。

ただ、体を回すようにすると頭もヘッドアップするし、体ごと左へ突っ込むミスが起こります。しかし、右肩がアゴの下を通るようにすれば、ヘッドアップは防げるし、左への突っ込みも防げて、左内股を軸にクルンと回転しやすくなるのです。

それに手を使いたがる人は、体を回すよりも右肩を使うほうがやりやすいと思います。アプローチの体の動かし方に悩んでいる人はぜひ、試してみてください。

 

関連記事
ゴルフアイアンでダフリトップのミスを減らすハンドファースト・足幅をチェック

まとめ

せっかく無事にグリーン近くまできたのに、痛恨のミスでダボ、トリ・・・。こんなスコアとはサヨナラするためにミスの原因と対策を解説していきます。

シャンク|一度打ってしまうとクセになって悩んでしまう人も多い恐怖のミス

シャンクとは?
打ってしまうとけっこう恥ずかしい!そんなシャンクを解説しています。

シャンクの原因と対策
主に3つの要因から起こるこのミスを対策します。

アプローチのシャンク・トップ・ダフりを防止する打ち方のコツ

トップ・ダフリとは?
アプローチだけじゃなく常時つきまとうこれらのミスを解説しています。

トップ・ダフリの原因と対策
主に2つの要因から起こる、これらのミスを対策します。

アプローチのシャンク・トップ・ダフりを防止する打ち方のコツ

アプローチのミスを簡単に防げるコツを公開しています。

アプローチミス防止のコツ①アドレス
アドレスで右足を最初から引くことで、強制的に左足体重にしてミスを防止します。

アプローチミス防止のコツ②右肩を使う
右肩を回す意識を持つことで、スムーズに体をターンさせてアプローチショットを打つことができます。

スポンサードリンク

よく読まれている記事